【 Holo(HOT)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、「Holo(HOT)」について解説します。

Holoとは・創設者・特徴・供給量・上場市ちえる仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明します。

スポンサーリンク

Holo(HOT)とは

Holo(HOT)とは、ピアツーピアブロックチェーン技術の使用を必要としない、DAppsを開発するためのフレームワークであるHolochainを使用して構築された分散型アプリケーションをホストするためのプラットフォームです。

※ピアツーピアとは→【 ピアツーピア(P2P)とは 】分かりやすく解説


Holoの目的は、Holoネットワークの参加者がインターネット上でホストするDAppsに簡単にアクセスできるエコシステムとマーケットを提供することです。

※DAppsとは→仮想通貨における【 ダップス(DApps)とは 】分かりやすく解説

それにより、インターネットとHolochainを使って作られたアプリのブリッジの役割を担うことができます。


Holoネットワークは、Holo Fuelというトークンを使用して促進されます。

このトークンは、アクティブにテストされます。

ホストにサービスの対価を支払うための会計システムとして機能します。

2018年、ローンチ時にHoloHuelに交換可能な、HoloTokenとして知られるERC-20トークン「HOT」をIOUとしてミントしました。

※IOUとは→仮想通貨における【 IOUとは 】具体例とともに解説

創設者

Holoは、経験豊富なコントラクト・コーダーであるArthur Brock氏Eric Harries Braun氏によって創設されました。

2人は当初、未来のPwP経済を動かすt前に設計されたツールや技術の開発を行うMeta Currency Projectの一環として、2016年に作業が開始されました。

Holoは、2人が以前手がけたDAppsのための協調的P2PフレームワークであるCeptrを一部モデルにしています。

Brock氏は、100種類以上の代替え通貨ソリューションを含むコミュニティ構築ツールを開発したGeek Gene社の創設者として、代替え通貨システムのコーディングを行なった経験があります。

また、ソーシャルエンタープライズインキュベーターであるEmerging Leader Labsの共同設立者です。

オープンソースの教育「スターターキット」のAgile Learning Centersを設立しました。

2019年、Brock氏はニュージーランドを拠点とするエドモンドヒラリーフェローシップのフェローに就任しました。

Harries Braun氏は1988年から本格的にプログラミングを始め、ピアツーピアコミュニケーションソフトウェアを開発するGlass Bead Software社の創設者です。

Brock氏と共にEmerging Leader Labs社の共同設立者でもあります。

2003年には、フリーランスのソフトウェア開発コンサルティング会社であるHarries Braun Enterprises社を共同設立しました。

また、Schumacher Center For New Economicsの諮問委員会にも参加しています。


Holoの公式ホームページはこちらです。

Holo | Cloud Hosting Market Powered by Holochain
Anyone can become a host by turning their computer into a source of revenue, getting paid in HoloFuel for hosting peer-to-peer applications.

特徴

DApps

メインストリームのユーザーがインターネット上でP2Pアプリケーションをホストできるようになっています。

Holoネットワークは、Holochainを使って構築されたDAppsにストレージと処理能力を提供する一連のホストに依存しています。

※DAppsとは→仮想通貨における【 ダップス(DApps)とは 】分かりやすく解説

HoloFuel

ホストは、バックグラウンドで動作するソフトウェアを自分のコンピューターにインストールし、Holo chainベースのDAppsに自動的に追加の処理能力を割り当てるか、Holo Portのような専用のマシンを操作します。

その代わり、ホストにはマイクロ取引用に特別に設計されたトークンであるHoloFuelが支払われます。

HoloFuelのデザインは、Holoネットワークが何十億もの同時取引を処理できることが期待されています。

このプロジェクトのビジネスプランは、ホストとアプリケーションのP2Pエコシステムの構築を中心としています。

Holoは、Holo Fuelの取引に対して手数料を課しています。

そのためその収益モデルはネットワーク上のアプリケーションやホストの数の増加に直接結びついています。

クレジットシステム

ユーザーがマイナスの残高を持つことができるよう、クレジットシステムを取り入れています。

そしてダイナミックなデザインとなるように設計されています。

供給は需要に応じて、マイナスとプラスの残高をもつユーザー間の関係が変化するにつれて、縮小と拡大を繰り返しながら変化します。

Holoはこれにより、トークンの価格が投機的に乱高下するのではなく、比較的安定したボラティリティの小さな状態を保てるよう努めています。

Holoチェーンとのブリッジ機能

Holoは、暗号技術の世界を代表するHolochainとユーザーとの間のブリッジとして機能するよう設計されています。


Holochainの公式ホームページはこちらです。

https://www.holochain.org/

Holoネットワークは、中央集権的なインターネットと従来のブロックチェーン技術に頼らないHolochainとのブリッジ機能を果たしています。

そのため、グローバルなコンセンサスに頼らずにネットワークの安全性を確保しています。

むしろ、各DAPは独自の検証ルールのセットと、暗号化された記録を保存できるローカルハッシュチェーンを持っています。

データが複数のノードに違って送信される場合、ランダムなピアがバリデーターとして機能し、データを受信して正しいルールに従っているかどうかを検証します。

検証者はゴシッププロトコルを用いて、良いデータをお互いに共有し、悪いデータを警告したり、悪質な王医者をブラックリスト化したりします。

Holoは特定のエンティティに過剰にパワーが偏るリスクを減らすために、可能な限り分散化されるように設計されています。

ホストとアプリケーション間の接続はエンドツーエンドで暗号化されています。

そのためHoloはグローバルに分散したサーバーネットワークを使用しています。

供給量

HOTは、2018年に「新規仮想通貨コミュニティ公開」を行いました。

最終的には、1.776億HODLが需要決定プロセスを経てミントされました。

1.332億HOT(75%):一般販売

444億HOT(25%):チームと会社

に割り当てられました。


HoloFuelがローンチすると、HOTトークンはHoloFuelトークンと1対1で交換することができるようになります。

Holoは、スワップされたHOTはすぐにバーンされるのではなく、代わりにHoloFuel保有者に流動性を提供するための準備通過として保管されることを明言しました。


Holo Fuelに供給制限はありません

上場している仮想通貨取引所

HOTの上場している仮想通貨取引所は次の通りです。

・Binance

・Gate.io

投資における将来性・まとめ

Holoは、分散型アプリケーションをホストするプラットフォームです。

しかし、このようなDAppsのプラットフォームの競合は数多くあります。

そのため現在は優位性はあまりありませんが、Holoでなければならない理由が強固につくれると良いですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました