イギリス・オーストラリア・ニュージーランド【 住宅関連指標 】一覧まとめ

1.各国の住宅関連指標とは

2.イギリス

  ∟ネーションワイド住宅価格

  ∟RICS住宅価格

  ∟ハリファックス住宅価格

  ∟ライトムーブ住宅価格

3.オーストラリア

   ∟住宅価格指数

4.ニュージーランド

  ∟住宅建設許可件数

5.FXでのポイント

スポンサーリンク

各国の住宅関連指標とは

住宅関連指標が経済に大きな影響を与えるのは、アメリカに限ったことではありません。

今回はイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの指標を紹介します。

アメリカ以上に住宅関連指標が多く、インパクトも大きいのがイギリスです。

イギリスは経済の滅速傾向が顕著になっていますが、ロンドン五輪の影響もあって、ロンドン五輪の影響もあって、ロンドンの主要地区の住宅価格はリーマンショック前よりも高くなっています。

~イギリス~

ネーションワイド住宅価格

注目度 ★★★☆☆

発表機関:英住宅金融組合ネーションワイド

発表日程:月次、当月下旬

・1991年1月に統計開始

前年同月の住宅価格と、本年同月の価格の対比が注目ポイント

・1993年第1四半期の数字を基準に、月次を算出

・当月と前月比との変化率に要注目

RICS住宅価格

注目度 ★★★☆☆

発表機関:英王立公認不動産鑑定士

発表日程:月次、翌月中旬で発表時間が日本時間の09:01

・1978年に統計開始

・好悪分岐点は「0」で、不動産業者、鑑定士を対象に、住宅価格の騰落について聞き取り調査をしたもの


ハリファックス住宅価格

注目度 ★★★☆☆

発表機関:ロイズグループのHBOS

発表日程:月次、翌月初旬

・過去3カ月間の住宅平均価格を前年度の同時期価格と比較したもの

・ニュース配信会社によっては「HBOS住宅指数」と称されることもある

・大手金融ロイズグループのHBOSによる指数

ライトムーブ住宅価格

注目度 ★★★☆☆

発表機関:英不動産ウェブサイト・ライトムーブ

発表日程:月次、翌月中旬

・2002年8月に統計開始の指標で、速報性の高さでは1番

・続いてネーションワイド住宅価格である

・英住宅市場の約半数をカバーする



~オーストラリア~

住宅価格指数

注目度 ★★★☆☆

・四半期ごと、年4回の発表なだけに、注目が高まる

・「住宅建設許可件数」も併せてチェックする



~ニュージーランド~

住宅建設許可件数

注目度 ★★☆☆☆

・前月比のお推移に着目する




FXでのポイント

・住宅市場は景気の上下に密接に関わってくる指標なだけに、景気の転換点ではどの国においても注目度が高まる

・この指標の大幅な良化が売りから買いへとトレード戦略の転換を促すこともある

関連記事

【 米住宅市場関連指標(1)】FX経済指標で重要

【 個人消費関連指数(1)】FX経済指標で重要

【 米国の経済指標スケジュール 】絶対知っておきたい表

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
FX
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました