DEXにおける【 アグリゲーターとは 】分かりやすく解説

今回は、「アグリゲーター」について解説します。

スポンサーリンク

アグリゲーターとは

DEXにおけるアグリゲーターとは、様々なDEXから流動性を調達するために、単一のDEXよりも優れたトークンスワップレートをユーザーに提供する機能です。

DEXアリゲーターには、スリッページ・スワップ手数料・トークン価格を最適化する機能があります。

その結果、ユーザーにより良いレートを提供します。

背景

取引を行う前に、全てのDEX(Uniswap等)で最高の取引価格を手動で確認するのは、大変で非効率的でした。

全ての仮想通貨ユーザーと同様に、全てのDEXから最適な取引価格を検索し、最適化された取引を即座に提供するための洗練されたアルゴリズムが必要でした。


Swapの最良かつ効率的な価格を受け取るためには、全てのDEXで最良の価格を確認する必要があります。

手動でのチェックは非効率的で、複雑な取引ルートや経路を有効にすることはできません。

したがって、洗練されたDEXアリゲーターアルゴリズムで、スワップでお金を節約するための機能が必要になったのです。

アグリゲーターの機能

DEXアグリゲーターは、様々なDEXから龍有働性を調達するために、単一のDEXよりも優れたトークンスワップレートをユーザーに提供します。

DEXアグリゲーターは、スリッページ・スワップ手数料・トークン価格を最適化する機能があり、正しく行われた場合、ユーザーに良いレートを提供できます。


DEXアグリゲーターの主なタスクは、特定のDEXが提供できるよりも優れたスワップレートをユーザーに提供し、それを可能な限り短時間で行うことです。

その他の主要なタスクは、価格の影響からユーザーを保護し、トランザクションが失敗する可能性を減らすことです。


最近のデータによると、高概念のトレーダーはDEXアグリゲーターを利用していますが、小売ユーザーはまだDEXを直接利用しているということが分かっています。

DEXアグリゲーター1inchi

DEXアグリゲーター1inchiは最近、そのプロトコルのバージョン2をリリースしました。

その主なコンポーネントは、新しい検出・ルーティングアルゴリズムを含むAPIであるPathfinderです。

Pathfinderは、サポートされている21の流動性プロトコル間でスワップを分割でき、必要に応じて、同じプロトコル内で異なる「Market depths(市場深度)」を使用することもできます。

Market depths(市場深度)とは

Market depthsとは、オープンな売買注文の数に基づいて、仮想通貨などの流動資産の需要・供給の尺度のことです。


プロトコルの以前のアージョンから大幅に改善されています。

ソーストークンとデスティネーショントークンの間の一種のブリッジとして機能する様々な市場深度を備えた新しいアルゴリズムは、スワップを異なるプロトコル間で分割するだけでなく、より洗練されたアプローチを提供します。

この、より洗練されたアプローチは、ユーザーにとって次のメリットがあります。

・クオートが改善されるため1inchiは1s BTC ーsUSDのスワップレートを提供している


これは、Uniswapのオファーよりも985優れていると言われています。

部分的・動的なフィルメカニズム

失敗したトランザクションの可能性を減らすための1inchiのソリューションは、Pathfinderの部分的・動的なフィルメカニズムです。


パスファインダーでは、デフォルトで部分塗りつぶしが有効になっていますが、ユーザーは詳細設定メニューで無効にすることができます。

そうすると、価格のずれやトランザクションの失敗からユーザーを保護できます。

これは、大量のスワップボリュームで特に顕著です。


ユーザーが1inchiでスワップすると、UIで最初に提供されたレートをユーザーに取得するために、いくつかのプロトコル間で分割されます。

ただし、スワップが完了する前に、いずれかのプロトコルのレートが変更されます。

これはユーザーにとってデメリットになる可能性があるため、「部分約定」があります。

これにより、注文が部分的にしか約定されず、レートが変更されたルートが簡単に取り消される可能性があります。

その結果、動的コンポーネントは、スワップの一部をスプリットまたはパス内の別のプロトコルに即座に切り替えることができるため、トランザクションの失敗を防ぐことにも役立ちます。


例えば、このアルゴリズムは、スワップを3つのプロトコル(Uniswap・SushiSwap・Balancer)に分割します。

Uniswapが失敗した場合、スワップ全体がSushiSwapとBalancerに切り替わり、引き続き実行されます。

以前にインターフェイスで確認して受け入れたレートをユーザーに提供します。

Pathfinder

Pathfinderは、様々なプロトコルをサポートできる非常に用途の広いアルゴリズムとして設計されました。

現在、1inchiは既にPathfinderにより以下の主要なプロトコルをサポポートしています。

・Unisswap V1

・UniswapV2

・Balancer

・Curce

・Vhai

・Sushiswap

・Kyber

・Oasis

・Moiniswap

・Compound

・Aave

・Yearn

・Bancor

ただし、パスファインダーの設計方法により、イーサリアム以外のブロックチェーンもサポートできるようになりました。

バイナンスの並列チェーンであるバイナンススマートチェーンのサポートを追加する計画があります。


一方、パスファインダーは拡張して、中央集権型取引所との統合もできます。

これにより、新興企業が1inchiプロトコルを基盤として構築するための新しいビジネスチャンスが開かれます。

例を挙げると、CEXとDEXの間のアービトラージ用の商品を作成する等です。

担保トークン

Pathfinderのもう1つの主要な機能は、レンディングプロトコルAave(詳細→仮想通貨【 Aave(AAVE)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性についても解説)やCompound(詳細→仮想通貨【 Compound(COMP)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説)からの担保トークンをスワップパスの一部として使用できることです。


AaveとCompoundは、例えばCompoundのUSDペッグコインc USDのように、他のトークンを担保コインにパックします。

以前は、これらの担保トークンを1inchiのスワップルートの一部として使用することはできませんでした。

これは、ユーザーがコインを発行したレンディングプロトコルにアクセスして、それらをアンバックするか、担保コインに戻す必要があるためです。


現在、Pathfinderは1回のトランザクションでユーザーの担保トークンをパック・アンパック・移行できるため、時間とお金を節約できます。

更に、全てのパック・アンパックが自動的に行われているため、ユーザーはプールに保持されている担保トークンを簡単に交換できます。

最大リターン・最低ガスオプション

最後に、Pathfinderを使用すると、ユーザーは「最大リターン」オプションと「最低ガス」オプションのどちらかを選択できます。

前者のオプションは、スワップがユーザーに最高のレートを提供するための複雑なルートを意味しています。

または、最低ガスオプションでは、スワップは市場レートで行われ、異なる取引所や複雑なルートに分割されることがありませんが、ユーザーは可能な限り低いガス料金を支払います。


1インチの公式ホームページはこちらです。

1inch Network | Leading high capital efficient DeFi protocols
The 1inch Network unites decentralized protocols whose synergy enables the most lucrative, fastest and protected operations in the DeFi space.
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました