どちらが良い?【 出目・奥目 】特徴・メリット・デメリット解説

今回は、出目・奥目のメリット・デメリットについてまとめました。

結局どちらが可愛いのか、美人なのか、という結論も解説します。

スポンサーリンク

出目・奥目の見極め方(基準)

横顔を見て、「眉の骨」から「頬の骨」に一直線に線を引きます。


その一直線の線より奥側に目がある場合は奥目です。

その一直線の線よりも目が前に出ている場合は出目です。


これは、人差し指を「眉の骨」と「頬の骨」に一直線に当て、

目が触れるようであれば出目・目が触れなければ奥目とすぐ判断できます。


一見あまり変わらないように見えますが、こちらはメリット・デメリットを踏まえると大きな違いになってきます。

出目

出目の特徴・メリット・デメリットについて解説します。

特徴

・アジア圏の顔に多い傾向がある

・堀が浅い顔に多い傾向がある

メリット

・目に光が入りやすく、黒目がキラッと輝きやすい

・組織が厚く、二重幅がくっきり出やすい

・メイクがしやすい

デメリット

・横と斜めから見た目のフェイスラインが綺麗ではない

・堀が浅いため、綺麗系に見せるには難しい

・目の上の皮下組織が多い

奥目

奥目の特徴・メリット・デメリットについて解説します。

ちなみに、医師から奥目と言われている私自身の写真も参考にご覧ください。

横から見た方が分かりやすいです。

奥目の実際の写真からの見分け方はこちらです。→【 奥目と出目の特徴・見分け方・違い 】実際の写真で解説

特徴

・海外の人に多い傾向がある

・堀が深い顔に多い傾向がある

メリット

・横や斜めから見たフェイスラインが綺麗(オージーカーブも綺麗)

 オージーカーブとは→現在注目されている【 オージーカーブとは 】対策まで解説

・目の上の皮下組織が少ないため、目がスッキリしている(厚ぼったくない)

・海外における美人の特徴にもなっている

デメリット

・目が陰って、黒目がキラッと光りにくい

・肉が厚い場合は、二重幅が定着しにくい

・目が奥にあるため、メイクがしにくい

・涙袋が目立たない傾向がある

出目を奥目にする方法・奥目を出目にする方法

・出目を奥目にする方法→【 奥目にする方法・奥目に見せる方法 】

・奥目を出目にする方法→【 出目にする方法・出目に見せる方法 】

結論

可愛い系の顔にしたい人は、出目の方がベビーフェイスっぽくて似合います。

綺麗系の顔にしたい人は、奥目の方が横顔も含めて綺麗系になります。


自分はどちらが良いかを含めてメイクに活かせると良いですね。

最も重要なことは、自分の顔に似合う方を選択することです。

豆知識・まとめ

ぱっと見だけでは判断できず分からないかもしれませんが、特徴に沿って確認してみると分かるようになります。


また、奥目は平行二重になりづらいとのことですが、

海外の西洋人は皆奥目なのに平行二重です。

そして私自身も奥目だけど平行二重です。

そのため、アイホールの肉の暑さや目頭にも影響を受けます。


関連記事→【 高級化粧水・乳液よりも効果のあるワセリン 】乾燥肌改善

大洋 製薬 ワセリンHG クリーム 単品 100グラム (x 1)
-
美容
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました