仮想通貨【 LiteCoin(ライトコイン)とは 】歴史・目的・システム・将来性まで分かりやすく解説

今回は、仮想通貨の「LiteCoin(ライトコイン)」についての解説をします。

スポンサーリンク

LiteCoin(ライトコイン)とは

LiteCoinとは、チャーリー・リー氏によって2011年に開発された仮想通貨です。

チャーリー・リー氏は元Googleのエンジニアでした。

トークンは「LTC」です。


現在(20202年2月)では、ライトコインの時価総額は8800億円にまでのぼり、仮想通貨全体時価総額ランキング21位です。

非常に大きな時価総額になっています。

ライトコインの歴史・目的

2011年にライトコインが公開され、運用が開始されました。

当時の目標は、デジタルゴールドと言われるビットコインに続く仮想通貨になることでした。

そのためデジタルシルバーの存在を確立させたいという目標があります。

ライトコインのシステム

分散管理

ライトコインの基本的なシステムはビットコインと同様です。

ライトコインはオープンソースでブロックチェーンを用いた分散管理が行われてています。

POW

ライトコインはPOW(Proof of Work)を採用しています。

POWの詳細→仮想通貨における【 POW・POSの違い 】どちらが良い?


そのためマイニングのための電気消費量がかかり、環境にとって宜しいとは言い難いです。

発行枚数に上限あり

ライトコインは8400万枚という発行枚数の上限が決まっています。

発行枚数に上限があるため、供給が増加しすぎることはありません。

すると価格が上昇しやすくなります。

半減期

ライトコインは、発行枚数が4年ごとに半減されます。

これを半減期と言います。


2011年・・・50LTC

2015年・・・25LTC

2019年・・・12.5LTC

と、4年ごとに半減期を迎えています。


半減期を迎えるとその仮想通貨の希少性が増し、価格が上昇する事が多いです。

ライトコインの将来性

ライトコインは処理速度の高速化、手数料の減額などに力を入れています。

また4年おきに半減期があることや発行枚数に上限もあるため、希少性を理由に価格が上昇する可能性があります。

それはユーザーにとってとても便利になりますが、POWのシステムを採用しているためビットコイン同様、ライトコインの時価総額が大きくなればなるほど問題視されてしまうリスクもあります。

詳細→【 多くの人々がビットコインの環境汚染問題を知ったきっかけ 】テスラ社のビットコイン売却&決済の停止

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました