仮想通貨【 Hederaとは 】特徴・投資における将来性まで解説

今 回は、仮想通貨「Hedera」について解説します。

Hederaとは・特徴・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Hederaとは

Hederaとは、インターネットのトラストレイヤーと称される「Hedera Hashgraph」という個人や企業が強力な分散型アプリケーション(DApps)を作成することができるようにするためのパブリックネットワーク上の仮想通貨です。

トークンは「HBAR」です。


Hedera Hashgraphは、従来のブロックチェーンベースのプラットフォームが直面していたパフォーマンスの低下や不安定さなどの制限を解消し、より公平で効率的なシステムになるように設計されています。


HBARは2018年のICO(仮想通貨における【 ICOとは 】歴史・機能・条件・規制・リスク/IPO・IEOとの違いまで解説)で資金調達し、2019年に初めてメインネットへのオープンアクセスを開始しました。

ICOの一環として、投資家はこのプラットフォームのネイティブ・ユーティリティ・トークンを可能な限り低価格で購入することができました。


HBARは、パブリックネットワーク内で2つの役割を持っています。

①スマートコントラクト(【 スマートコントラクトとは 】Defi)・ファイルストレージ・通常の取引など、Hederaのサービスを動かす燃料としての役割

②ユーザーはトークンをステークしてプラットフォームの完全性を維持することができるため、ネットワークの安全性確保としての役割


Hederaの公式ホームページはこちらです。

Hello future | Hedera
The trust layer of the internet is here

Hederaの特徴

処理速度が速い・手数料が安い

Hederaの取引手数料は約0.0001米ドルです。

また、処理速度は約5秒以内に処理が完了します。

※混雑具合によって変化することがあります。


他の仮想通貨と比較すると非常に早くて安いことが分かりますね。

これにより、速度・コスト・拡張性などのさまざまな分野で多くのブロックチェーンベースの代替品を改善することができます。

Hashgraph(分散型台帳技術)

Hedera Hashgraphは、他の仮想通貨プラットフォームと異なり、ブロックチェーン上に構築されていません。

Hashgraphという新しいタイプの分散型台帳を導入しています。

Hashfraphのネットワークサービスは下記です。

・ユーザーが数行のコードで簡単にHedera上でファンじぶるトークンとノンファンジブルトークン(NFT)の両方を設定し、ミントすることができるトークンサービス

・安全で検証可能なログを必要とするあらゆるアプリケーションやネットワークのトラストレイヤーとして機能するコンセンサスサービス

・開発者が強力で効率的な分散型アプリケーションを構築するためのスマートコントラクトサービス

・削除証明・制御された変異性・時間ベースのファイル失効などの機能を備えた分散型のファイルストレージサービス

新型コロナウイルスのワクチン管理に利用される

Hederaは、イギリスで新型コロナウイルスのワクチン管理に用いられました。

正確・低コスト・速い処理速度が評価された結果、採用されました。

実際、医療関係に用いられるということは凄いことです。

投資における将来性・まとめ

Hederaは新型コロナワクチンの管理に用いられたことで話題になりましたね。

また、Hedera Hashgraphが新しい形の分散型台帳ということが最大の特徴です。

これは、他の仮想通貨のプラットフォームと比較して非常に珍しいため、珍しいというだけで優位性があります。

競合が少ないからですね。

今後もこのようなHashgraphシステムが増加してしまったら分かりませんが、既にワクチン管理に用いられて成功しているため、今後も医療関係で用いられることが期待されますね。

このように医療関係に用いられることは素晴らしいことですね。

そして医療関係で続々と利用されるようになると、HBARの価値は相当上昇していくでしょうね。

採用され次第ですが、今後も情報を追っていきましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました