ビットコインに実装された【 Taproot(タップルート)とは 】分かりやすく解説

2021年11月14日に、ビットコインに「Taproot(タップルート)」が実装されました。

このタップルートにより、プライバシー・スケーラビリティ・セキュリティを向上させる新機能が稼働します。

スケーラビリティとは→仮想通貨における【 スケーラビリティ問題とは 】分かりやすく解説

タプルートによる大きな変化は、新しい開発・ソリューションが可能になることです。

スポンサーリンク

実装が成功した経緯

タップルートは、2021年6月に90%以上のマイナーが「シグナル」にて指示を表明したため実装が確定となりました。

その後、軌道までの待機期間が設けれられ、ノード運用者とマイナーははタップルートの複数のプログラムを含むバージョン21.1にアップグレードするための猶予が与えられました。

このアップグレードが完了すると、新しいルールに基づいた取引が実行されるようになります。


つまり、タップルートは、ビットコイン・ブロックチェーンにこれまでの様々な技術革新を1つのアップグレーとにまとめたものということです。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました