5KMについて【 Q&Aまとめ 】問題解決方法

今回は、「5KM」というアプリに関するQ&Aをまとめました。

まず、5KMとは→【 5KM 】外部NFTマーケットプレイス(OpenSea・TOFUNFT)で購入する際の注意点

スポンサーリンク

アプリを開けない

アプリはまだ開発途中(2022年5月)です。

そのため、普通のインストールとはやや異なる方法でインストールします。

①AppStore・GooglePlayから5KMアプリをダウンロード

②公式ウェブサイト(https://5km.today/)を開き、メタマスクウォレットを接続する

③APPバインディングボタンが表示されるためクリックし、QRコードを表示する

④APPでコードをスキャンしてウォレットをバインドする


この作業が必要になります。

アプリでできる作業がほとんどない

まだ開発中(2022年5月)のため、アプリでは歩く際の「Start」ボタンを押して、歩行を記録するくらいしかできません。

そのため、こちらのDasuboard(ダッシュボード)をメタマスク内で検索して操作することができます。

Login
5KM Login


ダッシュボードにてタスクや稼いだKMTなどをみれたり、マーケットを見れたり(まだ未公開)、スニーカーの状態を見てレベルアップや修理できたり、移動した記録がみれたり、5KMのウォレットの状況が見れたりします。

まだ開発段階のためできることは少ないですが、アプリよりはできることが多いです。

外部マーケットでNFTを購入する際の問題

OpenSeaやTOFU NFTでも5KMのNFTを購入することができます。

しかし問題が発生します。

具体的には、購入したNFTがメタマスクに表示されなかったり(これは問題ではありませんが)、Wornが0になっていてCooldownの状態になっていたり、KMTを入金することから始めなければならなかったり、KMTが入金できなかったりとです。

詳細はこちらにまとめました。→【 5KM 】外部NFTマーケットプレイス(OpenSea・TOFUNFT)で購入する際の注意点

メタマスクのBSCチェーンにNFTを表示させる方法

自動で表示されるNFTもありますが、基本的に「NFTをインポート」をタップして入力しないと表示されません。

では、その方法を説明します。

①metマスクの左上の3本線をタップ

②「表示方法Bacscan」をタップ

③下の方の「ERC-721 Token」をたっぷ

④右にスライドし、5KMの「Token ID 番号」をタップ

⑤「Contract」をコピー

⑥同ページの「Token ID」を覚えておく

⑦ウォレットに戻り、NFTのページを開き、「NFTをインポート」をタップ

⑧先ほどコピーしたものを「アドレス」に入力

⑨覚えていたToken IDを「ID」に入力


これで完了です。

まとめ

開発中のアプリは、ハイリスクハイリターンです。

そのため、安く購入できる分問題も生じやすいですが、解決させていきましょう。

この他にも問題が生じたら、その都度更新していきます。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました