決算書における【 社債の借換 】分かりやすく解説

今回は、決算書における「社債の借換」について解説します。

スポンサーリンク

社債の借換とは

社債の借換とは、既に発行している社債を償還し、同時に新たな社債を発行することです。


例えば、金利負担を軽くするために、利率の高い既発行の社債を償還し、利率の低い社債を新規に発行する場合に社債の借換が行われます。

社債の借換の会計処理

社債の借換を行う場合、既発行の社債は償還処理を行い、新規発行の社債は通常の発行時の処理をします。


社債の借換は、既発行社債の償還と新規社債の発行を同時に行なっているだけです。

そのため、仕訳も2つの取引を別々に考えると分かりやすいです。


既発行社債の帳簿価額と買入価額との間に差額が生じている場合には、社債償還損(益)を計上します。


関連記事→決算書における【 社債について 】解説まとめ

まとめ

株式投資や経営においても、決算の読み解きは必須になります。

そのため簿記の知識も活かしてより決算書を深く理解しましょう。


楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました