仮想通貨【 Stacks(STK)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Stacks」(STK)について解説します。

Stacksとは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Stacks(STK)とは

Stacksとは、スマートコントラクトと分散型アプリケーション(DApps)をビットコインに導入するために設計されたレイヤー1ブロックチェーンソリューションの仮想通貨です。

これらのスマートコントラクトは、セキュリティ安全性など、ビットコインを強力にしている特徴を一切変えることなく仮想通貨を支えています。

これらのDAppsは、オープンでモジュール化されているため、開発者はお互いのアプリ上に構築することができ、通常のアプリでは不可能な機能を作り出すことができます。

Stacksはベースレイヤーとしてビットコインを使用しているため、ネットワーク上で起こる全てのことはビットコイン同様のブロックチェーンで決済されます。

このプラットフォームには、STXが使用されており、トークンはスマートコントラクトの実行・取引の処理・Stacksks2.0ブロックチェーンへの新しいデジタルアセットの登録に使用されています。


また以前はBlockstackでしたが、エコシステムとオープンソースプロジェクトをBlock Stack PBC(オリジナルプロトコルを構築した会社)から切り離すために、2020年第4四半期に「Stacks」に名称変更しました。

Stacks2.0のメインネットは2021年にローンチしました。



Stacksの公式ホームページはこちらです。

Stacks - DeFi, NFTs, Apps, and Smart Contracts for Bitcoin
Stacks is an open-source network of decentralized apps and smart contracts built on Bitcoin. Stacks unleashes Bitcoin’s full potential as a programmable base la...

Stacksの創設者

Stacksを開発したのは、ニューヨークに本社を置くBlockstack PBCです。

Stacksは当初、Y Combinator・Digital Currency Group・Winklevoss Capitalなどの著名なベンチャーキャピタルファンドから資金提供を受けました。

Blickstack PBCは現在、Hiro Systems PBCという名称で運営されており、Stacksのプラットフォームを利用するさまざまな企業の一員となっています。

Blockstack PBCは、Muneeb Ali氏・Ryan Shea氏によって設立されました。

Muneeb Ali氏は、プリンストン大学でコンピュータ科学の修士号と博士号を取得した後、2013年にStacks社を共同設立し、現在はHiro Systems PBCのCEOとしてこのプラットフォームに携わっています。

このプラットフォームの二人目の共同創業者であるRyan Shea氏は、2013〜2018年にかけて共同CEOも勤めていましたが、他のベンチャー企業に携わるためにプロジェクトから降り、現在非公開で運営されている新しいテックスタートアップを共同創業するなどしていました。

Stacksに入社する前は、ソフトウェアエンジニアとして活躍していました。

Stacksの特徴

PoX

Stacksは、ビットコインブロックチェーンをフォークしたり変更したりすることなく、ビットコインを強力にしているものを更に機能的に拡張しようとしています。

これは、Proof of Transfer(PoX)のコンセンサスアルゴリズムを通じてビットコインブロックチェーンに直接接続することにより実現させています。

PoXの詳細→仮想通貨における【 Proof of Transfer(PoX)とは 】分かりやすく解説

マイナーがBTCを支払って新しいSTXをミントします。

更に、STXトークン保有者は、自分のトークンをスタック(ステークではなくステックです)して、報酬としてビットコインを得ることもできます。

Clarity

Stack社は、Clarityという新しいスマートコントラクトプログラミング言語を導入しています。

Clarityは、安全性が高く、曖昧さのない構文により簡単に構築できるように設計されています。

このスマートコントラクトを中心としたプログラミング言語は、Algorand(詳細→仮想通貨【 Algorand 】特徴を踏まえて分かりやすく解説)ブロックチェーンでも使用されています。

SEC資格

Stacksは米国で販売するためのSEC資格を取得した最初の仮想通貨です。

2019年にSTXトークンを対象とした2800万ドルのReg A法に基づくキャッシュオファリング販売を開始することができました。

ベースレイヤーがBTCブロックチェーン

Stacksでは、ベースレイヤーとしてビットコインのブロックチェーンを使用しています。

Proof of Work(PoW)ベースのブロックチェーンであるビットコインは、何千人ものマイナーとノードの総力を結集して、ネットワークを破壊することが計算上、そして経済的にも不可能になるようにすることより、攻撃からネットワークを保護しています。

これは、ユーザーが基本通貨(BTC)を送金してSTXをマイニングうするという斬新なメカニズムでBTCを使ってStacksブロックチェーンのセキュリティを効果的に強化します。

STX供給量

Stacks 2.0で打ち出され、刷新された経済政策によると、新たにアンロックされたSTXの流通量は、現在から2020年までの間に当初の予定に比べて約10%減少することになります。

2021年1月時点では約7億3,970万STXが流通しているのに対し、250年には合計約18億2,000万のSTXが流通すると予想されています。

最初の4年間は1ブロックあたり合計1,000STXがリリースされ、その後4年間は500STX /ブロック、次の4年間は250STX /ブロック、そしてその後は120STX /ブロックが永続的にリリースされる予定です。

当初の設立資金(13. 2億STX)の6.6%が創業者に、更に7.9%がStacksチームに割り当てられました。

3年間のアンロック期間があり、次回のロック解除は2021年11月でした。

STXの上場している仮想通貨取引所

STXは、下記の仮想通貨取引所に上場しています。

・Binance

・KuCoin

投資における将来性・まとめ

PoXはまた新しいコンセンサスアルゴリズムですね。

スマートコントラクトやDAppsが特徴的です。

しかしこのような特徴を持った仮想通貨は数多くあるため、競合が多いことも事実です。


そしてベースレイヤーがビットコインのブロックチェーンということも特徴的です。

後は、SEC資格を最初に取得したという事実は凄いですね。

Stacksでなければならない優位性がもっとあると強いですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました