【 Audiusの詳細 】詳細知識まとめ

今回は、「Audius」に関する必要知識をまとめました。

スポンサーリンク

Audiusとは

Audiusとは、分散型ミュージックストリームです。

概要はこちらをご覧ください。→【 Audius(AUDIO)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説


公式ホームページはこちらです。

Audius
Decentralized Audio Distribution, Attribution & Monetization


アプリの無料登録はこちらです。

Audius - Empowering Creators
Audius is a music streaming and sharing platform that puts power back into the hands of content creators.

背景

音楽の想像と流通は、この数十年の間にテクノロジーによって劇的に変化しました。

この20年間、テクノロジーは音楽の想像と流通を劇的に変化させました。

音楽制作は、プロデューサー・オーディオ・エンジニアのチームを必要とせず、寝室で誰でも安価なソフトウェアを使って始めることができます。

同様に、音楽を流通させるには、物理的なレコードを生成する工場やそれらの公理関係が必要ではなくなりました。

音楽プラットフォームは、アーティストが自分達の音楽を配信することを可能にしました。

音楽プラットフォームによって、アーティストが自分の音楽を配信できるようになったのです。

デジタル配信の時代には不要となりましたが、レコード音楽の黎明期に形成された仲介者・仲買人のネットワークは、現在も続いています。

アーティストやキュレーターの背中を押すことで、価値の伝達と発生を実現させます。

価値の移転と蓄積の仕組みは、まだほとんど解明されていません。


2017年の音楽業界の収益は430億ドルでしたが、そのうちアーティストに渡ったのはわずか12%でした。

比較のポイントとして、NFLの選手は少なくとも以下のものを獲得しています。そしてNBAの選手は49〜51%を占めています。

中央集権的なユーザー成長型音楽配信プラットフォームは、レガシーミュージックの影響に屈しています。

レガシー機関の影響に屈し、持続可能がビジネス・モデルを見つけるのに苦労しています。

既存の組織がアーティストの労働の報酬を得ているからです。

現在の問題点

アーティストやファンが直面しているいくつかの具体的な問題を目の当たりにしています。

具体的な課題は下記です。

①アーティストのギャラの出所(再生回数・場所・ギャラ前の総支払額)についての透明性が低い

②コンテンツの所有権に関するデータが不完全なため、アーティストが報酬を受け取れないことが多い代わりに、収益がデジタル・サービス・プロバイダー(DSP)・権利協会に蓄積される

③仲介業者が何重にも存在し、アーティストへの支払いに多大な時間がかかる

④出版権は複雑で不透明であり、業界には権利データを公開し、正確なものにするインセンティブがない

⑤リミックス・カバー・その他の派生コンテンツは、権利管理の問題からほとんど検閲されている

⑥ライセンスの問題で、DSPやコンテンツが全世界でアクセスできない

Audiusプロジェクト

これらの問題を解決する方法として、Audiusプロジェクトを提案します。

Audiusプロジェクトの使命は、誰もが自由に配信・収益化・ストリーミングができるようにすることです。


Audiusのプロトコルは、アーティスト・ノードオペレーター・ファンを、インセンティブを伴った形で結びつけます。

高品質なオーディオストリーミングを提供することができます。

①ユーザーは、ネットワークにどれだけの価値を生み出したかに比例して報酬を受けるべきである

②アーティストはファンと直接関わり、取引を行うべき

③ガバナンスの力は、Audiusで価値を創造することによって獲得され、プロトコルに貢献するユーザーグループ間で一貫して共有されるべき

④参加者の価格と収益は、一貫性があり、予測可能で、透明であるべき

⑤アクセスは民主化されるべき(Protocolのルールにしがたエバ、誰でもAudiusに貢献することができ、全ての情報は一般に公開される)

⑥仲介業者は可能な限り排除する(必要であれば、アルゴリズムによる透明性の高い、検証可能な精度の高い仲介を行う)


Audiusプロトコルは、アーティスト・ファン・ノードオペレーターが、集中型インフラストラクチャを使用せずに、高品質のエンドユーザーストリーミング体験を提供することができます。

このプロトコルは、以下の5つの要素で構成され、コンポーネントが連動して動作します。

①Audiusトークン・ステーブルコイン・アーティストトークン:プラットフォーム・トークン・共有トークンエコノミーの全ての参加者のインセンティブを、「アクセス」「セキュリティ」「ガバナンス」の3つの主要な機能で調整します。

②コンテンツ・ノード:ユーザーが運営するノード・ネットワーク(アーティストに代わってコンテンツをホストし、コンテンツへのアクセスを許可するノード)

③コンテンツ台帳:Audiusプロトコル内でアクセス可能な全てのデータに対する単一の源であり、コンテンツノードによってホストされるコンテンツへの参照を固定化させる

④ディスカバリーノード:ユーザーが運営するネットワークで、Audiusコンテンツ台帳のインデックスを作成するノード(メタデータを簡単に検索できるインターフェイスを提供する)

⑤ガバナンス:Audiusを作成した人・作成している人の間でコントロールを共有し、修正・改良するための仕組み(継続的に価値を創造している人々の間でコントロールを共有する仕組み)


Audiusは、プラットフォームの成功を共有することで、ユーザーの利益に直結するプロトコルを構築しています。

プラットフォームが成功すれば、その成功は直接ユーザーの利益となるようなプロトコルを構築しています。

これらの全てのコンポをオープンソースで実装しており、現在もコミュニティによって運営されています。

このプロトコルには、エンドユーザー向けのクライアントも必要です。


ユーザーがコンテンツをアップロードし、コンテンツを発見し、ストリームし、互いにフォローし合うことができます。

プロジェクトチームは、オープンソースのリファレンスクライアント実装を作成しました。

リファレンスクライアントの実装を作成し、audius.coでホストしています。

開発者は誰でも、自分自身のクライアントを作成し、配布することができます。

クライアントも開発可能で、既に多くの開発者が参加しています。

トラクション

2019年9月のベータ版リリース以来、Audiusは現在、50万人以上の月間アクティブユーザー(MAU)、2020年10月時点で下巻100万本以上のストリームを配信しています。

Protocolの成長に関する指標は、dashboard.audius.orgを使用してリアルタイムに追跡することができます。

トークンモデル

Audiusプロトコルは、さまざまな目的を持った多くのステークホルダーによって利用されます。

これらの関係者が共通のネットワーク目標に向かって効果的に協働するためには、個人の利益とProtocolの利益を一致させる、統一されたインセンティブ構造が必要です。

Audiusプロトコルは、Audiusプラットフォームトークン($AUDIO)によって運営されており、コミュニティの支援により、サードパーティのステーブルコインやtorakuartist固有のトークンを活用して追加昨日のロックを解除していく予定です。

Audiusトークン($AUDIO)

Audiusプラットフォームトークン($AUDIO)には、以下の3つの機能があり、ステーキングによってロックが解除されます。

①セキュリティ

②機能アクセス

③ガバナンス


Audiusトークンは、付加価値サービスの担保としてステークされます。

その対価として、ステークホルダーは継続的な発行・ガバナンスの重み付け・専用機能へのアクセス権を獲得します。

Audiusトークンは、ノードオペレーターがAudiusプロトコルを実行するために出資します。

また、アーティストやキュレーターは、Audiusのプロトコルを実行するためにAudiusトークン限定機能・サービスを利用することができます。

プロトコル内でステークされた全ての$AUDIOは、ガバナンスウェイトが設定され、Protocolの将来反復を形成するために使用されます。


Audiusトークンは、アーティストが使用するツールの担保として使用され、ツールの担保にもなります。

コミュニティによってインキュベートされた初期の例としては、アーティストトークン・バッジ・収益倍増などがあります。

将来的には、ファンが特定のアーティストやキュレーターにトークンを委譲し、彼らのプラットフォームでの成長を共有することもできます。


ノード運営者は、Audiusトークンを出資して、ディスカバリーノードやコンテンツノードなどを購入する必要があります。

ファン顧客から選ばれる確率が高くなるからです。

ノードオペレーターは、$AUDIOという形でシードから直接利益を得ると同時に、背極的にシードをすることで将来的にProtocolの手数料を得る可能性もあります。

コミュニティの目標は、ガバナンスを通じて、以下のことを保証することです。

コミュニティの目標は、ガバナンスを通じて、Audiusトークンが単に最も多くトークンをステーキングしているものの積極的に参加していない人ではなく、オンチェーンメトリクスを測定値として使用することにより、常に最も付加価値の高いアクターに流れるようにすることです。

Audiusトークンの配布

Audiusトークンは、固定されたジェネシスアローケーションとガバナンスによって変更可能な継続的な発効によって配布される予定です。

継続的に発効することを選択した理由は、ネットワークの成長と新しいアクターとその相対的な貢献によって、ネットワークの成長を継続的に調整するためです。

コミュニティが適切と判断した場合、継続的なトークン発行の一部は、Protocolの最もアクティブなユーザーに割り当てられる予定です。

プラットフォーム指標に基づいて決定され、Protocolの最もアクティブなユーザーに割り当てられます。

また、発見性という形で様々な貢献があります。

この最初の供給と発行のスケジュールに関する詳細については、Audiusトークンがメインネットにリリースされた時点で、別の仕様書に記載される予定です。

ステーブルコインによる支払い

将来、Audiusコミュニティは、有料コンテンツをアンロックするために、サードパーティの安定コインを活用することを選択するかもしれません。

これらのトークンは価格が安定しており、安定したアカウント単位を提供します。

アーティスト・ファン・ノードオペレーターが価格変動を心配することなくAudiusの経済に参加できるよう、安定したアカウント単位を提供します。

ステーブルコインは分割可能で、自由に譲渡できるため、分割性の高いマイクロペイメントが可能です。

これにより、アーティストが独自のレートを設定したり、ファンが少額の支払いを行うことが容易になります。

Protocolの手数料は、アーティストへのファンからの支払いを含む安定したコインの取引のパーセンテージとして捕捉されるかもしれません。

これらの手数料は、Audiusトークン所有者が管理するプールに集約されます。

アーティストトークン

プロジェクトチームは、アーティストトークンの配布を通じて、アーティストがコミュニティにより深く関わるための直接的なメカニズムをAudiusに提供することも想定しています。

アーティストは、Audiusを通じてユニークなトークンを直接配布することができます。

そのトークンを保有するファンは、限定コンテンツにアクセスすることができます。

アーティストトークンは、配布ツールにアクセスするためにAudiusトークンを出資し、Audiusの担当者から以下のようなサポートを受けることができます。

Audiusを通じてアーティストトークンをルーティングするアーティストは、以下のメリットを得られます。

アーティストのディスコグラフィーに合わせてカスタマイズされた配信を受けることができます。

アーティストトークンが配布される際、アーティストを使用し続けるには、$AUDIOのボンドを維持する必要があります。

この出資は、アーティストがトークンの配布と維持に積極的であることを保証します。

ファンには、アーティストがこのゲームに参加しているという安心感を与えることができます。

トークンが配布されると、請求された全てのアーティストのトークンの一部がプロトコルに集められます。

アーティストのトークン請求の一部は、プロトコルによって収集され、ガバナンスによって管理される場合があります。

アーティストトークンは、アーティストがデータ及びインタラクションを使用して適切と考える方法に応じて、ファンによって獲得されます。

そしてデータ及びインタラクションメカニクスを使用して、アーティストが適切と考える方法でファンによって獲得されます。

プロトコルでネイティブに利用可能です。

アーティストはトークンを使って、未発表のトラック・ステム・独占リミックスコンテストなど、トークンで制限されたコンテンツや体験へのアクセスを制限することができます。

Audiusは、アーティストトークンのアリゲーターとして、RollやZoraといった発行プラットフォームを通じて、アーティストトークンを提供しています。

ロール・ゾラ・ラリーなど発行プラットフォームでアーティストトークンのアリゲーターとして機能します。

どんな相互運用可能なトークンでも、プロトコルに基づいた配布メカニズムで割り当てることができます。

ガバナンスは、これらの流通経路の構造化において重要な役割を果たします。

アーティストがAudiusで独自のトークンを作成するために満たさなければならない条件とともに、これらの流通経路の構成においてガバナンスが重要な役割を果たします。

新しいトークンを作成する理由

Audiusのエコシステムにおける価値移転のために、サードパーティの安定したコインにより、マイクロペイメントがリアルタイムで行われるようになりました。

信頼できる第三者の監視なしにリアルタイムでマイクロペイメントをすることができます。

ネットワーク料金の分配・会計・回収を促進します。

ステーブルコインは米ドルと1対1で固定されており、スマートコントラクト固有の利点を備えた信頼できるアカウント単位を提供します。

スマートコントラクトのコンポーザビリティという固有の利点を備えた信頼できるアカウント単位です。

Audiusトークンは、ガバナンスと財務的インセンティブを調整するために存在します。

Protocolの利用を増加させ、長期的なProtocolの価値を創造するためのインセンティブを提供します。

束なんすに参加することで、ノードオペレーター・アーティスト・ユーザーとしてガバナンスに参加することで、ステイカーは将来の発効に対する権利を獲得することができます。

また、不可解tの高いアクターがProtocolの使用量を増加させ、Audiusトークンに需要を戻すインセンティブを与え、Audiusトークンへの需要を喚起します。

アーティストトークンのような拡張可能なアセットを含めることで、Audiusは積極的な役割を果たすことができます。

拡張可能なアセットを含めることで、Audiusはトークン・ツーリング・ツールなどを再作成する必要がありません。

コンテンツノード

コンテンツノードは、Audiusのコンテンツとメタデータの可用性を、Audiusのネイティブ拡張機能であるAudSP上で維持します。

これらのノードは、ノードオペレータによって運営することができます。

これらのノードは、アクティブなネットワークの利害関係者と共にノードオペレータによって運営され、継続的なAudiusトークン発行と集約された料金プールの一部を獲得する機会を与えるか、またはアーティストが運営することができます。

デフォルトでは、アーティストのクライアントは、アーティストに代わって自動的にコンテンツの可用性を維持するために、これらのノードのセットを選択して、アーティストに代わって自動的にコンテンツの可用性を維持します。

アーティストの大半は、このプロセスについて知る必要はありません。

Audiusのサードパーティネットワークに依存する場合、Audiusコンテンツ・ノードのサードパーティネットワークに依存する場合、最初のノードを選択した後このセットは自動的に進化し、オフラインになったり利用できなくなった古いノードが新しいノードに置き換わります。

オフラインになったり、利用できなくなったりすると、新しいノードに置き換わります。

ただし、アーティストが選択した場合は、代わりにセルフホストノードを選択してコンテンツをホストすることができます。

実行することにより、アーティストはより高度なコンテンツ配信の制御が可能になります。

プロトコルにないカスタムのアクセス許可拡張を可能にすることで、コンテンツ暗号キーの制御を、自分達が管理するインフラで行うことができます。


アーティストが選出プロセスやセルフホスティングプロセスを満たせなかった場合、そのコンテンツはネットワークの参加者から検索できなくなります。

AudSP:分散型ストレージプロトコル

Audiusプロトコルで配布されるファイルは、高可用性・独立した検証可能性・分散型である必要があります。

これらの原則は、Audiusプロトコルの全てのユーザーが民主的に参加し、アクセスできるようにするための鍵です。

この原則は、Audiusプロトコルの全てのユーザーが民主的に参加し、アクセスできるようにするための鍵です。

アーティストは自分のトラックとメタデータを共有します。


ノードの運営者は、このプロトコルを介してより長い情報を共有することになります。

このプロトコルのファイルへの参照は、Audiusコンテンツ台帳に記録されます。

更に、ストレージプロトコルは既存の集中型ソリューションと同等のユーザーエクスペリエンスを提供し、ネットワーク需要の増加に応じて効率的に拡張できることを提供sルウ必要があります。

そのために、私たちはAudiusネットワーク用の分散型ストレージソリューションであるAudSPを提案します。

InterP;anetary File SystemをベースにしたAudiusの分散型ストレージソリューションです。

IPFSは、モジュール式オブジェクトレベルの暗号化・グローバルな配布機能・安全なコンテンツアドレス指定・オブジェクトの普遍性などを実現します。

安全なコンテンツ・アドレッシング・オブジェクトの不変性・Audiusプロトコルで保存されたファイルの高可用性を確保するため、AudSPは、ユーザーに対して掛け金のベースのインセンティブ構造を提供します。

ネットワークコンテンツをホストするユーザーに対して、ステーキングに基づくインセンティブ構造を提供します。

この図は、コンテンツノードとプロトコル参加者の相互作用の図です。

Audiusコンテンツ台帳に保存されているファイル参照と関連するメタデータは、IPLDリンクとなります。

Audiusコンテンツ台帳に保存されているファイル参照と関連sるうメタデータは、IPLDリンクになります。

分散型ストレージ市場の成熟に伴い、Audiusプロトコルのような他のストレージソリューションを含むように拡張される可能性があります。

アップロードの流れ

Audiusで楽曲を配信するためには、アーティストは以下に同意する必要があります。

①トラックを一定の長さのセグメントにスライス

②ローカルで暗号化する(コンテンツが許可されている場合)

③これらの暗号化されたセグメント・暗号キー・必要なメタデータをアップロードする


コンテンツ・ノードは次にコンテンツとメタデータをAUdSPに公開し、メタデータのIPLDリンクを生成します。

アーティストクライアントは、新しいトランザクションを通じてAudiusコンテンツ台帳に追加します。

ネットワーク上の発見ノードが新しいコンテンツにインデックスをつけ、より広範な発見と利用を可能にするように促します。

コンテンツのパーミッション

コンテンツの可用性を維持するだけでなく、コンテンツノードは、コンテンツへのアクセスを許可する責任も負います。

Audiusのコンテンツ許可システムの目的は次のとおりです。

①全ての関係者にとって透過的であること

②全ての取引におけるコストと時間の効率性

③柔軟性があり、複数のストリーミングモデルに対応可能であること

④きめ細やかな対応:可能な限り、提供されたサービスに対して、ユーザー同士が直接即座に支払いを行う


④のアップロードフローで説明したように、コンテンツが許可されている場合、アーティストのクライアントはアップゴード時にコンテンツの暗号鍵を生成し、その暗号鍵はコンテンツノードと共有・管理されます。

AudSPのおかげで、選ばれたコンテンツノードが利用可能にしている暗号化コンテンツを誰でも取得することができるようになりました。

プロキシ再暗号化は、コンテンツノードが選択的に鍵を発行することを可能にするものです。

プロキシ再暗号化

楽曲のストリーミングを開始する時、ファンのクライアントは以下のようなクエストを行います。

アーティストの選択したコンテンツノードの1つに対してリクエストを行います。

必要であれば支払いや他の照明も含めて、アーティストの選択したコンテンツノードの1つに対してプロキシ再暗号化キーは、消費されるトラックのセグメントに固有です。

このリクエストに対応するため、コンテンツノードは、以下の方法でプロキシ再暗号化キーを導出します。

プロキシ再暗号化キーは、ファンの公開ウォレットキーとリクエストsれたトラックを暗号化するために使用された秘密鍵を使って秘密鍵を使ってプロキシ再暗号化鍵を導入し、それをファンに返します。

再暗号化キーはアーティスト・ファン・セグメントに固有であるため、より大きなネットワークにトラックの内容を明らかにすることなく、安全に送信または公開されることができます。

トラックを暗号化するために使用される暗号システムにより、以下のことが可能になります。

トラックの暗号キーとファンの公開キーから得られるファン固有のプロキシ再暗号化キーの発行を可能にします。


アーティストのコンテンツノードが鍵のリクエストを処理し、指定された条件が満たされたときに新しい鍵を発行します。

トラックの暗号化キーとファンのウォレットの公開キーを混ぜて新しいキーを発行します。

暗号化されたコンテンツと暗号化キーを取得した後、ファンクライアントがローカルで暗号化されたコンテンツと再暗号化キーを取得した後、ファンクライアントは以下のようにウォレットの秘密鍵を使用してコンテンツをローカルに複合化します。


proxied = reencrypt(encrypted_content, reencryption_key)
plaintext = decrypt(proxied, wallet_privkey)

ロック解除の条件

アーティストは、コンテンツのロックを解除する能力を任意の条件と結びつけることができます。

コミュニティが選択した場合、プロトコルに固有のロック解除条件として、以下のようなものがあります。

・支払いが行われたこと

・アーティストトークンを十分に保有していること

・ノードによって証明された過去のストリーミング動作

・アーティストのフォロー

・アーティストのコンテンツを一定回数以上リポスト

・アーティストの作品を所定の回数以上ストリーミング


コンテンツノードは、ファンの要求に応じてプロキシ再暗号化キーを発行するために、指定された条件が満たす必要があります。

アーティストが自分のコンテンツノードを運営することで、適切と思われる追加的な方法でコンテンツを許可することができます。

自分のノードのソフトウェアは、新しい6階除去家モジュールを追加するために変更することができ、モジュールのテストベッドとして機能します。

コアプロトコルに組み込むためのテストベッドにもなります。

コンテンツ台帳

Audiusコンテンツ台帳は、本稿を通じてこのように呼ばれ、イーサリアム上のスマートコントラクトおよび他の将来のL1またはL2ブロックチェーンネットワーク上のスマートコントラクトを統合したものです。

L2ブロックチェーンネットワーク上のスマートコントラクトを統合したもので、Audiusのエコシステムの一部をホストしています。

※L2とは→【 Plasmaとは 】代表的なレイヤー2/システム・課題についても解説

Audiusプロトコルの異なる部分は、今後も異なるブロックチェーンベースのプラットフォーム上で実行されます。

またはオフチェーンスケーラビリティソリューションを利用し、スケーラビリティのトリレンマのトレードオフをモジュールおよびサブプロトコルごとに行うことができます。

現在、Audiusのコンテンツ台帳は以下のようなものがあります。

アクセシビリティを確保するための一貫したオーディオコンテンツとメタデータのフォーマット仕様や、アーティストがコントロールするための分散型プロセス・収益配分・コンテンツ所有権構造などです。


ノードからアップロードを生成したあと、アーティストをコンテンツ台帳に追加することができます。

Track {
owner_address
map(artistId => ownership)
metadataIPLD
… other metadata …
}
Where the linked metadata could be a JSON file structured along these lines:
{
“trackTitle”: “…”,
“segmentIpldLinks”: [“…”, “…”, …],
… other metadata …
}


このように、アーティストが楽曲の内容やメタデータを修正することができます。

変更したコンテンツをAudSPに共有し、コンテンツ台帳のメタデータIPLDリンクを更新します。

コンテンツがコンテンツ台帳に記載されると、デぃスカバリーノードによってインデックスが作成されます。

これにより、最終的にAudiusにアクセスするクライアントが簡単にクエリして発見できるようになります。

ノードレジストリ

Audiusコンテンツ台帳は、1つの源を維持します。

①ガバナンスにより管理されるAudiusで使用可能な全ての有効なバージョンのノードソフトウェア

②Audius内で到達可能な全てのノードとコンテンツノード

③それらを見つける方法(IPアドレスまたは完全修飾ドメイン名による)


クライアントが初めてAudiusに接続するとき、クライアントはこのオンチェーンレジストリを使用することができます。

このオンチェーンレジストリを使用して、ローカル状態を起動することができます。

(例:どのアカウントがアクティブなウォレットにマッピングされているかを調べる)

ソーシャル機能・ファンフィード

コンテンツ台帳は、Audius内で起きているファンとアーティストの交流の真実の中心的なソースとするコンテンツ台帳は、情報源として機能します。

ユーザーはAudius内で以下のアクションができます。

・楽曲をストリーミングする

・楽曲にいいねを押す

・ファン自身のライブラリに追加する

・他のファンやアーティストをフォローする

・新しいオリジナルコンテンツ・リポスト・プレイリストが作成された際に通知を受け取る

・コメントされたときに通知を受け取ることができる

・公開または非公開にできる


将来的には、更に多くのアクションタイプがコミュニティガバナンスで追加される予定です。

ユーザーによるアクションは、ユーザー固有のフィードに整理されます。

このフィードは、ユーザーがフォローしている他のユーザーのアクションを時間順に反映したものです。

これは、次のセクションで説明するインデックス作成機能によって可能になります。

次のセクションで説明するインデックス機能によって実現されます。

Audius内の全てのソーシャルアクションは、コンテンツ台帳に表示されます。

つまり、ユーザーはどのクライアントからAudiusに接続しても、同じソーシャルグラフを見ることができます。

ファンも、他のファンがストリーミングしているものを見ることができます。

サードパーティアカウントを構築しちえる開発者も同様です。

これにより、コンテンツ推薦システムや、AUdius開発者コミュニティのメンバーによって構築された代替クライアント体験など、様々な可能性が広がります。

トークンとガバナンス

Audiusコンテンツ台帳は、トークンエコノミーおよびAudiusガバナンスステムの本拠地でもあります。

それぞれのセクションで更に詳しく説明します。


こちらにも詳細が記載されています。→【 Audius(AUDIO)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

ディスカバリーノード

ファンがネットワーク上のコンテンツを発見するためには、そのための仕組みが必要です。

ユーザーが効率的に検索できるメタデータの索引付の仕組みが必要です。

Audiusプロジェクトの理念い基づいて、このインデックスは次のようなものでなければなりません。

・分散型であること

・ユーザー・クライアントが効率よく簡単に利用できること(アクセシビリティの促進)

・証明可能な正しさと透明性

・利益誘因の排除

・拡張性があり、Audiusコミュニティが様々なランキングや検索方法を模索できる

これらの要件は、ユーザーユーザビリティと効率性の問題から、最も分散化された選択肢を除外するものです。

ユーザビリティと効率性の問題から、最も分散化されたオプションは除外されます。

Audiusの台帳をローカルに複製し、ローカルデータセットに問い合わせます。

このセクションでは、Audiusが運用する発見のーどのクラスについて、プロトコルの概要を説明します。


ディスカバリーノードの運営者は、アクティブなネットワークステークを持つノードを登録することで、収益を得ることができます。

Audiusトークンの発行と手数料のプールの一部となります。

ファンクライアントは、コンテンツ台帳のノードレジストリを通じて、問い合わせるディスカバリーノードを選択します。


ディスカバリーノードは読み取り専用です。

クライアントはファンのフィード・プレイリスト・曲・アーティストのメタデータを取得し、Audiusエンティティのコーパスを検索し、ネットワークい関するその他のクエリを実行するために、それらを使用することができます。

ディスカバリーノードは、このセクションで説明する要件を満たしていれば、誰でもノードを登録することができます。

ディスカバリーAPIインターフェイス

Audiusは、ファーストパーティのディスカバリーAPIインターフェースを作成する予定です。

しかし、他のコミュニティメンバーは、コアAPIを拡張または修正した独自のインターフェイスを作成することが推奨されます。

このプロトコルにより、ファンはAUdiusコンテンツ台帳に登録された任意の発見APIインターフェースを選択することができます。

APIインターフェースはAudius台帳から新しいブロックをアトミック(つまりall or nothing)インデックしなければならず、全てのPIメソッドは決定論的でなければなりません。

これらの用件により、与えられたAPIインターフェースを実行する全てのディスカバリーノードが同じ問い合わせに対して同じ結果を返します。

後に説明するペナルティメカニズムには不可欠です。

将来のワーク

コミュニティがディスカバリーノードインターフェースに関するインセンティブエコノミーを生み出すことを予見しています。

インターフェイスの作成者・管理者が、そのインターフェイスを使用してノードオペレーターが得た報酬の一部を得ることができます。

ノードの報酬はまた、インセンティブを与えるためにフィールドのクエスト数に関連づけることができます。

また、ノードの報酬をリクエスト数と関連づけることもできます。

すると、より質の高いインフラストラクチャや大規模な人工雨密集地に近い場所を提供することもできます。

ガバナンス

このミッションを達成するために不可欠なのは、アーティスト・ノードオペレーター・ファンが、プロトコルの変更とアップグレードに関する意思決定を個別に、そして集団的に行えるような、分散型のガバナンスプロトコルです。


プトロコルの変更とアップグレードに関する意思決定において、アーティスト・ノード・オペレーター・ファンが個人的かつ集団的な権利を与えられます。

コミュニティが所有し運営するストリーミングプロトコルを作るという精神に基づき、これらの主要な関係者は以下のようになるべきです。

AUdiusプロトコルの基本的なパラメータを形成・修正・変更する権限を与える必要があります。

・機能の統合

・ロイヤリティ率

・トークンの配布

・手数料プールの配分

・ステーク報酬


Audiusの全ては当時可能であり、プロトコルにかけられた全てのAudiusトークンは、1トークン1票の割合で自動的に当時の重みを受けます。


Audiusの当時は、ノードオペレーターがアーティストやキュレーターと異なるという点で、両者ともAUdiusの発展に寄与しています。

ガバナンスは、技術的な提案と非技術的な提案の両方を提示し、全てのユーザーがノードを運営することなく、自分の信念を適切に表明できるようにすることを目指します。

全てのユーザーが、ノードを動かしたり、Audiusの技術スタックを深く理解したりすることなく、自分の意見を正しく伝えることができるようにします。

nオード運営者にとって、Audiusガバナンスは、分散型コンテンツストレージを強化するための重要なツールとして機能します。

コストや価値に応じて報酬を獲得・修正するための直接的なメカニズムを提供します。

ネットワーク上の他のプロバイダーのコスト・価値・コンセンサスに応じて、報酬を獲得・修正する直接的なメカニズムを提供します。


Audiusは、最も付加価値の高い事業者にガバナンスを提供します。

そうすることにより、Audiusの中心的な有権者は、将来のトークン発行・のーどオペレーターのインセンティブ・アーティストによる創造的なメカニズムの両方において直接的な役割を果たすことになるでしょう。

インセンティブ・アーティストがコミュニティにより深く関与するための創造的なメカニズムコミュニティとの関わりを深めることができます。

短縮的処理

より広範な投票なしに提案を通過させることができる短絡的なプロセスが存在します。

①緊急性を要する場合(プロトコルの着尺性が活発に利用されている場合)

②プロトコルの脆弱性をつかれた場合

など

これらの緊急性を要する場合には、その提案を拒否することができます。

この短絡的な機能は、コミュニティのマルチシグによって制御されます。


コミュニティマルチシグによって制御されます。

追加の著名者は、オープンなコミュニティガバナンスプロセスを通じて投票によって決定することができます。

コミュニテイは、いつでも投票によってガバナンスの短絡機能を削除することができます。

短絡的なマルチシグのコントローラーは、制御を放棄するときが来ても、その提案に否定権を行使しないことを約束しています。

プロジェクトチームは、この機能を削除することを意図して、ガバナンスプロセスにこの機能を追加しました。

いつ車輪を外すのが合理的かを決めるのはコミュニティです。

ノードの応答精度の確保

Audiusのコミュニティが運営するノードが返す全てのレスポンスは、オリジナルのトークンのステークに使用した秘密鍵または指定された代理人によってで署名さレます。

その時点までに組み込んだブロックのハッシュ値(発見ノードでは発見ノードの場合)またはタイムスタンプ(コンテンツノードの場合)、問い合わせに提供された入力、クエリに提供された入力、ノードのソフトウェアバージョン(公開バージョンレジストリから結果を生成するために使用している公開バージョンレジストリからのノードソフトウェア)を使用しています。
ブロックはでィスカバリーノード:でアトミックにインデックスさレます。

APIメソッドは決定論的であり、どのディスカバリーノードも同じクエリ・ブロックはっしゅ・APIインターフェースに対して、全てのディスカバリーノードが同一の結果を生成する必要があることを意味しています。

コンテンツノードはその性質上、タイムスタンプによる強力な保証を提供できません。

ディスカバリーノードがブロック番号と決定論的インデックスによって提供できるような、タイムスタンプによる強力な保証を提供することはできません。

しかしリクエストの応答とシーケンスは、証明可能な方法で動作を示すために同様の機能を提供できます。

いずれかのノードタイプが無効または不正確な結果を生成する場合、ノードがす著名された結果は、与えられたノードが与えられた結果セットを生成したことを自己完結的に証明するものです。

これらの証明書を証拠として、請求者は以下の提案をすることができます。

・ガバナンスプロセスは、不正確さが本当にあるのか

・その不正確さは過失や悪意によるものなのか

・エコシステムエラーによるものなのか


システムエラーかどうかを判断し、それに応じてのーどオペレーターのステークをスラッシュします。

削除されたトークンは、削減のインセンティブを避けるためにステークホルダーに再分配されるのではなく、バーンされます。

歴史・ロードマップ

以下に、Audiusのこれまでの歩みを紹介します。

プロトコルが所有・運営する分散型ガバナンスへの移行を頂点とするこれまでの歩みです。

ジェネシス(創世記)(2018年5月〜12月)

プロジェクトが設立されてマモまく、プロジェクトチームは、アーキテクチャの計画を詳述したAudiusホワイトペーパーの初期バージョンをリリースし、出荷しました。

更に、コントラクト・コンテンツノード・デぃスカバリーノードの最初の機能実装を出荷しました。

プライベート・アルファ(2019年1月〜7月)

プロジェクトのs閲率から6ヶ月後、プロジェクトチームは、プロトコルに関与する初期ユーザーを招待し始めました。

このフェーズでは、製品のアクセスは招待制で行われ、主要なモンdない点は次の通りです。

この段階では、製品へのアクセスは招待制で、主要な問題は管理された環境で解決されました。

サードパーティのノードオペレーターをネットワークに導入する前に問題解決しました。

この時、Audiusにアップロードされるコンテンツは全てIPFSにホストされていました。

そしてクライアントはコンテンツの初期実装と直接やりとりしていました。


Audiusクライアントはまた、Hedgehotと呼ばれる独自のWeb3ログインの仕組みも特徴的で、ユーザーは電子メールとパスワードでサインアップすることができます。

これは、メタマスクとの接続を必要とせず、電子メールとパスワードでサインアップすることができます。

この仕組みは、独立したプロジェクトとしてオープンソース化され、他の消費者向け製品がより高いセキュリティを実現できるよう支援されています。

テストネット(2019年8月〜9月)

Audiusプロトコルは、最初のサードパーティ・ノード・オペレーターをネットワークに迎え入れ、アーティストの今t年つとメタデータを初めてエンドユーザーによってホストされるようになりました。

この期間中、より多くののーどオペレーターが加入したため、プロジェクトチームは内部で運用されていたノードのほとんどを停止しました。

2019年9月、Audiusのファーストパーティクライアントの実装が初めて公にローンチされました。

これには、コンテンツのアップロード・コンテンツの再生・アーティストの検索・フォローなどの基本的な機能が含まれていました。

その後、数ヶ月にわたって、以下のような多くのクライアント機能が出荷されました。

・通知

・モバイル


また、ユーザーが操作するノードと直接連動するための、文書化されたAPIも提供されました。

テストネットの終了時には、このプロトコルは50万人以上のファンに利用されていました。

メインネットローンチ(2020年10月)

Audiusのメインネット立ち上げは、Audiusプラットフォームトークンの起源であり、ファン・アーティスト・キュレーターが付加価値の高いユーザーとしてプラットフォームの一部を獲得できるようにするものです。

Audiusは、前述した一連のクライアントユースケースに加え、プロトコルダッシュボードを導入し、全ての関係者のための分析とガバナンスを提供します。

キャズムを超える(2020年12月以降)

Audiusコミュニティは、コンテンツ所有と収益のための新しいメカニズムを展開する予定です。

プラットフォームとして暗号と主流ユーザーとの間のギャップを埋めるためのプラットフォームとして、常にシンプルさを優先し、直感的なユーザー体験を提供します。

Audiusトークンによって、積極的な参加者は、新しい参加者への継続的な配布を通じて、プロトコルの変更を決定することができます。

新しいステークホルダーへの継続的な配布を通じて、プロトコルの変更を決定します。

画板アンスを維持するためには、プロトコルの参加者は継続的に付加価値の高い貢献をするか、あるいはそうでなければガバナンスの力は弱まり、同じことをする他の人たちにとって代わられます。

そうすることで、Audiusは永遠にプロトコルとして生き続けることができるのです。

コミュニティガバナンスによって管理され、ユーザーによって完全所有されて運営されています

コミュニティが所有するストリーミング

Sudiusは、コミュニティが所有するストリーミングプロトコルのビジョンを開拓する最前線に立ちます。

このプロトコルを中心に形成されたコミュニティは、小規模なものから大規模なものまで、様々な形で発展してきました。

世界中の誰もがスカウトできるプロトコルとして世界中の誰もが人材スカウトを行い、その活動から価値を得ることができるようになりました。

アーティストやキュレーターが、このコミュニティが所有する高度なコントロールとレバレッジを活用することで、成長は高い相関性を持っています。

この分野で先行してきた多くの偉大なビルダーたちの支援により音楽と非中央集権の交差点で、巨人の肩の上に立っています。

Audiusは、音楽配信・ガバナンス。トークンの仕組みに関するベストプラクティスを取り入れ、ストリーミングプロトコルを作成しました。

Audiusコミュニティは、あらゆる形態のアーティスト・キュレーター・ファンに対して、やむことのない価値の向上を共有する機会を提供することに誇りを持っています。

体験のあらゆる側縁が主権と分散に根ざしたものであることを忘れないでください。

ステーキング方法

$AUDIOはPoS(詳細→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?)なのですが、現在(2022年7月)では、Binanceではステーキング機能がありません。


FIgmentであればステーキングを実施できます。

手順

①UNISWAPやBINANCEにてAUDIOを購入する

②メタマスクのイーサリアムブロックチェーンにてAUDIOを入れておく

③メタマスク上で下のリンクを開く

Audius | Protocol Dashboard

④右上に表示されている「CONNECT METAMASK」をクリックすると次の画面が表示されるため、「OPEN METAMASK」をクリックしてメタマスクと接続させる


⑤下の画面の、「DELEGATE」(委任する)をクリックする


⑥下の画面が表示されるため、「DELEGATE AMOUNT」にてAUDIOの数量を入力し、「DELEGATE」をクリックする

※最低5万AUDIOトークンで、最高16,342,478トークンです。最低量がかなり多いため、AUDIO価格が低い現在(43円)だったとしても、200万円と、最低額が高額になります。

これでステーキング完了です。

ステーキングした後は、入力した数量がステーキングできているか確認しましょう。

まとめ

分散型音楽ストリーミングでの投資における将来性はこちらに記載しています。→【 Audius(AUDIO)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました