STEPN【 ロードマップ 】今後実装される内容・ロードマップ通りに開発を進めるSTEPNの努力

今回は、STEPNのロードマップから、今後のSTEPNの方針を見出します。

その前にまずSTEPNのプロジェクト自体の歩みをみて見ましょう。

下記が、2021年8月から1ヶ月おきに開発されてきたことです。

・デザインのモックアップ(模型)

・チーム設立

・SLANA上での開発

・クローズドベータ作成

・オープンベータ作成

・アップリ内のトレード機能とマーケットプレイスの開発

・ジェムシステム開発(IEO /IDOの開発予定だったが変更になった)


そして2022年の3月には、IEO /IDOとウォレットのアップグレードがされる予定です。

ウォレットのアップデートはまだですが(2022年3月中旬現在のためですが)、既にGMTのIEO /IDOが実施されました。

IEOとは→仮想通貨における【 IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは 】特徴・メリット・デメリットを踏まえてわかりやすく解説

IDOとは→【 IDO(イニシャル・デックス・オファリング)とは 】他のオファリング方法との違い・メリット・デメリットについても解説

バイナンスでIEOした後に、GMTの価格はたった10日間で約6倍にまで高騰しました。

それだけ世間からの期待値が高いということです。

GSTトークンの詳細はこちらです。→STEPN【 必要知識を全てまとめ 】今後のアップデートの詳細まで解説


そして202年の4月にはマルチチェーンのアップデート予定です。

全体を通して見てみると、STEPNは発表した予定通りに進ませているということが分かります。

2月の開発予定は変更になりましたが、1ヶ月おきの目標をこなし続けていることが凄いです。

なぜなら、仮想通貨のこのような開発やアップグレード系は、予定された時期に実装される確率は低く、遅いと予定から数年経ってしまうこともあるほど難易度が高いからです。

最先端の技術を駆使し、しかもハッキングなど何があるか分からない世界で、予定通りに進めることができていることが稀なのです。

また、STEPNの運営側からすると、予定通りに進めることができなかった場合にユーザーからの信頼を失ってしまったりしてデメリットが大きくなってしまうことがあるため、中々予定を発表するメリットがありません。

それなのにユーザーに期待してもらうために、ユーザーに方向性を共有することで、ほぼ確実に実行して更にユーザーの信頼を得続けています。

ここが本当に凄いなと私は感銘を受けました。

GMTの価格もこの信頼の背景があったからでしょうね。


そしてこれだけでなく、ロードマップの進度も凄いのです。


STEPNの公式ホームページはこちらです。

STEPN is a Web3 Running app with fun social and game elements.
In STEPN, your steps are worth more than you think -- exercising and moving outdoors can now earn anyone tokens anytime, anywhere. We believe this simple desi...
スポンサーリンク

ロードマップ

既に実装されてきた内容

こちらのロードマップを確認すると、既に実装されてきたプロジェクトは下記です。

・Move to eranのコンセプト誕生

・STEBYの実現可能性

・デザインのモックアップ(模型)

・チーム設立

・モーションセンサーモジュール

・ユニットテスト

・GPSキャリブレーション(出力機器)とテスト

・コミュニティ設立

・SOLANA上での開発

・クローズドベータテスト

・バグの修正

・主要部分の解決やアップデート

・コミュニティイベント

・マーケットの開始

・公式のデータ

・トレード機能

・マーケットプレイス

・IEO/IDO


これらは全て実装されています。

今後実装される予定の内容

・ウォレットのアップデート

・マーケットプレイスのアップデート

・アチーブメントシステム

・クエストシステム

・レンタルシステム

・オンラインマラソン

・Social-Fi要素

・コミュニティイベント


このSocial-Fiの方向性に関しては方向性が発表されています。→STEPN【 必要知識を全てまとめ 】今後のアップデートの詳細まで解説

そしてレンタルシステムに関しても上記のリンクに記載されています。

レンタルシステムはスカラー制度を設けて、スカラーシップは信頼に基づいて評価できるようなシステムにすると記載されています。


オンラインマラソンに関しては、Relisienceが重要になってきます。

そのため事前にRelidienceのポイントを上げておくと容易ですね。→STEPN【 Attributes(属性というか能力)を上げる方法 】レベルを上げる方法から解説

※現時点でそのように公開されていますが実装されるときは変更されることもあります。

まとめ

このように事前にROAD MAPを公開できるのはユーザーからするとありがたいですね。

同じビジョンに沿って楽しめますね。

現在は多少は前後しても(多少の変更はありましたが)、公開されたロードマップの通りにSTEPNは開発が進んでおり、信頼を得ています。

このまま信頼を得ることができるとますますSTEPNは伸びていきそうですね。


上記でも述べた通りロードマップの公開はリスクもあるのに凄いですね。


私もこれからも、長期的に見て純利益を出しながら楽しく歩きます👟→【 STEPN 原資回収から純利益までの記録 】稼げた額(毎月更新)

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました