【 Theta Fuel(TFUEL)とは 】創業者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Theta Fuel」(TFUEL)について解説します。

Theta Fuelとは・創業者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明します。

スポンサーリンク

Theta Fuel(TFUEL)とは

Theta Fuel(TFUEL)とは、Thetaブロックチェーン上の2つのネイティブトークンのうちの1つです。

※ネイティブトークンとは→【 ネイティブトークンとは 】分かりやすく解説


Theta Networkには、THETA・TFUEL・Gammaの3種類のトークンがあります。

それぞれ間違えないようにしましょう。


TFUELは、分散型の動画やデータ配信におけるユーティリティトークンとして機能しています。

※ユーティリティトークンとは→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説

そしてガストークンとしても機能しています。

つまり、ビデオストリームを共有するための中継車への支払いとしての機能があるということです。

具体的には、スマートコントラクトのデプロイ・DeFiアプリケーションの取引に伴う手数料の意味を持っています。

そして、Thetaブロックチェーン上の全てのオペレーションに使用されています。


更に、エコシステムの中で、ビデオストリームやその他のデータのために、帯域幅リソースを共有するユーザーへのインセンティブとしても使用されます。

例えば、エッジコンピュートノードとしてコンピューティングパワーやエッジキャッシングノードなどです。


Theta Networkの公式ホームページはこちらです。

Theta Token

創設者

ThetaFuelやTheta Ecosystemは、2017年にMitch Liu氏とJieyi Long氏によって共同設立されました。

Liu氏は、ゲーム・ビデオ・バーチャルリアリティ業界で長年経験を積んでいます。

ビデオ広告会社のTapjoy・モバイルソーシャルゲームスタートアップであるGamevies Studiosをはじめとし、Thetaプロトコルで初めてDAppsを構築したライブストリーミングプラットフォームであるT THETA.TVを共同設立しました。

※DAppsとは→仮想通貨における【 ダップス(DApps)とは 】分かりやすく解説


Jieyi Long氏は、デザインオートメーション・ゲーム・VR・大規模分散型システムなどの分野で数年の経験を積んだ後、Thetaの2人目の共同設立者兼CTOとなりました。

複数の査読済みの学術論文を執筆しました。

そして、ビデオストリーミング・ブロックチェーン・バーチャルリアリティに関する様々な特許を保有しています。

特徴

分散型ビデオストリーミング

Theta Networkは、ビデオストリーミング・データ配信・エッジコンピューティングを分散化し、業界参加者にとってより効率的で費用対効果が高く公正なものにすることを目的としています。

このネットワークは、ネイティブなブロックチェーン上で動作します。

THETAとTFUELのネイティブトークンが内部経済を活発化させているのです。

Theta Networkは、視聴者がより質の高いストリーミングサービスを受け取ることができる仕組みになっています。

収益性

コンテンツ制作者は収益を向上させることができます。

また、中間業者であるビデオプラットフォームはインフラ構築にかかる費用を削減できます。

つまり広告収入や受信料収入を増加させることができるということです。

ユーザーは、ネットワーク上のコンテンツを視聴したり、ネットワーク上のリソースを共有したりすることで、TFUELトークンという形で報酬を獲得できます。

ステーキング機能やエッジノードで収益化

TFUELはProof of Stakeアルゴリズムのため、ステーキングが可能です。

ステーキング方法も、THETAをステーキングしてTFUELを稼ぐ方法や、動画閲覧でTFUELを稼ぐ方法など様々あります。

詳細→Theta Network【 エッジノードの設定方法 】簡単


TFUELのステーキング公式ページはこちらです。

Theta Network

EVM互換対応

このプラットフォームはオープンソースです。

ビデオ・データ・コンピューティングなど、完全に機能するEVN互換のスマートコントラクトをプラットフォーム上で開発する場合にも対応できます。

※EVMとは→仮想通貨における【 EVMとは 】分かりやすく解説

また、DeFiやNFTなどの分散型アプリケーションを立ち上げる開発者にも対応しています。

供給量

TFUELの最大供給量は、1,000,000,000トークンです。


ステーキング報酬ように新しいTFUELが生成されるため、流通量は毎年増加しています。

しかし最大供給量まだ達すると、それ以上増加することはありません。

上場している仮想通貨取引所

TFUELは、次の仮想通貨取引所に上場しています。

・Binance

・Bithumb

・KuCoin

・Gate.io

投資における将来性・まとめ

Theta Networkの投資に関しては、THETA自体に投資することが望ましいでしょう。

なぜなら、TFUELのような報酬トークンは売られる前提のため価格が上がりにくいからです。

そのため、Theta Networkが良いと思った場合はTHETAに投資しましょう。

※THETAの詳細→Theta Network【 エッジノードの設定方法 】簡単


エッジノードを設定するだけでTFUELを稼ぐことができるため、TFUELはわざわざリスクをとって購入するより、エッジノードにて稼ぐことをオススメします。

詳細→Theta Network【 エッジノードの設定方法 】簡単


実際に私もやってみました。

数日後に本当にTFUELが反映されていました。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました