仮想通貨【 Suiとは 】必要知識まとめ

今回は、仮想通貨「Sui」について解説します。

Suiとは・詳細・SUIトークン・並行合意・Suiのブロックチェーン・Move・特徴・メリット・デメリット・投資における将来性・まとめ、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

Suiとは

Suiとは、ゲームから金融まで、豊富でダイナミックなオンチェーン資産を構築するための無限のプラットフォームです。


Sui は、クリエイターや開発者が web3 の次の 10 億人のユーザーに対応するエクスペリエンスを構築できるようにゼロから設計された、最初の許可のないレイヤー 1 ブロックチェーンです。

Sui は水平方向にスケーラブルであり、低コストで比類のない速度で幅広いアプリケーション開発をサポートします。


Suiの公式ホームページはこちらです。

Sui Blockchain - Build without boundaries
Sui is the first permissionless Layer 1 blockchain designed from the ground up to enable creators and developers to build experiences that cater to the next bil...


Suiのホワイトペーパーはこちらです。

sui/sui.pdf at main · MystenLabs/sui
Sui, a next-generation smart contract platform with high throughput, low latency, and an asset-oriented programming model powered by the Move programming langu...

詳細

Suiは、単純なユースケースに対してスケーラビリティと前例のない低レイテンシを提供します。

Suiは、ほとんどのトランザクションを並行して処理できるようにします。

これにより、処理リソースがより有効に活用され、リソースを追加してスループットを向上させるオプションが提供されます。

Sui はコンセンサスを放棄し、支払いトランザクションや資産移転などの単純なユース ケースに対して、よりシンプルで低レイテンシのプリミティブを代わりに使用します。

これはブロックチェーンの世界では前例のないことであり、ゲームから物理的な販売時点での小売支払いに至るまで、多くの新しい遅延に敏感な分散アプリケーションを可能にします。


SuiはRusitで記述されています。

そしてMoveプログラミング言語で記述されたスマートコントラクトをサポートして、所有者を持つ可能性のあるアセットを定義します。

Moveプログラムは、これらの資産に対する操作を定義します。

これには、作成のためのカスタムルール、これらの資産の新しい所有者への譲渡・資産を変更する操作が含まれます。


コアMoveとSui Moveの違いについては、下のリンクをご覧ください。

How Sui Move differs from Core Move | Sui Docs
This document describes the Sui programming model and highlights the differences between the core (previously Diem) Move language and the Move we use in Sui. Fi...

SUIトークン

SUiには、SUIというネイティブトークンがあります。

※ネイティブトークンとは→【 ネイティブトークンとは 】分かりやすく解説

供給量は固定されています。


SUIトークンは、ガスの支払いに使用され、エポック内のDelegated Stake On Validatorsとしても使用されます。

このエポック内のバリデーターの投票権は、この委任されたステーキングの機能です。

バリデーターは、委任されたステークに従って定期的に再構成されます。

どのエポックでも、一連のバリデーターはビザンチンフォールトトレラント(詳細→【 ビザンチンフォールトトレランスとは 】ビザンチン故障についても分かりやすく解説)です。

エポックの終わりに、処理されたすべてのトランザクションを通じて収集された手数料は、システムの運用への貢献度に応じてバリデーターに分配されます。

バリデーターは、ステークを委任したユーザーへの報酬として、手数料の一部を共有できます。


Suiは、多数の最先端の査読済み作品と長年にわたるオープンソース開発に支えられています。

取引

Suiでのトランザクションは、ブロックチェーンへの変更です。

これは、NFTの作成・NFTまたは別のトークンの転送など、単一所有者。単一アドレスオブジェクトのみに影響する単純なトランザクションである可能性があります。

これらの単純なトランザクションは、SUiのコンセンサスプロトコルをバイパスする可能性があります。


資産管理やその他のDeFiユースケースなど、複数のアドレスで共有または所有されているオブジェクトに影響を与えるより複雑なトランザクションは、Narwhai及びTusk DAGベースのmempoolと効率的なビザンチンフォールトトレラント(BFT)(詳細→【 ビザンチンフォールトトレランスとは 】ビザンチン故障についても分かりやすく解説)コンセンサスを通過します。

GitHub - MystenLabs/narwhal: Narwhal & Tusk are a high throughput mempool & consensus, used in the Sui smart contract platform
Narwhal & Tusk are a high throughput mempool & consensus, used in the Sui smart contract platform - GitHub - MystenLabs/narwhal: Narwhal & Tusk are ...

並行合意

Sui は、トランザクションあたりの運用コストを非常に低く抑えながら、アプリケーションの需要を満たすために上限なしで水平方向にスケーリングします。

そのシステム設計のブレークスルーにより、既存のブロックチェーンの重大なボトルネックが解消されます。

つまり、トランザクションの完全に順序付けられたリストでグローバルなコンセンサスを達成する必要があります。

多くのトランザクションが他のトランザクションと同じリソースをめぐって競合していないことを考えると、この計算は無駄です。

Sui は、因果的に独立したトランザクションの並列合意を可能にすることで、スケーラビリティを飛躍的に向上させます。

Sui バリデーターは、ビザンチン コンシステント ブロードキャストを使用してそのようなトランザクションをコミットし、安全性と活性の保証を犠牲にすることなく、グローバル コンセンサスのオーバーヘッドを排除します。

このブレークスルーは、Sui の斬新なデータ モデルでのみ可能です。

そのオブジェクト中心のビューと、Move の強力な所有タイプのおかげで、依存関係は明示的にエンコードされます。

その結果、Sui は多くのオブジェクトのトランザクションに同意し、並行して実行します。

一方、共有状態に影響を与えるトランザクションは、ビザンチン フォールト トレラント コンセンサスによって順序付けられ、並行して実行されます。

Suiのブロックチェーン

従来のブロックチェーン

従来のブロックチェーンバリデーターは、ブロックチェーンの状態の表現である共有歩むレーターを集合的に構築し、ブロックと呼ばれる時間の経過とともにインクリメントを追加するチェーンです。

決定論的なファイナリてぃを提供するブロックチェーンでは、バリデーターがブロックチェーンへの増分追加、つまりブロック提案を行うたびに、提案を順序づけます。

このプロトコルにより、チェーンの現在の状態・提案された増分が有効かどうか・新しい追加後のチェーン状態について合意を形成できます。


共通の状態を長期間にわたって維持するこの方法は、ビザンチンフォールトトレラント分散システムの分野での過去50年間の研究から得られた豊富な理論を使用して、過去14年ほどにわたって実際的な成功を収めてきました。

しかしそれは本質的にシーケンシャルです。

チェーンへの増分は、ストリング上の真珠のように、一度に1つづつ追加されます。

実際には、このアプローチは、現在のブロックが検討されている間、トランザクションの流入を一時停止します。

多くの場合、「mempool」に保存されます。

それに対するSuiのブロックチェーン

多くのトランザクションには、ブロックチェーンの状態の他の任意の部分との複雑な相互依存関係はありません。

多くの場合、金融ユーザーは資産を受取人に送信したいだけです。

この単純な取引が許容されるかどうかを判断するために必要な唯一のデータは、送信者のアカウントの新しいビューです。


したがって、Suiはチェーン全体ではなく、関連するデータに対して胃のみロックするアプローチをとります。

この場合は、一度に1つのトランザクションしか送信できない送信者のアカウントです。


Suiはオブジェクトモデルを使用しています。

Moveの強力な所有権モデルを活用して、送信者の制御下にある複数の要素に明示的に依存する可能性がある、より複雑なトランザクションにこのアプローチを更に拡張します。

依存関係を明示することを要求することにより、Suiはトランザクション検証にマルチレーンアプローチを適用し、これらの独立したトランザクションフローに妨げられることなく進行できるようにします。


これは、プラットフォームとしてのSUigα相互にトランザクションを注文しないこと、または所有者が所有するオブジェクトの小うちゅうにのみ影響を与えることを許可することを意味するものではありません。

また、Suiは、一部の共有状態に影響を与えるトランザクションをコンセンサスに基づく厳格な方法で処理します。

それはデフォルトのユースケースではありません。

トランザクション送信への共同アプローチ

Suiは、トランザクションを従来のブロックにバッチ処理するのではなく、個別に検証します。

このアプローチの主なメリットは、待ち時間が短いことです。

トランザクションが成功するたびに、そのトランザクションがSuiネットワークによって処理されることを証明するファイナリてぃ証明書を迅速に取得します。


ただし、トランザクションを送信するプロセスはもう少し複雑です。

そのもう少しの作業がネットワーク上で発生します。

帯域幅が安くなっているため、これはあまり問題ではありません。


Tuujounoブロックチェーンは、ファイアアンドフォーゲットモードで同じ作成者からの一連のトランザクションを受け入れることができます。

しかしSuiトランザクションの送信は次の手順の通りです。


①送信者は、すべてのSuiバリデーターにトランザクションをブロードキャストする

②Suiバリデーターは、このトランザクションに関するここの投票を送信者に送信する

③各バリデーターはProof of Stake(詳細→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?)のルールに基づいて重みを持っているため、各投票には一定の重みがある

④送信者は、これらの投票のビザンチン抵抗過半数を証明書に収集し、それをすべてのSuiバリデーターにブロードキャストする

→これにより、ファイナリてぃが保証され、トランザクションが破棄されないことが保証される

⑤必要に応じて、送信者はトランザクションの効果を詳述する証明書を収集する


これらの手順ではより多くの送信者が必要になります。

しかし、それらを効率的に実行することで、最小限の遅延で最終性の暗号照明を得ることができます。

下のトランザクション自体を作成することを除けば、トランザクションのセッション管理は秘密鍵へのアクセスを必要とせず、第三者に委任できます。

状態への別のアプローチ

Suiは、単一の状態の集合体ではなく、特定のオブジェクトの管理に重点をおいているため、それらについて独自の方法でレポートします。


・Suiの全てのオブジェクトには、一位のバージョン番号がある

・全ての新しいバージョンは、いくつかの依存関係(それ自体がバージョン管理されたオブジェクト)を含む可能性があるトランザクションから作成される


結果として、Suiバリデーター(または状態のコピーを持つ他のバリデーター)は、オブジェクトの因果関係の履歴を示し、生成依頼の履歴を示すことができます。

Suiは多くの場合、その因果関係の履歴と別のオブジェクトの因果関係の履歴との順序づけは無関係であるという賭けを明示的に行います。

そして、この情報が関連する少数のケースでは、Suiはこの関係をデータで明示します。

因果順序・総順序

ほとんどの既存のブロックチェーンシステムとは異なり、Suiは共有オブジェクトを例外として、クライアントによって送信されたトランザクションに常に完全な順序を課すわけではありません。

代わりに、多くのトランザクションは因果的に順序づけられます。

トランザクションがトランザクションで入力オブジェクトとして使用されるT1出力オブジェクトを生成する場合、バリデーターはそれが実行される前に実行する必要があります。

因果関係が存在するためにこれらのオブジェクトを直接使用する必要はないことに注意してください。

ただし、因果関係のないトランザクションは、Suiバリデーターによって任意の順序で処理できます。

Move

Moveは、安全なスマートコントラクトを作成するためのオープンソース言語です。

元々はFacebookでDiemブロックチェーンを強化するために開発されました。

ただし、Moveはプラットフォームに依存しない言語として設計されており、データと実行モデルが大きく異なるブロックチェーン全体で共通のライブラリ・ツール・開発者コミュニティを有効にします。

SUi・OL・Starcoin・Aptos(詳細→仮想通貨【 Aptosとは 】必要知識まとめ)はMoveを使用しています。

この言語をいくつかの今後のプラットフォームや既存のプラットフォーム(Celoなど)に統合する計画もあります。


Moveの言語のドキュメントは、Move GitHubリポジトリで入手でき、言語機能を詳細に説明するチュートリアルと本が含まれています。

これらは、Move言語の理解を深めるための非常に貴重なリソースです。

しかしSuiはチュートリアルに従うための厳密な前提条件ではありません。

さらに、Suiはここで説明するMoveとはいくつかの点で異なります。


Suiでは、Moveを使用して、ユーザーレベルのアセットを表すプログラム可能なSuiオブジェクトを定義・作成・管理します。

SUiは、Moveのサブセット(別名Sui Move)を効果的に使用して、Moveで記述できるコードに追加の制限を課します。

これにより、元のMoveドキュメントの特定の部分がSuiでのスマートコントラクト開発に適用されなくなります。

したがって、このチュートリアルとチュートリアルで提供されている関連するMoveドキュメントリンクに従うことをお勧めします。

特徴

Suiの特徴は下の通りです。

  • 比類のないスケーラビリティ、即時決済
  • 主流の開発者がアクセスできる安全なスマート コントラクト言語
  • 豊富で構成可能なオンチェーン資産を定義する機能
  • web3 アプリのユーザー エクスペリエンスの向上


Suiは、業界をリードするパフォーマンス・コスト・プログラマビリティ・使いやすさを実現しながら、Web3の成長に合わせて拡張できる唯一のブロックチェーンとされています。

メインネットの立ち上げに向けて前進するにつれて、確立されたシステムのトランザクション処理機能を超える能力を実証します。

SUiは、Web3の基盤となる最初のインターネット規模のプログラム可能なブロックチェーンプラットフォームであると考えられています。

※Web3とは→【 Web1.0・Web2.0・Web3.0 】それぞれの違いを分かりやすく解説


それぞれ説明していきます。

比類のないスケーラビリティ・即時決済

今日、既存のブロックチェーンのユーザーは、スループットが制限されているためにネットワークの使用量が増加するにつれて、かなりの税金を支払っています。

さらに、待ち時間が長いと、アプリケーションの応答性が制限されます。これらの要因は、web3 であまりにも一般的である貧弱なユーザー エクスペリエンスの一因となっています。


問題の具体例は下の通りです。

  • ゲームは遅く、プレイするには法外な費用がかかる
  • 分散型金融 (DeFi) で担保不足のローンを清算できない場合、投資家は資金を失う
  • マイクロペイメントやクーポンなどの大量、低額、トランザクションごとのマスマーケット サービスは、ネットワーク外で価格設定される
  • ガス価格の高騰により、資産の最低価格が人為的に高くなる

Sui は、アプリケーションの要求を満たすために水平方向にスケーリングします。ワーカーを追加することで、Sui バリデーターの処理能力の増加に比例してネットワーク容量が増加するため、ネットワーク トラフィックが多い場合でもガス料金が低くなります。

このスケーラビリティ(詳細→仮想通貨における【 スケーラビリティ問題とは 】分かりやすく解説)の特徴は、厳格なボトルネックを持つ他のブロックチェーンとは対照的です。

設計上、Sui バリデーター (ノード) は、ネットワーク スループットを効果的に無限にスケーリングして、ビルダーやクリエーターの要求を満たすことができます。Sui は、ブロードバンド インターネットが web2 で行ったことを web3 で実行できると考えています。

※Web2・Web3とは→【 Web1.0・Web2.0・Web3.0 】それぞれの違いを分かりやすく解説


※2022 年 3 月 19 日の時点で、8 コア M1 Macbook Pro で実行されている最適化されていないシングルワーカー Sui バリデーターは、1 秒あたり 120,000 のトークン転送トランザクション (TPS) を実行およびコミットできます。スループットは、コア数に比例して増加します。同じマシンは、シングル コア構成で 25,000 TPS を処理します。


この実験では、各クライアントが 100 トランザクションのバッチ (100 の異なる受信者への送金など) を 1 つの署名で送信する構成を使用します。

この構成は、高度にスケーラブルなブロックチェーンの予想される使用パターンを捉えています。たとえば、カストディアル ウォレットや大規模に運用されているゲーム サーバーは、1 秒あたり数百または数千のオンチェーン トランザクションを送信する必要があります。

バッチサイズが 1 の場合、同じマシンで実行されているバリデーターは 8 コアで 20,000 TPS を処理でき、コアが追加されるにつれてスループットが同様に直線的に増加します。

テストネットがリリースされたら、さまざまな構成で最適化された Sui ネットワークの完全なパフォーマンス レポートを公開します。

主流の開発者がアクセスできる安全なスマート コントラクト言語

Move スマート コントラクトが Sui アプリケーションを強化します。

Move は、安全なスマート コントラクトを作成するために Facebook で最初に開発されたプログラミング言語です。ブ

ロックチェーン全体で共有ライブラリ、ツール、および開発者コミュニティを可能にする、プラットフォームに依存しない言語です。

Move の設計は、攻撃者が他のプラットフォームで数百万ドルを盗むために利用した再利用の脆弱性・ポイズントークン・なりすましトークン承認など問題を防ぎます。

例→【 ウォレット内の仮想通貨が消えた時の対策 】パターン・原因についても解説/ハッキング・フィッシング詐欺

安全性と表現力に重点を置いているため、開発者は基盤となるインフラストラクチャの複雑さを理解していなくても、web2 から web3 に簡単に移行できます。

Moveは、Suiだけでなく、すべての次世代スマートコントラクトプラットフォームの事実上の実行環境になると確信されています。

※スマートコントラクトとは→【 スマートコントラクトとは 】Defi

豊富で構成可能なオンチェーン資産を定義する機能

Suiのスケーラビリティは、トランザクション処理に限定されません。

また、ストレージは低コストで水平方向にスケーラブルです。

これにより、開発者は、ガス料金を節約するためにオフチェーン ストレージに間接的なレイヤーを導入する代わりに、オンチェーンに直接存在する豊富な属性を持つ複雑なアセットを定義できます。

チェーン上で属性を移動すると、スマート コントラクトでこれらの属性を使用するアプリケーション ロジックを実装する機能が解放され、アプリケーションの構成可能性と透過性が向上します。

豊富なオンチェーン資産は、人為的な希少性のみに依存することなく、ユーティリティに基づいた新しいアプリケーションと経済を可能にします。

開発者は、ゲームプレイに基づいたアバターやカスタマイズ可能なアイテムの変更など、アプリケーション固有の方法でアップグレード、バンドル、およびグループ化できる動的な NFT を実装できます。

この機能により、NFT の動作がチェーンに完全に反映されるため、ゲーム内経済が強化され、NFT の価値が高まり、より魅力的なフィードバック ループが提供されます。

web3 アプリのユーザー エクスペリエンスの向上

Sui を最もアクセスしやすいスマート コントラクト プラットフォームにして、開発者が web3 で優れたユーザー エクスペリエンスを作成できるようにしたいと考えています。

次の 10 億人のユーザーを迎えるために、Sui ブロックチェーンの力を活用するためのさまざまなツールを開発者に提供します。

Sui 開発キット (SDK) は、開発者が境界なく構築できるようにします。

クールなものを作る

ここでは、今すぐできるクールなことと、今後数週間から数か月で可能になるいくつかのアプリケーションを紹介します。

Sui を使用すると、開発者は以下を定義および構築できます。

  • オンチェーン DeFi およびトラディショナル ファイナンス (TradFi) プリミティブ: リアルタイムで低遅延のオンチェーン取引を可能にする
  • 報酬およびロイヤルティ プログラム: 低コストの取引を通じて何百万人もの人々に到達する大量のエアドロップを展開する
  • 複雑なゲームとビジネス ロジック: オンチェーン ロジックを透過的に実装し、資産の機能を拡張し、純粋な希少性を超えた価値を提供する
  • 資産のトークン化サービス: 財産証書から収集品、医療および教育記録まで、あらゆるものの所有権を大規模かつシームレスに実行できるようにします
  • 分散型ソーシャル メディア ネットワーク: プライバシーと相互運用性を念頭に置いて、クリエイターが所有するメディア、投稿、いいね、ネットワークを強化する

メリット

従来のブロックチェーンに対するSuiの主な利点は次の通りです。

ハイパフォーマンス

Suiの主な利点は、前例のない性能です。


Suiは多くのトランザクションのコンセンサスを放棄します。

他のブロックチェーンは常にそれらを完全に順序づけます。

トランザクションを因果的に順序づけることで、Suiは多くのトランザクションの実行を大規模に並列化できます。

これにより、待ち時間が短縮され、バリデーターは全てのCPUコアを利用できるようになります。


Suiは複雑さをエッジに押し付けます。

クライアントは多くのプロトコルステップに関与します。

これにより、バリデーター間のやりとりが最小限に抑えられ、コードがよりシンプルで効率的になります。

Suiは常に、クライアントのワークロードのほとんどをSuiゲートウェイサービスにオフロードして、ユーザーエクスペリエンスを向上させる可能性を提供します。

対照的に、従来のブロックチェーンは、クライアントがブロックチェーンの状態を監視してトランザクション送信の成功を評価する、ファイアアンドフォーゲットモデルに従っています。


Suiは、プロトコルステップ間のシステムタイムアウトを待たずに、ネットワーク速度で動作します。

これにより、ネットワークが良好で攻撃を受けていない場合、レイテンシが大幅に短縮されます。

対照的に、多くの従来ブロックチェーン(主にPoWのブロックチェーン)のセキュリティは、トランザクションをコミットする前に事前に定義されたタイムアウトを待機する必要があります。


Suiは、バリデーターごとにより多くのマシンを利用してパフォーマンスを向上させることができます。

従来のブロックチェーンは、多くの場合、バリデーターごとに1台のマシン(または1台のCPU)で実行するように設計されています。

障害下でのパフォーマンス

Suiはリーダーレスプロトコルを実行して単純なトランザクションを処理します。

つまり、所有されたオブジェクトのみを含みます。

その結果、障害のあるバリデーターがパフォーマンスに大きな影響を与えることはありません。

共有オブジェクトを含むトランザクションの場合、Suiはビュー変更サブプロトコルを必要としない最先端のコンセンサスプロ御コルを採用しているため、わずかなパフォーマンスの低下しか経験しません。

対照的に、ほとんどのリーダーベースのブロックチェーンでは、単一のバリデーターがクラッシュしただけでも、スループットが低下し、レイテンシーが増加します。

多くの場合、1桁以上です。

セキュリティの前提

多くの従来のブロックチェーンとは対照的に、Suiはネットワーク上で強力な同期性を仮定していません。

これは、Suiが悪いネットワーク条件(極端に悪い場合も含む)、ネットワークの分割・パーティション・バリデーターを標的とした強力なDoS攻撃の下でも、そのセキュリティプロパティを維持することを意味します。

同期ブロックチェーン(つまりほとんどのPoWベースのブロックチェーン)に対する持続的なネットワーク攻撃は、リソースの二十章ひとデッドロックに繋がる可能性があります。

効率的なローカル読み取り操作

Suiの読み取りプロセスは、他のブロックチェーンとは大きく異なります。

本の一握りのオブジェクトとその理r形のみに関心のあるユーザーは、認証された読み取りを低粒度と低レイテンシで実行します。


Suiは、ジェネシスから始まるオブジェクトの狭いファミリーツリーを作成し、トランザクションの送信者に関連づけられたオブジェクトのみを読み取ることができるようにします。

システムのグローバルビューを必要とするユーザー(システムの監査など)は、チェックポイントを利用してパフォーマンスを向上させることができます。


従来のブロックチェーンでは、トランザクションを完全に順序づけるために、ファミリーは相互に順序づけられます。

これには、必要な正確な情報を得るために大量のブロブをクエリする必要があります。

したがって、ディスクI/Oがパフォーマンスのボトルネックになります。

その結果、一部のブロックチェーンではバリデーターにSSDドライブが必要になりました。

より簡単な開発者エクスペリエンス

Suiは開発者に次のメリットを提供しています。


・Move及びオブジェクトの中心のデータモデル(コンポーザブルオブジェクト/NFTを有効にする)

・アセット中心のプログラミングモデル

・より簡単な開発者エクスペリエンス

デメリット

ここっからは、従来のブロックチェーンに対するSuiの主なデメリットを示します。

統計の複雑さ

従来のブロックチェーンでは単一のコンセンサスプロトコルのみを実装する必要があります。

しかし、Suiでは2つのプロトコルが必要です。

・単純なトランザクションを処理するためのビザンチンコンシステントブロードキャストに基づくプロトコル

・共有オブジェクトとのトランザクションをyソリするためのコンセンサスプロトコル


これらは、Suiチームがより大きなコードベースを維持sルウ必要があることを意味しています。


共有オブジェクトを含むトランザクションは、コンセンサスプロトコルに送信する前に、わずかなオーバーヘッド(2つの余分なラウンドトリップを追加する、Suiゲートウェイサービスを使用して適切に接続されたクライアントの場合は200ミリ秒)を必要とします。

このオーバーヘッドは、上記の2つのプロトコルを安全に構成するために必要です。

他のブロックチェーンは、代わりにトランザクションをコンセンサスプロトコルに直接送信できます。

このオーバーヘッドがあっても、共有オブジェクトトランザクションのファイナリティは2〜3秒の範囲にあることに注意してください。


Suiで効率的なシンクロナイザーを構築することは、従来のブロックチェーンよりも困難です。

シンクロナイザープロトコルにより、バリデーターはデータを共有することで相互に更新でき、低速のバリデーターが追いつくことができます。

従来のブロックチェーンの効率的なシンクロナイザーを構築sルウおんは簡単亜ことではありませんが、それでもSuiよりも簡単です。

単純なケースでの順次書き込み

従来のブロックチェーンは、全てのクライアントトランザクションを相互に完全に順序付けます。

この設計では、バリデーター全体でコンセンサスに達する必要があり、これは効果的ですが時間がかかります。


Suiは多くのトランザクションのコンセンサスを放棄して、レイテンシを短縮します。

このように、Suiはマルチレーン処理を可能にし、ヘッドオブラインブロッキングを排除します。

他の全てのトランザクションは、1つのレーンで最初のトランザクションのインクリメントが完了するまで待機する必要がなくなりました。

Suiは、トランザクションごとに適切な幅のレーンを提供します。

単純なトランザクションでは、送信者のアカウントを表示するだけで済みます。

これにより、システムのキャパシティが大幅に向上します。


これらの欄順なトランザクションの送信側でヘッドオブラインブロッキングを許可することの欠点は、送信側が一度に1つのトランザクションしか送信できないことです。

その結果、トランザクションが迅速に終了することが不可欠です。

複雑な合計クエリ

Suiは、常にトランザクションの完全な順序を課すとは限らないため、従来のブロックチェーンよりも合計クエリを難しくする可能性があります。

ローカル読み取りに関して合計クエリはかなり稀ですが、一部のシナリオでは役立ちます。

例えば、新しいバリデーターがネットワークに参加し、全体の状態をディスクにダウンロードする必要がある場合や、監査人がブロックチェーン全体を監査したい場合などです。


Suiはこれをチェックポイントで軽減します。

認証されたトランザクションの結果、ブロックチェーンに増分が追加されるたびにチャックポイントが確立されます。

チェックポイントは、プログラムを完全に実行する前の状態を保存し、選好書き込みログのように機能します。

そのプログラムの呼び出しは、ブロックチェーンのスマートコントラクトを表します。

チェックポイントには、トランザクションだけでなく、トランザクションの前後のブロックチェーンの状態へのコミットメントも含まれます。


Suiは、エポック変更時に到達する状態コミットメントを使用します。

Suiは、複数のバリデーターからの単一の解答を必要とし、アクセサリプロトコルを活用して、ブロックチェーンの状態を表すハッシュを導出します。

このプロトコルは帯域幅をほとんど消費せず、トランザクションの取り込みを防げません。

バリデーターは、エポックが変わるたびにチェックポイントを生成します。

Suiでは、バリデーターがチェックポイントをさらに頻繁に生成する必要もあります。

そのため、ユーザーはこれらのチェックポイントを使用してブロックチェーンを監査することができます。

投資における将来性・まとめ

2022年現在、Move言語を用いているSuiやAptosが、ネクストSolana(詳細→【 ソラナ(Solana)とは 】イーサリアムの強い強豪)になる可能性があるということで話題になっています。

それだけ多様性が広がっているMove言語です。

特にAptos(詳細→仮想通貨【 Aptosとは 】必要知識まとめ)はSolanaの開発者やマーケティング担当者が移動し他ため注目されています。


現在はMove言語を用いる仮想通貨の数は少ないですが、増加していく可能性があります。

その時にどの仮想通貨が優位性があるかを見極めましょう。

そしてどれもまだ開発段階のため、計画通りに実行できているか、新たな問題が発生していないかを確認していく必要があります。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました