電子商取引に特化【 WAX(WAXP)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「WAX(WAXP)」について解説します。

WAX(WAXP)とは創設者・特徴・供給量・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

WAX(WAXP)とは

WAX(WAXP)とは、電子商取引をより速く・よりシンプルに・より安全にすることを目的としたブロックチェーンです。

WAXブロックチェーンは、コンセンサスメカニズムの仕組みとしてDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。

※DPoSとは→仮想通貨における【 PPoS(Pure Proof of Stake)とは 】PoW・PoS・DPoS・BPoSとの違いまで解説

EOSと完全互換です。


WAXの開発したカスタム機能と報酬メカニズムは、電子商取引での利用に特化してブロックチェーンの有用性を最適化することを目的としています。

そして、提案に対する投票を促進することを目標としています。

この目的や目標のために、WAXは分散型アプリケーション(DApps)マーケットプレイスや非代替性トークンを構築できるブロックチェーンベースのツール一式を開発しました。



WAXの公式ホームページはこちらです。

WAX | Worldwide Asset eXchange
The Worldwide Asset eXchange (WAX) is the safest and most convenient way to create, buy, sell, and trade virtual items - to anyone, anywhere in the world.

創設者

WAXは、William Quigley氏Jonathan Yantis氏が共同設立した会社です。


Wiliam Quigley氏は、南カリフォルニア大学で学んだ後、ディズニー社に就職しました。

1990年代前半にディズニー社を退社した後、ハーバード大学でMBAを取得し、ベンチャーキャピタリストとなりました。

そしてIdealabの最高責任者に就任しました。

WAXの設立と並行して、Magnetic社の最高経営責任者を務めています。

Jonathan Yantis氏は、WAXの最高執行責任者とOPSkinsの最高執行責任者を務めています。

特徴

電子商取引に特化

WAXは、NFT・DApps・ビデオゲームで世界で最も使用され、取引されているブロックチェーンであると主張しています。

世界中のどこでも、仮想アイテムと物理的アイテムの両方を、誰にでも作成・購入・販売・取引することを可能にしています。

更にWAXは、WAX Cloud Wallet・SSO・OAUTHなどのサービスが電子商取引業務をサポートしています。

そして、ネイティブRNGサービスや開発者ポータルを提供しています。

そしてWAXのブロックチェーン・アーキテクチャは、500ミリ秒のブロックタイムと、ユーザーに対する手数料ゼロの取引をサポートしています。

また、投票報酬を活用することで、ブロック生成社や改善案の選定に参加する機会を提供しています。(後述します。)

イーサリアムブリッジ

WAXは、WAXP to Ethreum(ETH)ブリッジを備えています。

WAXPトークン保有者は、そのトークンをイーサリアムベースのERC20ユーティリティトークンであるWAXEに変換できるようになっています。

※ユーティリティトークンとは→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説


WAXトークノミクスに参加したいユーザーは、イーサリアムブリッジを通じてWAXEを入手するためにWAXPトークンをバーンする必要があります。

その後、WAXEトークンをイーサリアムのディストリビューション契約に貼り付けます。

ガバナンストークン

WAXGは、WAXEのステイカーに配布されるイーサリアムベースのERC-20ガバナンストークンです。

※ガバナンストークンとは→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説

分配は定められたタイムテーブルに基づいています。

WAX経済活動プールの割合に比例して行われます。

トークン保有者は、結果としてプラットフォーム上の経済的価値の分配と分配を統治することができるのです。

WAX経済活動プールは、発生したWAX手数料の一定割合を蓄積しています。

そしてETHに変換し、WAXEステイカーに分配できるスマートコントラクトです。

また、WAXGトークンの保有者が既に所有しているトークンをバーンする場合にも、このトークンを与えることができます。

DPoS

WAXのDPoSコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

※DPoSとは→仮想通貨における【 PPoS(Pure Proof of Stake)とは 】PoW・PoS・DPoS・BPoSとの違いまで解説

一部のマイノリティや生成社の汚職からネットワークを守ことに努めています。


トークン保有者は、継続承認制の投票により、WAXギルドを選択することができます。

そしてブロックを生成する機会を得ることができます。

トークン保有者は、他のトークン保有者を説得して、上記のように投票させることもできます。

WAXギルド

WAXブロックチェーンでは、0.5秒ごとに1ブロックが生成されます。

そのため、ある時点で1つのWAXギルドがブロックを生成する権限を得ます。

予定時刻にブロックが生成されない場合、その時間外のブロックはスキップされます。

1つ以上のブロックがスキップされることになった場合、ブロックチェーンに0.5秒以上のギャップが追加されます。

WAXギルドは、予定ブロックの生産量が50%以下の場合、WAX報酬を受け取れません

そのため、ブロックのスキップを抑制することができます。

WAXは、誰もが瞬時に・安全に、デジタルまたは物理的なアイテムを取引できるブロックチェーンベースのツール一式を作成しました。

供給量

WAXPの最大供給量は設定されていません

投資における将来性・まとめ

ワックスは、電子商取引に特化しています。

NFT・DApps(詳細→仮想通貨における【 ダップス(DApps)とは 】分かりやすく解説)・ビデオゲームも取引・作成・販売・購入することができるということです。

そして、仮想アイテムと物理的アイテムの両方を、作成・購入・販売・取引しています。


つまり、さまざまな商取引ができるということです。

非常に範囲が広いですね。

NFT専門だったらOpenseaなどがありますが、WAXだと作成もできるしより幅が広いということです。

これが吉と出るか凶と出るかは定かではありません。

顧客の幅が広いのですが、広いということは逆に管理も大変になるということです。

つまり、幅を広げた場合はクオリティが求められるということです。

その質が低ければ、専用の(NFTだったらOpenseaなど)媒体をユーザーは使うことでしょう。


時代の流れ的には需要があります。

実際に私はWAXで取引をしたり作成したりしたことがないので断定できませんが、

もし幅を広げた結果、質も高いのであれば需要も増加し、WAXPの価格も上昇する可能性があります。

しかし、商取引の全体と幅を広げた結果、質が低ければ、ユーザーは他の媒体を利用するため、需要が低下し、WAXPの価格も下落してしまう可能性があります。


そのため、実施WAXを利用した人であれば、この良さや優位性が理解できることでしょう。


私は、自分が使用していないことや精通していないジャンルには投資しないのですが、利用した方は精通している方で、将来性があると判断した方は、投資するのもアリかもしれませんね。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました