オーストラリア・イギリス・ドイツ【 個人消費関連指数 】FX経済指標で重要

Vol.18 個人消費関連指数【1】ではアメリカについてであったため、

今回は、各国の個人消費関連指数について説明します。

1.各国の個人消費関連指数

  ∟オーストラリア

  ∟イギリス

  ∟ドイツ

2.出番は上昇トレンドでの転換後

3.FXでのポイント


スポンサーリンク

各国の個人消費関連指数

要注目はオーストラリアの消費者信頼感指数です。

~オーストラリア~

ウェストパック消費者信頼感指数

注目度 ★★★☆☆

発表機関:ウェストパック銀行、メルボルン経済研究所

発表日程:月次、第2水曜日当月分を発表

・1974年に統計局を開始

・消費者1200人にアンケートを実施し、その回答を指数化したもの

100が好悪分岐点で、約100~110が良好なレンジと捉えられる

・総合指数と前月比の2点が発表される


小売売上高

注目度 ★★☆☆☆

発表機関:豪連邦統計局

発表日程:月次、翌々月上旬

・様々な規模と業種の小売店への調査に基づき発表される


~イギリス~

小売売上高指数

注目度 ★★☆☆☆

発表機関:CBI(英産業連盟)

発表日程:月次、翌月中旬

・前月比、前年比の形で発表される


ネーションワイド消費者信頼感指数

注目度 ★★☆☆☆

発表機関:英住宅金融組合

発表日程:金融政策決定会合の前の水曜日

・アメリカの消費者信頼感指数と同じ集計方法を用いている

・月の中旬に算出して、翌月に発表する

・好悪分岐点というものが特にないため、過去の数値からの推移を観察し、現状の英国民の消費意欲や動向を把握するという見方をする


~ドイツ~

GFK消費者信頼感調査

注目度 ★★☆☆☆

発表機関:GFK

発表日程:月次、月末

・ドイツ第1位の国民調査会社GFKによる景気先行指数

・2000人のドイツ人を対象に、1年先までの景気見通し、期待収入、消費向上アンケート調査の結果を指数化したもの

好悪分岐点は50で、上回れば改善下回れば悪化と考える

出番は上昇トレンドへの転換後

個人消費関連の指数がトレードの材料として重きを置かれるのは、下落よりも上昇トレンドの本格化への最後の追い風として、不安感を払拭してくれるインパクトとなります。

上昇相場…指数が良化したら「買い」

下落相場…既に下げている中での、下降トレンドを確認するもののため、インパクトは弱い

上昇トレンドへの転換を意識するようになったら、この指数を注目しましょう。

FXでのポイント

・好悪分岐点が設定されている指数もあるが、絶対値として個別の数値を見るのではなく、推移をみる

・数値が振るわなくても良化が認められるなら「買い」へと動くこともある


関連記事→重要【 米住宅市場関連指数 】一覧でまとめ

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV

FX
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました