【 非上場企業に投資するメリット・デメリット 】分かりやすく解説

今回は、非上場企業に投資するメリット・デメリットについて解説します。

スポンサーリンク

メリット

・所有する株数に応じて、剰余金の配当を得ることができる場合がある

・株主比率が高くなると、経営に影響を与えるほどの行使できるようになる

・利益が出た場合、上場前から保有しているため利益が出たときの額が莫大

・経営者が知人の場合、情報を得やすい(それ以外の場合逆に得にくくなる)

デメリット

・非上場企業の株式を保有している場合、売却が困難(株式譲渡制限があるため)

・第三者に譲渡したい場合は、会社に対して譲渡を承認するか否かの請求をし、(定款で別段の定めがある場合を除き)取締役会設置会社では取締役会を開き、承認を得る必要がある

・支配株主が賛成しない限り、配当金がない

・配当があったとしても、少数株主への配当額が少ない傾向がある

・少数株主の経営への影響力は低い

・株式評価額が高額の場合、相続発生時に、相続税が高額になるリスクがある

まとめ

何事も、メリット・デメリットが存在します。

表裏一体です。

そのため、自身の会社にとって、長期的に見てどの選択が良いか考えていけると良いですね。

また、最近は上場の基準自体が変化したため、そこも会社に合うかどうか適正をみましょう。

詳細→東証再編【 プライム市場の基準を全て解説 】一部上場よりプライム上場の方が難易度が高い

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました