【 債券とは 】歴史から解説

債券について説明します。

スポンサーリンク

債券とは

世界で最も大きい市場は「債券」です。

債券市場は世界最大の市場で、株式市場や不動産市場より大きいです。

債券の中の地方債とは、都市・病院・学校・公共団体が発行する「借用書」のことです。


債券には様々なタイプがあります。

・アメリカの国債

・企業の社債

・地方債

・ジャンクボンド

等です。


地方債のメリットは、利益に税金がかからないことです。

デメリットは、リスクがあるということです。

アメリカでは3兆ドル以上が地方債に投資されています。

しかしそのうちの3分の2以上が危険な状態にあると考えられています。

なぜなら、発行した公的団体自体が破産の危機にあるからです。

多くの利益を出さない限り、州・都市・病院・学校が債券不履行状態に陥り、ローン返済をストップさせたのと同様にアメリカは破産の危機に陥っています。

それについては次の章で説明します。

債券の歴史

これまではアメリカ政府が発行する国債と地方債は安全であると捉えられてきました。

しかし地方債に投資をしている人々は多いですが、それは危険な状態に陥りました。

それはリーマンショックが起こった頃から、その捉えられ方が変化してきました。

これらは、MBS(モーゲージ担保証券)等のモーゲージ証券(金融派生商品の一種)により引き起こされました。

これらはサブプライム・モーゲージから成り立っていました。

そのサブプライム・モーゲージとは、返済能力に問題のある、リスクの高い借りてのサブプライム層へ向けてのローンのことです。

この借り手の中には収入・仕事もない人々も含まれていました。

この人々はその支払ができない状況でもローンで家などを買い続けました。

銀行はこれらもサブプライムローンを集め、証券として商品としました。

彼らはこのサブプライム債券を有料とし政府・機関投資家・銀行・個人投資家に売りました。

その後サブプライムローンの借り手が利子を払えなくなると、これらのMBS債券は世界中で債券まみれとなりました。

これらのサブプライム債券が現在も世界中に波及効果をもたらしています。


しかしこれらを合法に行えるのも銀行のシステムです。


現在、アイルランドやギリシャの国々が自分たちが発行した債券の利息を支払うことができず、深刻な問題を抱えるようになりました。

同様にアメリカでは、地方政府・都市・町が債券の利息を支払うことができず破産に追い込まれました。

そのため債券が安全でないものになっていることを債券市場が証明することになりました。

政府・銀行・年金ファンド・退職者・何百万人の人々が大きな問題を抱えました。

さらに経済の悪化によるインフレが債券を更に危険な投資へと導いています。

これが、貯金しない人々の貯金額の価値の減少に繋がっています。

具体的には、債券の利子が3%でインフレが5%で進むとすると、その債券の価値は大幅に減少し、投資家がそれを持っている価値も比例して減少します。

中国は何兆ドルものアメリカ国債を保有しています。

アメリカ政府がお金を印刷し続け、国債を発行してドルの価値を下げていく毎に中国がアメリカに対して行っている何兆ドルの投資価値が下がりました。

中国がアメリカ国債の購入を辞めたら、世界経済は止まって崩壊する可能性があるというところまで至りました。

この例から、中国は債券を購入していた人々と同様と分かります。

債券を購入していた何百万の退職者たちは、引退後に安定した収入を必要とする退職者たちは国債は安全だと信じていましたが、政府の財政が破綻しインフレが進行するにつれて、退職者たちは債券という形で貯金をしていた人々が危険な立場になりました。

まとめ

債券には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

そのため、求めている債券のメリットとデメリットを踏まえたうえで投資しましょう。

~関連記事~

【 投資前に必ず確認する項目 】株式投資

【 投資とは 】最も重要なことを分かりやすく解説

投資における【 損小利大の重要性 】

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
投資マインド
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました