【 Yearn.finance(YFI)とは 】 創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Yean.finance」について解説します。

創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

Yean.financeとは

Yean.financeとは、分散型金融(DeFi)投資家の集約サービスで、イールドファーミングによる利益収束を自動化することにより、利益収集の最大化を目指すプラットフォームです。

※DeFiとは→【 DeFi(分散型金融)とは 】分かりやすく解説

※イールドファーミングとは→仮想通貨における【 イールドファーミングとは 】分かりやすく解説

目標は、技術の部分にあまり関心のない、熱心なトレーダーではない投資家のために、拡大し続けるDeFIスペースをより簡素化することです。

202年にローンチされたこのサービスは、旧称iEarnとして知られていました。

しかし新製品がデビューし、社内トークンYFIをリリースしたこともあり、急成長を遂げました。


Yearn.financeの公式ホームページはこちらです。

Yearn Finance
DeFi made simple.

Yean.financeの創設者

Yean.financeは、Andre Cronje氏による発案です。

202年にiEarnプロジェクトを離れた後、Cronje氏は、新しいツールが登場して、YFIが生配信されたサービスの生まれ変わりを見届けるために復帰しました。

それ以来、2020年時点でロックされた総資産は10億ドルを超えています。

Cronje氏は仮想通貨業界で長い経歴を持ち、特にDeFi分野においての権威として知られています。

また、スマートコントラクトエコシステムのFantomと新規仮想通貨公開(ICO)としました。

※ICOとは→仮想通貨における【 ICOとは 】歴史・機能・条件・規制・リスク/IPO・IEOとの違いまで解説

そしれ彼は、仮想通貨メディアに特化したリソースCrypto Briefingでも役職についています。

特徴

DeFiプロトコルの集約

Yean.financeは、より広範な投資家のためにイールドファーミングなどのDeFi投資とその活動を簡素化するために創設されました。

このプラットフォームは、

・Curve

・Compound(詳細→【 Compound(COMP)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

・Aave(詳細→仮想通貨【 Aave(AAVE)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性についても解説

などのDeFiプロトコルの集約者として、さまざまなツールを使用し、可能な限り高額な利回りを提供しようとしています。

そしてプラットフォームの長期的な価値を維持するために、常に新機能がリリースされ続けています。

Yean.financeは2020年に0.5%の出金手数料・5%のガス補助金を請求することにより利益を上げています。

ガバナンスモデル

ガバナンスモデルを採用しています。

そのためこれらはコンセンサスによっていつでも変更できます。

そのためYFIはガバナンス特権(詳細→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説)もあります。

Yean.financeのターゲット市場は、ますます複雑化するDeFi現象をゼロから研究する時間のない投資家、またはリターンを最適化したい投資家です。

悪意あるユーザーが原因での損失リスク

Yean.financeユーザーには、知識のないユーザーから利益を得ようとする悪意のあるユーザーが原因で損失が発生するリスクがあります。

Cronje氏は、コード監査の後でさえ、Yean.financeが100%安全であるということを保証できないということを表明しています。

そのためプラットフォームの透明性を維持することに努めています。

供給量

YFIは、30,000コインの固定供給で定められています。

2020年のローンチ時にブレマインはなく、開発者は開始資金を受け取りませんでした。

発売時のそう供給量は0YFIでした。

それ以来、キャップされた供給量の大部分は流通するようになりました。


そしてYFIは、単位当たりBitcoinよりも高単価となった最初の仮想通貨という過去を持っています。

上場している仮想通貨取引所

YFIは次の仮想通貨取引所に上場しています。

・Binance

・Coinbase

・FTX

・KuCoin

投資における将来性

ヤーンファイナンスのプラットフォームを利用する際には、創設者も述べているように、悪意のあるユーザーによる損失リスクが常にあるということに注意しましょう。

創設者は、Yean.financeが100%安全であることを保証できないと明言していますが、これは逆に誠実かなと思いました。

何事鬼も100%はないし、むしろそのプラットフォームの欠点を把握し、注意を呼びかけている方が大きな問題になりづらいと考えられます。


なぜなら、2022年のステーブルコイン(詳細→【 ステーブルコインとは 】仮想通貨・Defi)の価格が下落する事件に関しては、

ステーブルコインは1:1でドルと交換できるという価値づけが当たり前になっている頃に起きたまさかの事態だったため、本当に何が起こるか分かりません。


そのため、仮想通貨にも限らないですが、どのプラットフォームを利用するにしても、事前にリスクを挙げておき、すぐに対処できるようにしておきましょう。


また、ヤーンファイナンスのYFIに関しては、このプラットフォームのユーザーや利益が増加し続けているうちは価格が上がる可能性がありますが、

その逆になった場合は価格が下がる可能性があります。

そのため、YFIに関しては、ヤーンファイナンスの需要と外部での使用用途次第になります。

ただし、外部での使用用途を増加させることは、ヤーンファイナンスの信頼性も必要になるし、かなり何度が高いということも覚えておきましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました