メタバース【 ARCONAとは 】技術・チーム・投資における将来性についても解説

今回は、メタバースの「ARCONA」について解説します。

ARCONAとは・技術・チーム・メリット・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

ARCONAとは

ARCONAとは、拡張現実(AR)を取り入れたメタバースを構築するアプリです。


公式ホームページはこちらです。

Arcona Augmented Reality Metaverse
Arcona X-Reality Metaverse merging together real and virtual worlds worldwide creating Global Augmented Reality layer The Digital Land. 

背景

現在は、拡張現実(AR)ソリューションを拡大するための普遍的なツールは、IT市場には存在しません。

そのため、すた時をそ離れ、ARコンテンツを実世界に高精度で配置し、100%の没入感を得ることは不可能です。

既存の技術では、ARコンテンツと実世界を融合させるために、開発者が実世界にいる必要があります。

ARコンテンツと現実の風景を融合させるためにこの開発や、資金や時間的なリソースが必要です。

一方、社会は拡張現実感へのアクセスを必要とするレベルに達しています。

背景によるARCONAの解決策

ARCONAでは、拡張現実間の主要な問題であるスケーリング(拡大縮小)を解決しました。

ARCONAは、デジタルランドというブロックチェーンを利用したグローバルな拡張現実レイヤーを地球上に構築しました。

デジタルランドのブロックチェーンを利用した拡張現実レイヤーを地球上に構築しました。

ARCONA拡張現実のエコシステムでは、ARプロジェクトの平均コストが削減されます。

ARプロジェクトの平均コストは3万ドルから300ドルに、時間は3ヶ月から3日に短縮されます。

人工知能・ニュートラルネットワーク・ブロックチェーン・分散型GISを基盤とした複合的なソリューションです。

ブロックチェーンと分散型GISに基づく複合ソリューションであり、3Dコンテンツを現実世界のどこからでも指定された座標にリンクさせる方法を提供します。

このシステムは、拡張現実の技術のスケールアップの問題を解決します。


ARCONAのグローバルARレイヤーのDigirtal Landは、AR市場の30%のシェアを獲得することを目標としています。

ビジョン

世界的な拡張現実感レイヤーの開発で業界標準になることを目標としています。

物理世界と仮想世界を1つの空間として融合させ、ユーザーがコンピューターで生成した環境と相互作用できるようんな1つの空間として融合させ、ユーザーが現実世界のコンピューター環境や現実世界でのワールドワイドARレイヤーは、日常的にユーザーがインタラクティブに体験できるように設計されています。

拡張現実・仮想現実・複合現実のマルチメディア・コンテンツと対話できるように設計されています。

この拡張現実環境は、無料のAR Viewerを通して利用することができます。

ユーザーのモバイルデバイスにインストールされます。

技術

分散型GIS

ARCONAエコシステムプラットフォームは、分散型GISの機能を兼ね備えています。

拡張現実・3D趣味レーション・コンピュータービジョン・光学的パターン認識・人工知能を統合したプラットフォームです。

そしてアーティシャルインテリジェンス・ブロックチェーンアーキテクチャも組み合わせています。

SLAM

SLAM(Simultaneous Localization and Maping)に基づく測位技術です。

SLAMとは、既知の空間で地図を更新しながら、同時に現在位置を制御する方法です。

現在地と移動経路を同時に制御し、基地の空間で地図を更新する手法です。

3Dマーカー(高解像度の地形図を持つ実世界の物体)をもとに、現在地と移動した経路を同時に制御して、基地の空間内の地図を更新する方法です。

自動モデリングシステム

拡張現実環境用の自動もでリウングシステムでは、以下の作業を行います。

・高解像度の地理空間データをもとに、3D景観モデルの構築(GIDから取得した高解像度の地理空間データ・パブリックドメインから取得した写真などの情報をもとに、3D景観モデルの構築)

・与えらえれた土地において、ユーザーが移動する可能性のある経路を特定する

・ユーザーの位置を特定するためにオブジェクトマーカーを生成する

・データベースモジュール:データベース管理システム(DBMS)を実行し、景観モデルの保存とリモートアクセスし、各種リクエストに対応

・ソフトウェアを作成・維持し、コンテンツを管理・編集するためのツールきっと

・AIR VIEWER:モバイル機器用のフリーウェアのクライアントで、位置情報の決定システムの搭載

チーム

ARCONAのチームは、ブロックチェーンを含むテクノロジースタックを網羅しているとのことです。


・ダイアナ・ソリナ(CEO):創業者・経済学学位12年以上。マーケティング・ブランディング。セールス・PRの分野で12年以上の経験を持つ。役割はマーケティングとセールス。


・イリア・コルグザロフ(プロジェクトリーダー):創設者・経済学学士。事業開発で15年以上の経験を持つ。役割はプロジェクトコンセプトと管理・デザイン・市場調査。


・タティアナ・チェーニッヒ:創設者。ジャーナリズムとPRの分野で12年以上の経験を持つ。役割はリサーチャーやPR。


・ダニエル・ギルデア:創設者。6年以上、不動産と建設事業の経験を持つ。役割はビジネス開発。

・イゴール・ロジですとヴェンスキー:共同設立者。ITと起業家の計絵権を20年以上持つ。役割はメンター。


・アレクサンドル・エミリアノフ:コンピューガーサイエンスとエンジニアリングとして20年以上の経験を持つ。役割はR&Dリード


その他・・・

メタバースのメリット

コンピュータやスマートフォンにログインする代わりに、部屋に入ったり街に出かけたりするだけで、周囲の環境を操作できるようになるでしょう。

つまり環境を好きなように操作できるということです。


ゲームなどがヘッドセットに直接送られるのなら、嵩張るデバイスを持ち歩く必要はありません。

この多様なコンテンツはすべてこの神秘的な環境の中で、すべてのコンテンツがあなたの指先に届くのです。

ARヘッドセットは、間もなくどこにでも手に入るようになるでしょう。

この画期的な瞬間に、人類は現実世界と仮想世界を統合する不変的な環境を必要としているのです。

現実世界と仮想世界を1つの情報空間に統合する普遍的な環境が必要になります。

このような仮想層と現実の風景は、携帯端末のトラッキング技術と地理情報システム(GIS)を組み合わせることにより実現させます。

ARKit・Google COre・Windows・Holographivなどのツールは、モバイルデバイスに、現実の風景と仮想的なレイヤーの互換を実現させます。

Honographicなどのツールが、モバイルデバイスに新しい機能を提供しています。


モーショントラッキングは、デバイスが3次元空間を移動する際に、その位置と向きを把握することを可能にします。

3次元空間を移動するデバイスの位置と向きを把握することができるからです。


エリアラーニングは、視覚的な手がかりをもとに、デバイスが自分の位置を認識し、その動きを修正することができます。

奥行きのチッカウセンサーは、デバイスに周囲の世界の形状を知らせます。

点群を使って仮想的なインタラクションを設定するのです。


GISは地理空間データを利用し、リモートセンシングでデジタル標高モデルを生成し、テクスチャ付きの仮装3Dを構築します。

そして仮装3D風景を驚くほど詳細に実現させます。


バーチャルコンテンツと現実の風景をリンクさせるための現場開発者の必要性がなくなると、AR技術の統合が進みます。

デジタルリアリティの統合が加速されます。

拡張現実コンテンツの遠隔配置は、AR技術をグローバルにスケールさせるためのステップです。

またArconaは、拡張現実のための遠隔測位とコンテンツ管理システムです。

拡張現実のための遠隔測位・コンテンツ管理システムです。

地球上のあらゆる場所に、インスタレーションをリモートで埋め込むことができるようになります。

現実の環境に統合された世界全体を構築することができます。

デジタル経済での雇用創出

専門家は、ロボットや人工知能の導入により、多くの経済セクターで雇用が大幅に失われると予測しています。

ロボットや人工知能の導入により、多くの経済分野で雇用が失われることが予測されています。

3Dオブジェクトを作成することにより、取引する能力などのゲーム上のスキルを習得することもできます。

そのスキルが現実の世界で活用もできるのです。

ARCONAシステムを効果的に機能させるために、マーケットプレイス(生産者と消費者が交換できるオンラインポータルサイト)の開設を計画しています。

生産者と消費者がリリースを交換し、その対価を支払うことができるオンラインポータルサイトです。

このポータルサイトでは、生産者と消費者がリソースを交換し、プラットフォーム内のトークンを使って代金を支払うことができます。

このポータルは、主にコンテンツ・ソフトウェア・デジタルランドを販売するために使用されます。

そしてマーケットプレイスで多くのタスクをオークションにかける予定です。

ARCONAは、最適なソリューションに対して価格を提示します。

金額が高ければ高いほど、より多くの開発者・俳優・専門家がプロジェクトに参加することになります。

Threadless・99Designs・TopCoderなどのウェブサイトで、同様のシステムが既に導入されています。

ARCONAは、ブロックチェーンを台帳として利用し、土地やコンテンツの所有者・権利者を特定します。

それを譲渡する権利を持つ者を特定し、すべての譲渡を登録することができます。

ブロックチェーン技術に基づくスマートコントラクトにより、以下のことが保証されます。

・コンテンツ制作者やプログラマーの著作権保護

・知的財産権利用の自動支払い

・スマートコントラクトにより、コンテンツや土地の所有者の権利


ARCONAは、仮装ゲーム空間で培われたスキルから、現実世界の価値を引き出すことを可能にします。

これにより、何百万人もの人々が、他のどの仮想世界よりも人口の多い世界で生計を立てる機会を与えることになります。

そしてこのプロジェクトの中で、AR技術の応用の可能性について、さまざまな企業と議論してきました。

このドキュメントを作成する際、その用途が無限であることに気づきました。

人道的な価値を持ち、ARに最初に影響を与えるであろうアイデアを共有します。

これらの分野には、メディア広告・建築とデザイン・ゲーム・エンターテインメント・観光・教育などがあります。

ユーザーが興味深いと思うプロジェクトを追加できます。

そしてARCONAの経済の一部になる可能性を持っています。

投資における将来性・まとめ

ARに関するメタバースに特化していますね。

しかし公式ホームページでは、恐竜やパンダが街にいたり、独特な世界が繰り広げられています。


しかし競合の、ARに特化しているメタバースのEverdome(詳細→仮想通貨【 Everdome(DOME)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨・投資における将来性についても解説)は、日常生活のものをメタバースに取り入れるという方法をとっているため、特徴がやや異なりますね。


個人的にはEverdomeの方が使い方が想像しやすかったのですが、今後の発展次第で優位なメタバースが出てくることでしょう。

メタバースの種類は非常に多くなってきているため、発展を追っていきましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました