IoTも実装【 MXCとは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「MXC」について解説します。

MXCとは・創設者・特徴・供給量・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

MXC

MXCとは、無料の分散型グローバルデータネットワークを共同で構築することにより、AI及びブロックチェーン業界を再形成した仮想通貨です。


MXCは、2018年に非営利団体として設立されました。

Meta X Connectは、ユーティリティトークンです。

※ユーティリティトークンとは→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説

ネットワーク上のデバイスプロビジョニング・タグ・センサー・スマートコネクティッドデバイスは、MXC KPWANデータ共和国の無制限のダウンリンク及びアップリンクリソースを無料で利用しています。

そして、グローバルなKPWANカバレッジを拡大しています。

更に、任意のデバイスがネットワークにアクセスして共有・コミット・実行できるようにしています。


つまりデータに関与し、ブロッチェーン・Web3.0・メタバースで独自の価値を生み出します。


MXCの公式ホームページはこちらです。

Welcome to the MXC Foundation
Participate in one of the world's largest decentralized IoT networks. Set up your LPWAN crypto miner and start mining today.

創設者

MXCの創設者は匿名です。

しかし、ソフトウェアエンジニアであり起業家であることは公開されています。

数年間ブロックチェーンテクノロジーに取り組んだ経歴があります。

特徴

M2 Pro マイナー

MXCデータネットワークの鍵は、マイニングコミュニティと、広大なMXCサポーターベースの集中力です。

世界で唯一の定電力マルチトークンマイナーである「M2 Pro マイナー」を使用しています。

そのためマイナーが絡み合い、メタバースを開始して世界最大の低電力広域データネットワークを構築しています。

MXProtocol

MXCは、Meta Xプロトコルという革新的なプロトコルを導入しました。

別名MXProtocolと言われています。

これは、Proof of Participationマイニングの原則に基づいています。

LoRaWAN

MXCは、LoRaWANテクノロジーを活用しています。

そのため、現実世界での採用にし、現実世界での採用に利用されるグローバルデータ リパブリック ネットワークを作成しています。

このプロトコルは、Web3.0と混合現実のメタバースインフラストラクチャを強化して、データの送信と参加を簡素化し、増加させるように設計されています。

※Web3.0とは→【 Web1.0・Web2.0・Web3.0 】それぞれの違いを分かりやすく解説

AI

AI及びブロックチェーン市場内でのデータトランザクションの頻度の増加と特異なデータフローを可能にします。

データプロバイダーとレシーバーが独自のGDPRセーフAIとブロックチェーンNFTを作成するためのフレームワークが作成されます。

このプロトコルにより、個々のネットワークユーザー・企業は、MXCプラットフォーム内で個人用のグローバルな分散化された安全なネットワークの構築に参加できます。

PoP

MXProtocolは、インターチェーンデータマーケットを使用した分散型の堅牢なプロトコルを介してネットワークが作成及び接続させることを保証しています。

そしてProof of Participationの「PoP」マイニングによる参加を促進します。

※PoPとは→【 Proof of Participation(PoP)とは 】特徴まで解説

NB-IoT

メカニズムにより、有形のスマートなモノのインターネット(IoT)デバイスを最小限のコストでプロビジョニングできるようになりました。

※IoTとは→【 IoTエコシステムとは 】分かりやすく解説

NB-IoTは、認可された電気通信プロトコルとして3GPPによって指定された狭帯域無線技術です。

そして、モバイル通信・低スループット・長いバッテリー寿命の原則に重点を置いています。

このネットワークに接続されたデバイスの数を増やすことができます。

MXC IoTユーザーによってのメリットは、全ての個人がいつでもどこでも自分のネットワークをホストできることです。

NB-IoTプロトコルを介してインターネット経由でデータバケットを送信するためにユーザーに高価なSIMカード料金を請求するNB-IoT基地局(電気通信コングロマリットが所有)と比較すると、メリットが顕著です。

MXProtocolは、これら全てのLPWANテクノロジー・LoRaWANゲートウェイ・LoRa WANセンサーをサポートします。

これが分散型であり、MXCで実行するメリットです。

供給量

MXCの最大供給量は設定されていません。

投資における将来性・まとめ

MXCは、AIとブロックチェーンを掛け合わせています。

その他にも、LoRaWANやNB-IoTを実装しています。

これらはあまり競合が取り入れていないため優位性となります。


しかし、実際どれほどWeb3やメタバースに利用できるかどうかは、まだ定かではありません。

なぜなら、計画が良くても、実行力のないプロジェクトも存在するからです。

そのため、これらを問題なく実行できたら優位性が出るでしょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました