イーサリアムベース【 SKALE Network(SKL)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「SKALE Network(SKL)」について解説します。

SKALE Network(SKL)とは・創設者・特徴・供給量・投資における将来性、の順に説明していきます。

スポンサーリンク

SKALE Network(SKL)とは

SKALE Network(SKL)とは、Ethereumに拡張性をもたらすために設計された弾力性のあるネットワークです。

この分散型プロジェクトは、取引能力を高めるだけでなく、レイテンシーを減らし、できるだけ安価に支払いができるようにすることを目的としています。

また、実世界のニーズに合わせて構築された「分散型モジュール式クラウド」でDAppsを構築し、実行できるようにすると主張しています。

※DAppsとは→仮想通貨における【 ダップス(DApps)とは 】分かりやすく解説

また、ユーザーの要件に合わせて構成されています。

このように分散化を重視することは、セキュリティを犠牲にすることにはなりません。

SKALE社は、このプラットフォーム上で構築したユーザーはメインネットの数分の1のコストで、数千倍の速さでSolidityスマートコントラクトを実行することができます。

そして既にこのインフラを利用しているプロジェクトには、ゲームやコンテンツストリーミングサービスなどがあります。


Skale Networkの公式ホームページはこちらです。

SKALE | Zero Gas Fee Network | Welcome to the SKALEverse
SKALE is a modular, multichain, Ethereum native network with zero gas fees, and is the first blockchain network fully optimized for Web3 user experience and sec...

創設者

SKALE Networkは、ソフトウェア業界で豊富な経験を持つJack O ‘Holleran氏とStan Kladko氏によって設立されました。

Jack O ‘Holleran氏

O ‘Holleran氏は、SKALE社の共同設立者兼CEOです。

ブロックチェーンと分散gな他システムを専門とする技術起業家です。

また、2008年に共同設立したライフサイエンス企業であるAktana社では、引き続き戦略アドバイザーを務めています。

キャリアの初期段階では、Good Technology社のアカウントエグゼクティブとして務めていました。

そこで2年間過ごした後、モトローラ社の事業開発・製品戦略部門に参加しました。

Stan Kladko氏

Kladko氏は、SKALEを共同設立する前に、長年かけて物理学の博士号を取得しました。

サンフランシスコのシリコンバレーで16年間、技術系役員として務めていました。

他にもGalactic ExchangeやCloudessaなど、いくつかの会社を共同設立しています。

特徴

イーサリアムベース

SKALE Networkは、イーサリアムベースのアプリケーションの安全性と分散化の両方を向上させることを目的としています。

SKALE Networkのトークン保有者は、バリデータとしてプラットフォームの拡張性と安全性の向上に貢献することで、報酬を得ることができます。

イーサリアムの場合は(アップデートする前は)、取引の検証や承認に時間がかかります。

SKALEネットワークを使用すると、イーサリアムの取引検証速度が上昇し、1チェーンあたり1秒間に最大2,000件の取引を行うことができます。

ConsenSys Coodefi

SKALE Networkは、ConsenSys Codefiのアクティブプラットフォームでトークンを立ち上げた最初のプロジェクトです。

分散型ネットワークを立ち上げ、ユーザーが1つのアプリケーショントークンを購入・管理・使用することを実現させます。

アクティブは、ユーティリティトークンの流通に関する新しい基準を作りました。

仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説

そしてトークンが販売されると同時にネットワークが完全に使用可能になるように設計されています。

このアプローチにより、近年詐欺が多発している新規仮想通貨公開を、透明性を上げることが期待されています。

SKALE社は、規制基準を満たしたトークンをローンチすることで、そのトークンが広く普及し、不正行為を回避することを意図しています。

Proof of Stake(PoS)

Slake Networkでは、Proof of Stake(PoS)を採用しています。

※PoSとは→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?

また、SKALE Networkのバリデーターは、このほかにもネットワークの安全性確保として、ブロックを提案することでネットワークの安全性を確保しています。

検証者が最終的な武録のコンセンサスを得ると、そのブロックはチェーンにコミットされます。

供給量

SKLの最大供給量は、70億トークンです。


SKLの配布は次の通りです。

・33%:バリデーターの報酬

・28.1%:デリゲーター

・16%:より広範な創業チーム

・10%:SKALE財団

・7.7%:プロトコル開発ファンド

・4%:コアチームプール

・1.3%:エコシステムファンド

投資における将来性・まとめ

スケールネットワークは、イーサリアムに拡張性のあるネットワークです。


ただ、イーサリアムベースのジャンルは競合が多く存在します。

そのため、競合にない秀でた特徴があるともっと良いですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました