【 総資産総経常利益率(ROA)とは 】分かりやすく解説

今回は、決算の「総資産総経常利益率」について解説します。

スポンサーリンク

総資産総経常利益率(ROA)とは

総資産経常利益率(ROA)とは、総資産に対する経常利益の割合を示す指標です。

総資本経常利益率使用総資産計上利益率とも言います。


この指標は、企業の経常的な活動による業績を示しています。

使用した資産(資本)に対してどの程度の利益を生み出したのかを測る指標です。


この数値が高いと、企業が効率的に資産運用できていると判断できます。

総資産(総資本)は貸借対照表において、負債・純資産の合計のことです。

※貸借対照表とは→決算書における【 貸借対照表の基礎 】分かりやすく解説


経常利益は、本業による利益である営業利益に、営業外収益を加えたものから営業外費用を引いたものです。

総資産経常利益率の計算式

総資産経常利益率(ROA) = 経常利益 ÷  総資産 × 100 (%)

総資産経常利益率の判断基準

ROAは、6〜10%で資産運用効率が高いという基準になります。

ROE・ROAとの違い

ROE・ROAとの違いの詳細はこちらです。

【 ROEとROAの違いを分かりやすく解説 】計算式・改善・注意点・例までまとめ

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました