【 Ravencoin(RVN)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、Ravencoin(RVN)について解説します。

Ravencoin(RVN)とは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

Ravencoin (RVN)とは

Ravecoinとは、デジタルピアツーピアネットワークです。

※ピアツーピアとは→【 ピアツーピア(P2P)とは 】分かりやすく解説

ユースケースに応じたブロックチェーンを実装することを目的としています。

あるパーティーから別のパーティーへの資産の移動という、特定の機能を効率的に処理するように設計されています。

Bitcoinコードのフォーク上に構築された Ravecoinは、2017年に発表されました。

そして2018年にマイニング用のバイナリをリリースしました。

・プレイマイン(詳細→仮想通貨における【 プレマインとは 】分かりやすく解説

・ICO(詳細→仮想通貨における【 ICOとは 】歴史・機能・条件・規制・リスク/IPO・IEOとの違いまで解説

・マスターノード(詳細→仮想通貨における【 マスターノードとは 】 マスターノード通貨についても解説

これらを使用せず、フェアローンチを行いました。


ちなみに名称は、海外TVドラマのゲーム・オブ・スローンズにちなんで名付けられました。


Raven coinの公式ホームページはこちらです。

Whitepaper
A peer-to-peer blockchain designed to handle the efficient creation and transfer of assets from one party to another. It’s an open-source project based on Bitco...

創設者

Racencoinは、Brue Fenton氏Tron Black氏Joel Weight氏によって発行されました。

彼らは、このプロジェクトを始める前から、熟練したビジネスマンや開発者でした。

これは仮想通貨業界の中では稀な方で、信頼性に繋がります。


Fenton氏は、仮想通貨業界においては、2015年から2017年までBitcoin財団の取締役会役員及び業務執行取締役を務めていました。

仮想通貨業界の前は、1990年代にモルガン・スタンレーの副社長として投資銀行業務に携わり、13年間Atlantis Consultingの最高責任者を務めていました。

現在は、ステルス・フィンテック・スタートアップであるChainstone Labsの最高責任者として活躍しています。


Tron Block氏は、30年以上の経験を持つ主任ソフトウェア開発者であり、CEOとして複数のソフトウェア企業を率いるなどの経験を持っています。

2013年からは、Verified Wallet・CoinCPA・t0など、いくつかのベンチャー企業で仮想通貨関連業務に取り組んでいます。

現在は、ブロックチェーン技術の応用に焦点を当てたOverstock.comの子会社であるMedical Venturesに在籍しています。


Weight氏は、オンライン小売業で有名なOverstock.comの最高技術責任者(CTO)です。

それ以前には、Medici VenturesでCOOやCTOを務めていました。

彼は、1998年にユタ大学を卒業後、.comバブルの真っ只中にキャリアをスタートさせたソフトウェア開発者です。

Ravencoinはビットコインのフォークのため、分散化と数学のパワーで成り立っています。

2020年に、X16RとX16V2を置き換えたKAWPOWというProof of Work(PoW)のマイニングアルゴリズムを採用しています。

仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?

これは、安全性を確保するだけでなく、ASICにも対応した設計になっています。

採用されたX16Rアルゴリズム群は、各マイニングブロックに16種類のハッシュアルゴリズムを使用していましたが、使用する順番はブロックごとに異なります。

前のブロックのハッシュの最後の8バイトから導き出されます。

サイクルごとに対応しなければならないは、CHZやFunctionと比較して優位性がないと考えられてきました。

特徴

ブロックチェーン上での取引に関する問題の解決

Ravencoinは、ブロックチェーン上での資産移転や取引の問題を解決することを目的としています。

これまでは、ビットコインのブロックチェーン上に資産を形成しても、作成したコインを取引する際に資産が誤って破棄されてしまうことがありました。

しかしRVNコインは、ネットワーク内の内部通貨として設計されています。

Ravenchain上でトークン資産を発行するためには、バーンされる必要があります。

単位が豊富

資産は、何の手段でも表すことができます。

例えば、金や現物のユーロのような実世界の商品・仮想商品・株式・証券のようなプロジェクトの株・空港会社のマイル・誰かの賃金の1時間分などです。

PoW

Ravencoinはビットコインのフォークのため、分散化と数学のパワーで成り立っています。

2020年に、X16RとX16R V2を置き換えたKAWPOWというProof of Work(PoW)のマイニングアルゴリズムを使用しています。

※PoWとは→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?

これは、安全性を確保するだけでなくASICにも対応した設計になっています。


採用されたX16Rアルゴリズム群は、当初は各マイニングブロックに16種類のハッシュアルゴリズムを採用していました。

しかし採用する順番はブロックごとに異なり、前のブロックのハッシュの最後の8バイトから導き出されます。

サイクルごとに対応しなければならないASICは、CPUやGPuと比較して優位性がないと考えられてきました。

しかし、最終的にはこのアルゴリズム用のASICが開発され、Ravencoinは全く別のアルゴリズムであるKAWPOWに切り替えなければなりませんでした。

KAWPOWはProgPowをやや改良しており、Ethashを進化させ、GPUでのマイニングに最適化されています。

これは、プレマインのない公平な分配を約束することと合わせて、51%攻撃を試みたり、市場価格の変動を人為的に引き起こしたりするのに十分なハッシュパワーを単一の個人や組織が持たれないようにすることを目的に採用されています。

※51%攻撃とは→【 51%攻撃とは 】仕組み・リスクまで解説

ハッキング経験あり

2020年にRavencoinのブロックチェーンはハッキングされた経験があります。

この攻撃により、ハッカーはRavencoinの供給上限の210億の約1.5%に相当する額(3億1,500万のRVNコイン)を瞬時にハックしました。

この発表の時点で、盗まれたRVNの価格は570万ドルと推定されています。

しかし既存のコイン保有者は、該当の攻撃で直接影響を受けることはありませんでした。


この経験から、Ravencoinはシステムが見直されました。

供給量

RVNの総供給量は210億RVNです。

RVNは、新しい仮想通貨として可能な限りフェアでオープンであると主張されています。

プレマインもICOもなく、開発者や創業者の報酬のためにコインが分配されることもありませんでした

上場している仮想通貨取引所

RVNの上場している仮想通貨取引所は次のとおりです。

・Binance

・Gate.io

RVNは、Tether(USDT)などのステーブルコイン・ビットコイン・イーサリアムなどの他の仮想通貨や、フィアット通貨とのペアで自由に取引されます。

※ステーブルコインとは→【 ステーブルコインとは 】仮想通貨・Defi

投資における将来性・まとめ

創業者が仮想通貨業界の経験があり(ビットコイン財団にて)、経験豊富な経営者です。

新たに仮想通貨のジャンルに移動してくる経営者が多い中、これは優位になります。


しかし、ハッキングの経験があり、それによりシステムが見直されましたが、どこまで安全性が高いかは定かではありません。(そんなこと言ったら全ての仮想通貨がそう言えるけども)


そして、デジタルピアツーピアの競合は多いため、RVNでなければならない強固な理由が欲しいところです。


また、コンセンサスアルゴリズムがPoWのため、環境問題がさらに深刻になったときに、PoSのシステムの方が電力消費量が少ないため、そちらの方に流れてしまうリスクもあります。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました