仮想通貨【 NEAR Protocolとは 】特徴をまとめて分かりやすく解説

今回は、仮想通貨の「NEAR Protocol」について解説します。

スポンサーリンク

NEAR Protocolとは

NEAR Protocolとは、開発者とユーザーの間の使いやすさに焦点を当てた分散型アプリケーションプラットフォームです。

スマコン(【 スマートコントラクトとは 】Defi)やPOS(仮想通貨における【 POW・POSの違い 】どちらが良い?)のシステムも実装しているため、イーサリアムキラーの1つです。

イーサリアムキラーとは→【 イーサリアムキラーとは 】分かりやすく解説


日本語でニアプロトコルと読みます。

トークンは「NEAR」です。

Nearは、NeaCollectiveによって構築され、分散型アプリケーションをホストするように設計されたコミュニティ運営のクラウドコンピューティングプラットフォームとして概念化されました。

また、開発者としてユーザフレンドリーの両方を実現するように構築されているため、(暗号化されたウォレットアドレスの代わりに)人間が読み取れるアカウント名などの機能を備えています。


NEAR Protocolの公式ホームページはこちらです。

NEAR Protocol | Reimagine your World
NEAR is the network for a world reimagined. Through simple, secure, and scalable technology millions are able to invent and explore new experiences.

NEAR Protocolの特徴

シャーディングテクノロジー

Near Protocolは、シャーディングテクノロジーを使用してスケーラビリティを実現します。

シャーディングを使用することにより、ニアプロトコルはブロックチェーンをより小さく管理しやすいセグメントに分割することができます。

これにより、計算負荷が軽減され、ネットワークの負担が軽減され、トランザクションのスループットが向上します。

ノードはどのブロックチェーンでも通常、トランザクションの処理、有効なトランザクションと完了したブロックの相互通信、ネットワークのトランザクションの履歴の保存という3つの主要な機能を備えています。

ネットワークが成長し、混雑するにつれてこれらの機能はノードが管理するのがより困難になります。

ニアプロトコルはシャーディングアプローチを使用しており、より多くのノードが参加してもネットワークの容量を増加させることができます。

ネットワーク使用率が高いと、ネットワークのーどが動的に複数のシャドーに分割されます。

次に、これらのシャード上でコンピューティングが並列化され、各ノードに必要な計算負荷が軽減されます。

シャーディングにより、ノードはネットワークのコード全体を実行する必要はなく、シャードに関連するコードのみを実行する必要があります。

ニアプロトコルはトランザクションが複数のシャードに接触することを前提としていますが、これはほとんどのスマートコントラクトのデフォルトの動作です。

スケーラビリティ問題の解決

近年、分散型アプリケーションは暗号コミュニティで急成長しており、ゲームから金融サービスまで幅広い範囲のDAppsがあります。

しかし、ほとんどのブロックチェーンでスケーラビリティが問題視されています。

スケーラビリティとは→仮想通貨における【 スケーラビリティ問題とは 】分かりやすく解説


しかしNEAR Protocolなどのプロジェクトは、異なるアーキテクチャを用いて全く新しいブロックチェーンを構築することにより、こを問題を解決を実現させようとしています。

この問題解決の鍵が先ほどのシャーディング実装です。

NEARトークン

ネイティブトークンNEARは、Near Protocolプラットフォームでの取引手数料とストレージに使用されます。

トークンは、トランザクションバリデーターになり、ネットワークコンセンサスの達成を支援したいNEARトークン所有者によるステーキングにも使用できます。

トランザクションバリデーターになることに関心のあるノードは、参加を検討するためにNEARトークンをかけます。

トークン所有者は、ノードを操作したくない場合は、選択したバリデーターに出資を委任することもできます。


一般的に、より大きな利害関係を持つバリデーターは、コンセンサスプロセスにおいてより大きな影響力を持ちます。

NEARのバリデーターはオークションシステムを介して選択されます。


それに対して、DAppsは、イーサリアムと同様にNEARで構築できます。

これは、サーバーレスコンピューティングと分散型データストレージを組み合わせたNEARのクラウドインフラストラクチャによって可能になります。

NEARはグローバルに配置された何百ものサーバーを使用して動作します。

ユーザビリティファーストのアプローチ

ニアプロトコルは、開発者がWebエクスペリエンスに似たユーザーエクスペリエンスを作成できるようにする「プログレッシブセキュリティ」モデルに従って、ユーザビリティファーストのアプローチを採用しています。

開発者はユーザーに価値と使いやすさを提供するアプリのみを作成する可能性が高いです。

ニアプロトコルは何よりもまず使いやすさの必要性を理解しsており、ユーザー中心主義を追求する取り組みの一環として簡単なサブスクリプション、シンプルなオンボーディング、予測可能な価格設定、使い慣れた使用スタイルをユーザーに提供しています。

ガバナンス

ニアプロトコルのガバナンスにより、プロトコルの独立性を確保するために、コミュニティに対する有用な入力と監視の提供を維持しながら、プロトコルを迅速に改善することもできます。

ニアプロトコルの目的には、ネットワーク内での効率的な実行・意思決定・適切な表現を通じて、コミュニティ主導の創造性を維持することがあります。

TPoS

ニアプロトコルはPOSシステムを採用しています。

詳細→仮想通貨における【 POW・POSの違い 】どちらが良い?

しかし正確には、「Thresholded Proof of Stake」です。

「Thresholded」の意味は、基準値・閾値という意味です。

TPo Sはバリデータを選ぶための仕組みです。

TpoSの仕組みはオークションに似ています。

具体的には、一定数の商品が出品されており、上位数人が落札できて商品が配分されるシステムのオークションです。

NEAR Protocolブロックチェーンでは、ブロック生成の意思決定に参加する人を「Witness(証人)」と呼びます。

実際に意思決定に参加できるか委任されている数量を含めたNEARトークンのステーク量で決定します。

全参加者のステーク数量から指定の公式に基づいて計算された基準(Threshold)をステーク数量が上回れば、ブロックの生成・承認を行うための枠を獲得します。

策を獲得することにより、ブロック生成に参加できる仕組みになっています。


ニアプロトコルはトークン保有量が多い人、つまり資本力がある人の影響力が大きくなります。

Thresholdを最低限の水準に下げ、できるだけ多くの人が公平に意思決定に参加できるようにするために考案された決定論的な方法がTPoSとされています。


しかし同じブロック高の異なるブロックへ二重著名をしたり向こうのデータを取り込んだChunkに著名しtりした場合は、ステークした資産が没収されるスラッシュという罰則が設けられています。

まとめ

TPoSのシステムを採用しているのは珍しいですね。

ニアプロトコルの大きな特徴と言えます。

資本主義がもろに反映されますが、これが吉と出るか凶と出るかは今後も経過を見ていきたいですね。

基準自体が下がるかどうかも影響していそうですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました