仮想通貨【 Pax Dollar(USDP)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Pax Dollar」(USDP)について解説します。

Pax Dallarとは・創設者・特徴・供給量・投資における将来性の順で解説します。

スポンサーリンク

Pax Dollar(USDP)とは

Pax Dollarは、フィアット担保型のステーブルコインです。

2018年に設立されました。

ステーブルコインは、特定の安定した資産または資産のバスケットに対して、ステーブルコインの価格の変動を最小限に抑えるように設計された仮想通貨です。詳細→【 ステーブルコインとは 】仮想通貨・Defi

ステーブルコインは、仮想通貨やフィアット通貨にペッグすることができます。

場合によっては、商品として取引されることもあります。

Paxos Standardは、最小化された価格リスクを通じて、ブロックチェーン資産との取引を行うメリットがあります。

Paxos Standardトークン(PAX)は、ERC-20トークンとして、イーサリアムブロックチェーン上で発行され、Paxosが所有する米国の銀行口座に保有されている米ドルによって1対1で担保されています。


公式ホームページはこちらです。

Pax Dollar - The Worlds Leading Regulated Stablecoin
USDP Create Account Log In Pax Dollar The world’s leading regulated stablecoin The USDP Advantage Redeemable one-to-one Convert USDP to equivalent US Dollars at...

Paxos Standardの創設者

Paxos Standardは、Charles Cascarilla氏Rich Teo氏によってつくられました。

Charles Cascarilla氏は、PaxosのCEO兼共同設立者です。

また、ADAM(Association for Dingital Asset Markets)の創設ボードメンバーであり、Liberty City Venturesのパートナーでもあります。

そしてCedar Hill Capital Partners社の共同設立者であり、パートナーでもあります。

過去、Claiborne Capital Management社のポートフォリオ・マネージャー、Goldman Sachs社のファイナンシャル・アナリスト・Bank of America社のアナリストなどの経験をしてきました。

Pxosの2人目の共同創業者は、Rich Teo氏です。

それ以前は、Cedar Hill Capital Partners社代表/シニアアナリストとして活躍していました。

また、Citi社の財務アナリストやシンガポール軍の戦闘信号員なども務めました。

Pax Dollarの特徴

ステーブルコイン

Paxos Standardは、ユーザーが誰でも米ドルをPaxos Standardトークンに交換することができるステーブルコインです。

その主な目的は、ブロックチェーン技術でドルを安定させることです。

Paxos社は、ニューヨーク州金融監督局から、仮想通貨の世界で規制範囲内のサービスを提供するための許可を受けています。

トークン自体は、同社が米国の預託機関で保有している口座の米ドルに裏付けられています。

Paxos Standardは、摩擦のないグローバルネットワークの作成を通じてより大きな金融エコシステムを改善させるために構築されました。

そのため全てのデジタル資産が、高レベルの柔軟性とアクセス性を持って迅速に移動可能です。

Paxosが目指しているのは、デジタル資産・コモディティ・証券などをいつでもどこでも送金できる未来をつくることです。

Paxos Standard

Pax Dollarは、Paxos Standardのステーブルコインです。

Paxos Standardは、イーサリアムのブロックチェーン上で、Etheや他のERC-20アセットと同じ方法で取引することができます。

ユーザーがPAXを換金したい場合は、Paxosが管理するアドレスにトークンを送ると、Paxosがトークンを破棄し、ユーザーの銀行口座にフィアット通貨を送金します。

このパブリック・ブロックチェーン上の存在を通じて、トレーダーや取引所がフィアット通貨の代替えとしてPAXを使用することができ、銀行の要件をPaxosにアウトソースすることができます。

これにより、Paxosはイーサリアムベースのアプリケーションと簡単に統合することもできます。

Paxosには規制された信託があるため、Paxosは資産や金銭を合法的に移転することができます。

そのパーミッションとブロックチェーン技術を組み合わせることにより、迅速に・安全に・リスクなく取引をすることができます。

供給量

Paxos Standardは、米ドルの安定性とブロックチェーン技術の効率性を組み合わせたものです。

これはデジタル版のドルであり、仮想通貨と同様、いつでもどこでも移動させることができます。

どると1対1で裏付けられていることで安定しており、Paxos Trust Campanyが発行しています。

これは、資金が注意深く保護され、監査され、規制されていることを意味します。

投資における将来性・まとめ

Pax DollarはPaxos Standardのステーブルコインですね。

安定性を目指したステーブルコインが特徴的です。

ステーブルコインは私もよく利用しますが、有用性がありとても便利ですよね。


しかし最も有名なステーブルコインはUSDTやUSDCです。

(詳細→ステーブルコイン【 USDT・USDC・BUSDについて 】違いを分かりやすく解説

これらがダントツで時価総額が大きいですが、その他にも競合は多く存在します。

そのためPaxos Standard自体のユーザー数が増加したりするとUSDPの時価総額も大きくなりそうですが、特別な理由(USDPでなければならない理由)などがないと競合が多すぎて厳しい展開になりそうですね。

そして人々がドルを一通り仮想通貨に変換し終えた後は需要が減ってしまうかもしれません。

と言っても価値はドルと同じのため、ほぼドルですね。(発行先が倒産してしまうなどのリスクを除けば)

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました