仮想通貨【 Quant(QNT)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Quant」(QNT)について解説します。

Quantとは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Quant(QNT)とは

Quantは、ブロックチェーンとネットワークを世界規模で接続し、ネットワークの効率性や相互運用性を低下させないことを目的として2018年にスタートしました。

これは、最初のブロックチェーン・オペレーティング・システムの作成を通じて、相互運用性の問題を解決する最初のプロジェクトです。

このプロジェクトは、異なるブロックチェーンネットワークを接続するためのオペレーティングシステム分散型大腸技術及びOverleedgerネットワークとして構築されています。

このプロジェクトは、ブロックチェーンのために作られた最初のOSと言われています。

QuantがOverledgerを使用する目的な目的は、異なるブロックチェーン間に存在するギャップを埋めるためです。

このプロジェクトのバックボーンは、Quantが未来のデジタル経済のエコシステムを構築するためのエコシステムと称しているOverledgerネットワークです。

Overledgerは、開発者が顧客のために分散型マルチチェーンアプリケーション(通称MApps)を構築することを可能にします。

開発者がネットワーク上にMappを構築するためには、一定量のQuant Token(QNT)を保有する必要があります。


Quantの公式ホームページはこちらです。

Home
Quant is the world’s first provider of true universal DLT Interoperability, oriented for enterprise.

Quantの創設者

Quantネットワークの創設者の1人であるGilbert Verdian氏は、ヘルスケア分野で働いていた時にブロックチェーンプロジェクトのアイデアを思いつきました。

Verdian氏は、異なるプラットフォームに登録された患者を確実にカバーするためには、相互運用性が重要であると指摘しています。

Verdian氏は、20年以上の業界経験を持ち、世界中の企業セキュリティ・技術・ビジネス戦略をアップグレードして実績を上げてきました。

Quant Network以前は、Mastercardカード会社であるCocalink社の最高情報セキュリティ責任者(CISO)、NSW Ambulance社の最高情報責任者、eHealth NSW社のCISO、英国法務省のセキュリティ主任などを歴任しています。

2人目の共同設立社であるPaolo Tasca博士は起業家であり、分散システムを専門とするデジタルエコノミストです。

Tasca博士は、EU議会・国連・世界の数多くの中央銀行のブロックチェーン技術に関する特別顧問を務めています。

また、フィンテックに関する幾つかの書類の共著者でもあり、Retail Blockchain Consortiumの共同設立者兼運営委員長でもあります。

Quantの特徴

エコシステム

ブロックチェーンや分散型台帳技術が登場して以来、イノベーターたちは基地のほとんどすべての業界でユースケースを見つけてきました。

しかし、これらのプロジェクトの間には、シームレスな相互運用性という問題がありました。

Quantは、異なるブロックチェーン間のミッシングリンクになるように作られました。

Quant社のOSであるOverledgerは、ブロックチェーンベースのプロジェクトが他の全てのブロックチェーンにアクセスするためのゲートウェイとして機能するように設計されています。

また、イーサリアムのような同じブロックチェーンのエコシステムの中で、アプリケーションを他のアプリケーションに接続する際にも使用できます。

複数のブロックチェーンのインタラクションというより、Quantはアプリが異なるレベルで相互機能するために異なるレイヤーを生成します。

Quantは、取引・メッセージング・フィルタリング・注文のための異なるレイヤーを持ち、他のアプリケーションに関連する同一のメッセージを共有して参照するためのアプリケーションを持っています。

Quant App Storeには、複数の台帳を読み込んで取引を監視する機能があります。

Oberledgerを使用することにより、開発者はビットコインなどのスマートコントラクトをサポートしていないチェーンを含む、さまざまなチェーンでスマートコントラクトを書き込むことができます。

Overledger

Overledgerは、Quant Networkのバックボーンを形成しています。

Overledgerは、DLTネットワーク間の通信可能性を確保し異なるブロックチェーンと相互作用します。

OverledgerNetworkには、異なるブロックチェーンを繋ぐためのゲートウェイがあります。

イーサリアムのProof of Stakeのブロックチェーンと同様に、Quant Networkのコミュニティはトレジャリースマートコントラクトの取り扱いに関わっています。

コミュニティは、ユーザーからゲートウェイに流れるQNTの支払いを処理します。

これは、誰が見ても説明責任を果たせるような方法で行われます。

MApps

また、開発者はこのストアを利用して、マルチチェーン(MApps)を作成・公開することができます。

Overledgerは、開発者が顧客のために分散型マルチチェーンアプリケーション(通称MApps)を構築することを可能にします。

開発者がネットワーク上にMappを構築するためには、一定量のQuant Token(QNT)を保有する必要があります。

Quant(QNT)の供給量

企業はQuantネットワークを利用するために、QNTトークンを購入する必要はありません。

しかし、ネットワークを利用して設計を行うためには、QNTトークンが必要です。

つまり、開発者はプラットフォーム上で何かを設計するためには、ライセンス(QNT)を購入しなければなりません。

これにより、トークンを12ヶ月間ロックアップする必要があります。

ゲートウェイを運営し、Overledgerの読み取り、書き込み操作を行うためには、QNTトークンの使用が必要です。

QNTトークンの最大供給量は14,612,493トークンに設定されています。

QNTトークンは以下のように分割されました。

・ICOにより990万QNTが一般に販売された

・260万QNTがプロジェクトの運営を継続するため会社保留で割り当てられた

・130万QNTは会社の創設者のために確保された

・65万1000QNTトークンが会社の顧問に発行された


現在、流通により余った200万トークンは会社が保有しています。

これらのトークンはロックされておらず、いつでも販売または発行が可能です。

QNTの上場している仮想通貨取引所

Quantトークンは、以下の取引所で購入・売却・取引することができます。

・Bilaxy

・Bittrex

・Nithumb Global

・1inchi Exchange

・Uniswap

・Hotbit

投資における将来性・まとめ

QuantはMAppsが特徴的ですね。

これは中々稀な特徴です。

そのため競合が続々と登場しない限りは優位性がありますね。


開発者がネットワーク上にMAppsを構築するためには一定量のZNTを保有する必要があります。

そのため問題はMAppsの需要です。

MAppsの需要が増加してきたら追い風となりますね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました