【 Wrapped Bitcoinとは 】分かりやすく解説・WETHも含めてまとめ

今回は、「Wrapped Bitcoin(WBTC」について解説します。

スポンサーリンク

Wrapped Bitcoinとは

Wrapped Bitcoinとは、「ERC20上のビットコイン」です。

Wrappedとは英語で、「包まれる」という意味です。

その言葉通り、包まれた(ネットワークを他のものに包んでいるイメージ)ビットコインということになります。


トークンは「WBTC」です。

BTCとWBTCは同等の価値のため、1:1でトレードする事ができます。

WBTCの必要性・流れの例

仮想通貨は、ネットワーク(ERC20・BTC・BSCなど)が異なると送れません。

そのため、仮想通貨を入出金させるためにはネットワークを合わせる必要があります。

また、送付先がそのネットワークに対応していないと仮想通貨は無事に送れないため、ネットワークは非常に重要です。


例えばビットコインはBTS上やBSC上でしか送れませんが、ERC20のネットワークで送りたい場合はビットコイン自体を変える必要があります。

つまりそのままのBTCでは送れないため、ここでWarapped Bitcoinにしてから送るのです。

(ERC20しか対応していないDEXなども存在するからです。)


そのため、BTCをERC20のネットワークで送る場合は、

BTCをWBTCにトレードしてからERC20のネットワークで送るという流れになります。

その他の例

EBTCだけでなく、WETHというイーサリアムバージョンも存在します。

例えば、RONというDEXにおいては、ETHが「WETH」に変換されます。

Ronin WalletというウォレットにETHを送ると、ETHがWTHに自動的に変換されます。

詳細→【 ロニンDEXの詳細 】内容・市場の反応・予測されること

このように自動的に変換される場合は良いのですが、そのような機能がない場合は自身でETHからWTHに変換する必要があります。

まとめ

WBTCの時価総額も上昇しており、時価総額ランキング16位となりました。(2022年2月現在)

詳細→https://www.coingecko.com/

仮想通貨はその種類によって使用できるネットワークが異なるため、仮想通貨の使用頻度が上がるにつれて今後も「Wrapped」された仮想通貨は増加していくのではないでしょうか。


どんどん便利になっていきますね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました