涙が止まらないアニメ【 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 】物語も絵も美しい

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、「涙を流したい時」と「美しい物語と絵に触れたい時」にオススメのアニメです。


アニメ好きの人におすすめアニメを聞くと、高確率で名前が挙がってくるアニメです。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公のヴァイオレットは、幼い頃から「武器」として売られ、「武器」として育てられました。

ヴァイオレットを唯一、武器としてでなく「1人のひと」として育ててくれた少佐がいました。


その少佐は、戦争中にヴァイオレットをかばって被爆しました。

被爆した後、少佐はヴァイオレットに「愛してる」と言いました。


武器として育ってきたヴァイオレットには、「愛してる」の意味が理解できません。

「愛してる」の意味を探すために、「手紙の代筆人(自動手記人形)」の仕事をし、人々の手紙の中から感情や愛を汲み取り、「愛してる」の意味を探し続ける物語です。

ヴァイオレットエヴァーガーデンの泣けるところ

ここではネタバレはよろしくないため、必要最低限の情報で解説させていただきます。

ヴァイオレットエヴァーガーデンでは、少佐とヴァイオレットエヴァーガーデンの結末が最も泣けます。


続いて、癌を患った母親とその子供の物語など、毎回毎回泣けます。


全てのエピソードにそれぞれの感動が詰まっています。


ハンカチでは足りず、バスタオル必須になります。

まとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンを観ると、「命の大切さ」や「美しい心」について触れることができ、心が綺麗になった感覚を味わうことができます。


皆様も、人それぞれの「愛してる」の意味を見つけましょう。


その他
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました