仮想通貨【 The Graph(GRT)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「The Graph」(GRT)について解説します。

The Graphとは・創設者・特徴・供給量・投資における将来性の順で説明していきます。

スポンサーリンク

The Graph(GRT)とは

The Graph(GRT)とは、イーサリアムやIPFSのようなネットワークのデータを紹介するためのインデックスプロトコル上の仮想通貨です。

The GraphはDefitoより広範なWeb3エコシステムの両方で多くのアプリケーションを動かしています。

誰もがサブグラフと呼ばれるオープンなAPIを構築して公開することができ、アプリケーションはGraph QLを使ってクエリを行い、ブロックチェーンのデータを取得することができます。

現在開発者がThe Graph上での構築を簡単に始められるホストサービスが提供されています。

分散型ネットワークは今年後半に開始される予定です。

The Graphは現在、イーサリアム・IPFS・POAからのデータのインデクシングをサポートしており、更に多くのネットワークが近日中に登場する予定です。

これまでにUniswap・Synthetix・Aragon・AAVE(仮想通貨【 Aave(AAVE)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性についても解説)・Gnonsisu・Balancer・Liverpeer・DAOstack・Decentraland(詳細→仮想通貨【 Decentralandとは 】特徴・今後・投資における将来性についても解説)などのDAppsに、何千人もの開発者によって3,000subgraphs以上が展開されています。


The Graphの使用率は前月50%以上で増加しており、2020年9月の1ヶ月間で70億回以上のクエリを記録しました。

The Graphにはグローバルなコミュニティがあり、テストネットには200以上のIndexer Nodeが、キュレータープログラムには2020年10月時点で2,000人以上のキュレーターが参加しています。

ネットワークの開発の資金を調達するために、The Graphは、コミュニティメンバー・戦略的なVC・Coinbase・Ventures・DCG・Framework・ParaFi Capital・CoinFund・DTC・Multicoin・Reciprocal・Ventures・SPC・Tally Capitalなどのブロックチェーンコミュニティの有力者から資金を調達しました。

また、The Graph財団は、99カ国(米国を除く)の参加を得て、GRTの公開セールを成功させました。

2022年11月までにThe Graphは2500万ドルを調達しました。



The Graphの公式ホームページはこちらです。

The Graph
The Graph is an indexing protocol for organizing blockchain data and making it easily accessible with GraphQL.

The Graphの創設者

The Graphのチームには、イーサリアム財団・OpenZeppelin・Decentraland・Orchid・SalesforceによるIPOや買収に至るまでのMuleSoft・Puppet・Redhat・Barclaysなどのプロフェッショナルが在籍しています。

初期の共同設立チームには、Yaniv Tal氏(プロジェクトリード)、Brandon Tamirez氏(リサーチリード)・Jannis Pohlmann氏(技術リード)がいます。

創設者たちはエンジニアリングのバックグラウンドを持ち、5〜8年共に仕事をしてきました。

Tal氏とRamirez氏はUSCで電気工学を学び、IPOを経てSalesForce社に売却されたAPI開発ツールの会社MuleSoftで共に働いていました。

2人は以前、開発者向けのスタートアップ企業を共同で設立し、キャリアの大半をAPIスタックの最適化に費やしてきました。

前職のスタートアップでは、Datomicという普遍のデータベース上にカスタムフレームワークを構築していました。

このビジョンから生まれたThe Graphは、問い合わせ言語Graph QLを用いて、普遍的なAPIとデータアクセスを実現します。

The Graphの特徴

ワークトークン

The Graphは、信頼性の高い分散型の公共インフラを主流の市場に導入することを目指しています。

The Graphネットワークの経済的な安全性と、紹介されるデータの完全性を確保するために、参加者はGRTを使用します。

GRTは、インデック作成やキュレーションのサービスをネットワークに提供するために、Indexer・Curator・Delegatorによってロックアップされるワークトークンです。

GRTは、イーサリアムブロックチェーン上のERC-20トークンとなり、ネットワーク内のリソースを割り当てるために使用されます。

アクティブなIndexer・Curator・Delegatorは、自分が行った作業量とGRTステークに比例して、ネットワークから収入を得ることができます。

Indexerはインデックス作成の報酬(新規発行)とクエリの手数料を得て、Curatorはシグナルを出したサブグラフのクエリの手数料の一部を得ています。

Delegatorは、委任したIndexerが得た収入の一部を得ることができます。

GRTの供給量

メインネット立ち上げ時のGRTの総供給量は100億トークンです。

初期流通量は〜1,245,666、867GRTです。

インデックス報酬の形での新たなトークン発行は、毎年3%ずつ行われます。

将来的にはThe Graph Councilによる技術的なガバナンスを受けることになります。

The Graphは、ブロックチェーン上にオープンなデータレイヤーを構築しています。

Indexerは独自のイーサリアムのアーカイブノードを走らせてGraphノードを走らせることあInfuraやAlchemyなどのノードオペレーターを使うこともできます。

分析会社であれば、The Graphでインデックスされたサブグラフのデータを紹介するアプリケーションをつくることができます。

サブグラフは、最もシームレスで効率的な方法で、ブロックチェーンからデータを引き出せるようにするためのオープンAPIです。

投資における将来性・まとめ

The Graphのワークトークンは非常に特徴的ですね。

また、DefiやWeb3のアプリケーションデータを整理するためのプロトコルです。

だからDecentralandをはじめとする他の仮想通もサポートしているのでしょうね。

企業むけのThr Graphのため、仮想通貨や仮想通貨業界のプロジェクトは恩恵を受けることができるのではないでしょうか。

個人の場合は実際にこの素晴らしさを体験することができないため、どれほどの優位性があるかを測ることができません。

そのためThe Graphの利便性を理解できる、実際に関わっている仮想通貨やプロジェクトであれば判断できそうですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました