【 Serum(SRM)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Serum(SRM)」について解説します。

Serum(SRM)とは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明していきます。

スポンサーリンク

Serum(SRM)とは

Serum(SRM)とは、分散型取引所かつ、分散型金融に高速性と低取引コストをもたらすエコシステム(DeFi)です。

Serumは、現在のDeFiに存在する、不完全な分散化による脆弱性を解消するために作られました。

そのためSerumは完全に分散化されています。

KYC(顧客確認)の要件のない、非力カストディアンの取引所で運営されています。


パーミッションレスで、Solanaブロックチェーンに構築されています。

また、クロスチェーン取引をサポートしています。

Solanaは、1秒間に5万件の取引が可能なウェブスケールのブロックチェーンです。

これは、SHA265はアッシュチェーンという検証可能な遅延関数によって実現されています。

そのため、楽観的平衡処理制御を可能にしています。


Serumの公式ホームページはこちらです。

Home | Serum
Serum is a decentralized exchange (DEX) and ecosystem that brings unprecedented speed and low transaction costs to decentralized finance. It is built on Solana ...

創設者

Serumは、Sam Bankman -Fried氏が共同で設立した会社です。

また、仮想通貨デリバティブ取引所である「FTX」のCEOです。

アルゴリズム取引を人合う会社Alameda Reseachの共同設立者でもあります。


Bankman ~Fried氏は、マサチューセッツ工科大学を卒知行し、物理学の学士号を取得しました。

その後、The Centre for Effective Altruismの開発ディレクターや、Jane Stree社のトレーダーとして勤めてい他こともあります。

特徴

Serum上のユーティリティトークンかつガバナンストークン

SRMは、Serumのエコシステム上で使用されるユーティリティトークンです。

※ユーティリティトークンとは→仮想通貨における【 ユーティリティトークンとは 】分かりやすく解説

そのクロスチェーンスワッププロトコルにより、ユーザーはブロックチェーン間で信頼性の高い方法で資産を交換することができます。

Serumでは、トレーダーが各注文を完全にコントロールできる分散型の自動フルリミット注文台帳を提供しています。

また、SRMは、Serum社のガバナンストークンです。

※ガバナンストークンとは→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説

イーサリアムとソラナの統合

イーサリアムとソラナの完全な統合により、Serumはより高速でより効率的になり、ERC2-トークンとの相互運用が可能になりました。

物理的に決済されるクロスチェーン契約により、合成資産に対するDeFiのマージンポジションを容易に取ることができます。

Serumでは、分散型台帳技術(DLT)の主な検証期間を介したトラストレスブリッジを使用しています。

SerumBTCは、BitcoinのERC20またはSolanaベースのトークンを生成するためのモデルです。

SerumUSDは、分散型のUSDペッグされたステーブルコインを生成するためのモデルです。

ステーキング

ステーキングの報酬は、オンチェーンでの重要なアクションを考慮したノードのパフォーマンスに基づいて分配されます。

※ステーキングとは→【 Defiステーキングとは 】分かりやすく解説

具体的には、クロスチェーン決済の検証のためにブロックチェーンの履歴を提供するなどです。

また、ユーザーは他のノードに向けてステークすることもできます。

ノードのステーキング量の一部がリーダーに支払われ、全てのノードがステーキングの結果を受け取ります。

これらの報酬は、ノードの任務に生産的に参加することによって増加します。

供給量

Serum(SRM)の最大供給量は、50,000,000SRMです。

上場している仮想通貨取引所

SRMは、次の仮想通貨取引所に上場しています。

・Binance

・Gate.io

・FTX

など

投資における将来性

Serumは、DeFiかつDeFiに高速性と低額手数料をもたらすエコシステムということです。


DeFiのジャンルは、競合が仮想通貨時価総額ランキング200位までの中に非常に多く存在します。

そのため、競合の中でも秀でている特徴があると良いですね。


クロスチェーンも、他のDeFiプラットフォームでもできる場合が多いため、強固な特徴がもっとあると良いですね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました