【 Proof of Authority(PoA)とは 】PoW・PoSとも比較して分かりやすく解説

今回は、仮想通貨における「Proof of Authority」について解説します。

スポンサーリンク

Proof of Authority(PoA)とは

Proof of Authority(PoA)とは、代替のコンセンサスアルゴリズムの1種です。

既知の信頼できるバリデーターに依存してブロックを生成し、ネットワークに計算能力を提供します。

アイデンティティをかけたビザンチンフォールトトレランス(BFT)アルゴリズムを使用して、高速なトランザクションを可能にします。

.
PoAは本質的に閉鎖的であり、一般ユーザーの参加を必要としない独自のチェーンを構築したい企業または民間組織を対象としています。

PoAを実行しているネットワークは許可されており、PoS(仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?)同様マイニングは必要ありません。


ネットワーク参加者は、同じIDで複数のノードを実行することができます。

このタイプのコンセンサスアルゴリズムはリソースを大量に消費しませんが、ノードの生合成を維持するためにバリデーターが必要になります。

これは、ユーザーのアイデンティティと評判が危機に陥るため、ネットワークの適切な機能に従って正直に行動するインセンティブを提供します。

更に、これらの種類のネットワークは注目すべき変更を加えて、イーサリアムなどの既存のパブリックブロックチェーンから設計と動作モードを借用することができます。

PoAのシステム詳細

PoAコンセンサスアルゴリズムはIDの価値を活用します。

つまり、ブロックバリデーターはコインを賭けるのではなく、代わりに独自の評判を獲得します。

したがって、PoAブロックチェーンは信頼できるエンティティとして任意に選択された検証ノードによって保護されます。

PoAモデルは、限られた数のブロックバリデーターに依存しています。

これが非常にスケーラブルなシステムになっているのです。

ブロックとトランザクションは、システムのモデレーターとして機能する事前承認された参加者によって検証されます。

PoAコンセンサスアルゴリズムは様々なシナリオで適用でき、ロジスティクスアプリケーションにとって価値の高いオプションとされています。

例えばサプライチェーン(詳細→仮想通貨における【 サプライチェーンとは 】分かりやすく解説)に関しては、PoAは効果的で合理的なソリューションとされています。


PoAは、VeChain(詳細→仮想通貨【 VeChainとは 】創設者・特徴・供給量・コンセンサスアルゴリズム・投資における将来性まで解説)でも採用されています。

PoAの3つ条件

PoAには、次の3つの条件を満たす必要があります。

①バリデーターのテーン上の正式な識別

②組織との関係や評判の良さ等を含むがこれらに限定されない特定の基準に基づく適格性

③ブロックの作成とネットワークでの検証に必要な定義済みの手順への完全な準拠


PoW・PoSと比較

1秒あたりのトランザクション量に関しては、PoWはビットコインよりも優れたパフォーマンスを示します。

ただし違いはそれほど重要ではなく、PoSはスケーラビリティの問題(詳細→仮想通貨における【 スケーラビリティ問題とは 】分かりやすく解説)を実際に解決できませんでした。

これに対してPoAは、1秒あたりのトランザクション数を大幅に増やすことができるため、より効率的な代替え手段として実装されています。


PoAは、コインの代わりにIDを活用するようにしたPoSと考えられています。

ほとんどのブロックチェーンネットワークは分散型であるため、PoS
はすべての企業に適しているとは限りません。

対照的にPoAシステムは、パフォーマンスがかなり高いため、プライベートブロックチェーンに適したソリューションとなる可能性があります。


※Proof of Partisipationとの違いについてはこちら→【 Proof of Participation(PoP)とは 】特徴まで解説

VeChain(VET)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
最新のVeChain(VET)価格、時価総額、取引可能な通貨ペア、チャート、データを世界No.1の仮想通貨価格追跡ウェブサイトから入手しましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました