仮想通貨における【 Lidoとは 】Binanceのステーキングとも比較

今回は、仮想通貨における「Lido」について解説します。

スポンサーリンク

Lidoとは

Lidoとは、「イーサリアムのステーキング」に関するサポート事業のことです。

Lidoを説明する前に、イーサリアムのステーキングシステムについて理解していないと話が進まないため、イーサリアムのステーキングシステムを先に述べます。

イーサリアムのステーキングについて

2021年末から開始されたイーサリアム2.0のアップデートへのステーキングの詳細は下記です。

・ステーキングのために32ETH(2021年10月時点で日本円に計算すると1440万円)

・ステーキングしたEHTはロックされるためアップデートされるまで引き出すことができない


この規定があるため、1000万円以上をステークできる人はごく少数に限られてしまっています。


この問題を解決するのが「Lido」です。

Lidoのシステム

Lidoのシステムは下記です。

・0.01ETH(日本円に計算すると4,500円)からステーキング可能

・ETHをステーキングすると、ETHの代わりに「stETH」がウォレットに入る

・手数料は10%


つまり、イーサリアムステーキングの問題であった、高すぎるステーキング必要量が、大幅に下がったということになります。

これがLidoの最大のメリットです。

Binanceのステーキングと比較

バイナンスにも、イーサリアム2.0アップデートまでのステーキングシステムがあります。

受け取れる量

Lidoは、イーサリアムと「stETH」を1対1で受け取れます。

Binanceでは、イーサリアムと「BETH」を1対1で受け取れます。

この時点では同じです。

市場シェア


市場シェアを見てみましょう。

バイナンスより、Lidoの方が市場シェア率が高いです。

つまりBTHEよりstETHの方が多いということになります。

ステーキングを途中で辞めることができるかどうか(Binanceはできる)


続いて、途中でイーサリアムに戻せるかどうかに関してです。

Lidoに関しては途中でイーサリアムに変換できないとのことです。

Binanceでは、アップデート前でも利率を受け取らなくなりますが、ETH:BETH=1:1で取り戻すことができます。

まとめ

Lidoでステーキングするか、Binanceでステーキングするかどうかは、

これらの情報に利率を加えて判断すると、より良い資産運用になるでしょう。

※ステーキングとは→【 Defiステーキングとは 】分かりやすく解説

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました