仮想通貨【 Theta Networkとは 】創設者・特徴・それぞれのトークン・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Theta Network」について解説します。

Theta Networkとは・創設者・特徴・それぞれのトークン・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Theta Network(THETA)とは

Theta Network(THETA)とは、ブロックチェーンビデオストリーミングに特化したネットワーク上の仮想通貨です。

ネットワーク内で様々なタスクを実行し、取引所で自由に取引可能な独自のネイティブ仮想通貨トークンです。

2019年にローンチしたThetaメインネットは、ユーザーがリソースやコンテンツをピアツーピアベースで共有する分散型ネットワークとして運営されています。

ピアツーピアとは→【 ピアツーピア(P2P)とは 】分かりやすく解説

これまでのこの業界は中央集権化・低インフラ・高コストということは、エンドユーザーにとって良い経験にはなりません。そしてコンテンツクリエイターとエンドユーアー間の障壁により、収益は低くなってしまっています。

そしてこのプロジェクトはこの問題を解決します。


Theta Netwokの公式ホームページはこちらです。

Theta Token

Theta Networkの創設者

Theta Networkは、2018年にMitch Liu氏Jieyi Long氏によって共同設立されました。

Liu氏はゲーム業界で長い経歴をもち、モバイルソーシャルゲームスタジオGameview社を共同設立しています。

また、Thetaプロトコルで最初に構築されたeスポーツプラットフォームであるSilver. tvのDAppも所有しています。

Long氏はSilver.tvの2番目の共同設立者で、ゲーム分野で長期にわたる経歴を持っています。

Theta Networkは今や控えめながらも自身のチームを持っており、その公式ウェブサイトにはYoutubeno共同創設者であるSteve Chen氏とストリーミングプラットフォームTwitchの共同設立者Justin Kan氏がプロジェクトのアドバイザーとしてリストアップされています。

Theta Networkの特徴

ビデオストリーミング

Theta Networkの主なビジネスコンセプトは、ビデオストリーミングを分散し、業界参加者にとって効率的で費用対効果が高く公平な場にすることです。

ネットワークはブロックチェーン上で動作し、Theta(THETA)・Theta Fuel(TPEL)・Gammaとして知られる3つのネイティブトークンを使用して、内部経済を活発にさせています。(後述します。)


視聴者はより高いストリーミングサービスを手に入れコンテンツクリエイターは収益を向上させ仲介業者(ビデオプラットフォーム)はインフラ構築のコストを節約することができます。

このように、3者にとってメリットを生み出すことができます。

報酬はTHETAトークンの形で付与されるため、ユーザーはネットワークコンテンツをみて物理的なリソースを提供することの両方に対するインセンティブを持っています。

またストリーミングに加えて、Theta Networkは分散型アプリケーション(DApps)をローンチしようとしている開発者も支援しています。


また、VRの動画やeスポーツ配信プラットフォームを、クラウドサービスをベースに実現しています。

そのため現在の100倍の通信容量が必要になったときに活躍する見込みがあります。

Theta.tv

Theta.TVは、ThetaNetworkの主要なストリーミングサービスです。

ユーザーはここからビデオを見たり投稿したりすることができます。

将来このサービスはサムスン社のGalacyシリーズのスマホに搭載される予定となっています。

すると世界中の合計7500万代のデバイスにThetaが搭載されるということになります。

PoS

プラットフォームはオープンソースであり、トークン保有者は多くのPoSベースのブロックチェーンエコシステムと同様にガバナンス権限を受けます。

PoSとは→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?

ネットワークはPoS依存し、マルチレベルのビザンチンフォールトトレランス(BFT)コンセンサスアルゴリズムを採用し、安全性と高い取引スループットのバランスをとっています。

ビザンチンフォールトトレランスとは→【 ビザンチンフォールトトレランスとは 】ビザンチン故障についても分かりやすく解説

金融インセンティブスキーム

Theta Networkは、ガバナンス活動へのユーザーの参加を保証するために、金融インセンティブスキームを採用しています。

そのためマイニングと同様、ネットワークに参加すると報酬としてトークンが得れるシステムになっています。

これは、ほとんどの人々はパソコンやスマートフォンの津深海線に余裕があるため、それらを立ち上げたままにしておくだけでトークンを入手できるという仕組みです。


したがって、ネットワークはユーザーによって保護されています。

また、2019年のGuardianノードのローンチにより、THETAトークンの大部分が一度に単一のエンティティによって管理されていないことをTheata Networkが保証しました。

大手企業が出資をしている

Theta NetworkのメディアアドバイザーにはYoutubeの共同創業者のSteve Chen氏、Twitch共同創業者のJustin Kan氏がいます。

また、出資社は日本では代表的な会社だとGREE、gumi、Sony innovation fundなどがあります。


Youtubenoファウンダーであるスティーブ・チェン氏は、THETAはYoutubeプラットフォームが2005年に従来のビデオをdisrupt(破壊的進化)させたのと同じように、今日のオンラインビデオ業界をdisruptさせるように動いています。Youtubeno最大の課題の1つは、世界中の様々な場所にビデオを配信するためのコストが高いことです」と述べています。

これに関しては、本の学びを共有【 メタバースとWeb3/国光宏尚 著 】業界の最先端の情報・知識をプロから学ぶこちらの本でTHETAが紹介されています。

Theta Networkのそれぞれのトークン

上記でも述べたようにTheta Networkには、THETA・TFUEL・Gammaの3つのトークンがあります。

THETA

THETAは2018年の最初のICO(詳細→仮想通貨における【 ICOとは 】歴史・機能・条件・規制・リスク/IPO・IEOとの違いまで解説)を果たしました。

その間、ERC-20トークンとしてイーサリアムで購入者に分配されました。

その後全てのERC-20 THETAはネイティブTHETAに変換されました。


THETAの総供給量は10億トークンと上限が設定されています。

それらは全てのネットワークの参加者・Thetaチーム・マイナーリザーブ・別のネイティブリザーブの間で様々な割合で配布されています。

TFUEL

TFUELはイーサリアムのガス代と同様の方法で取引に電力を供給するために使用されます。

詳細→【 Theta Fuel(TFUEL)とは 】創業者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

その総供給量は50億トークンです。


エコシステムにおけるユーティリティトークンとして機能しています。

ネットワーク内での役割は、個々のユーザーがビデオストリームのキャッシングまたはリレーノードとしてのインセンティブです。


また、ステーキングやエッジノードの報酬として受け取ることができます。

詳細→Theta Network【 エッジノードの設定方法 】簡単

Gamma

Gammaはガバナンス目的でのみ存在ししています。

メインネットローンチ時には1THETAごとに5Gammaトークンが発行されました。

まとめ

シータネットワークは、ブロックチェーンビデオスクリーミングに特化しています。

これが最大の特徴です。


現時点(2022年3月)では、ブロックチェーンビデオスクリーミング業界では時価総額TOPです。

このように何かに特化している仮想通貨は強いですね。

そして既に大手企業から出資を受けています。

現代の動画の王者であるYoutubeのファウンダーの発言からも、Youtubeは配信コストが高いが、THETAは配信が低コストでかつVRにまで対応できる容量があるということが分かります。

これは将来のYoutubeになりそうですね。

期待値は相当高いです。


【追記】

XCADがYoutube上でWatch to earnできるようになりました。

しかしXCAD(詳細→必要知識全てまとめ【 XCAD NETWORKとは 】Watch to eran)は中央集権のYoutube上のため、分散型のTHETAとは少し異なります。

Youtubeが流行している現在はXCADの方が取り入れられやすそうですが、分散型の時代になったらTHETAの方が優位になりそうですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました