【 習い事ランキング4選 】実際にありがたかった習い事・将来子供に通わせたい習い事

今回は、私た実際に通わせてもらった習い事の中で、本当に良かったと感謝している習い事についてまとめました。

実際に通った習い事から、最も感謝している習い事4選・将来子供に通わせたい習い事4選、の順で解説します。

スポンサーリンク

実際に通った習い事

私が幼少期に実際に通わせてもらった習い事は下記です。

・バレエ

・スイミング

・英会話

・ピアノ

最も感謝している習い事ランキング4選

これらに通わせてもらったことに両親に感謝しています。

しかしその後の人生でやはり役立った習い事には個人的に順位もあります。

理由をつけて解説します。

1位 英会話

これはダントツナンバーワンです。

なぜなら、幼い頃から流暢な英会話ができる人と会話したり、イベントにて海外の人と実際に会話することにより、イントネーションに慣れるからです。

日本語は特に独特でカタカタしています。

しかし英語はホワンホワンというか抑揚があったりrやfの発音も日本語にはなかったりします。


これは聞き慣れていないと発音できません

更に、発音の仕方も教わらないと独学では厳しいものがあります。

rの独特な発音などです。


小さな頃から英語を聞き慣れていると、その発音に耳が慣れることができます。

だからこそ小さな頃から英語を聞かせることが大切なのです。

大人になってからではかなり難易度が高くなってしまうからです。

2位 ピアノ

これも非常に感謝しています。

音楽は人の心を癒してくれます。


特に女の子はピアノができると、学校の合唱などで伴奏もできることに加え、音感も身につくため音楽の成績は非常に良いです。(と言っても小学生から中学生で音楽の成績は終了しますが)


しかしその後も、音感が身につくため、カラオケなども上手くなります。


私は超絶音痴だったのですが、今ではどの音か当てることができるまでになりました。

そしてその後も、ピアノを弾くことが趣味になったりします。

ピアノの発表会などに出ると、練習して発表するという流れから大勢での発表にも慣れますし、コツコツ練習する大切さも身に付きます。


そしてピアノのマナーも身につくため、お上品な所作も身に付きます。(これは人にもよりますが)

まさに女の子におすすめしたい習い事です。

私にもし女の子が生まれたとしたらピアノをぜひ習わせたいです。

3位 バレエ

バレエは身体が柔軟になります。

(しかしストレッチを続けていないと私のように体がかたくなります。)


そしてバレエも発表会があり、度胸がつきます。

発表会のためにコツコツ練習するという癖もつきます。


そしてバレエも所作が美しいため、女の子に勧めたい習い事です。

4位 スイミング

スイミングは、小学生から高校生までの水泳の授業で成績が良いという利点がありました。

しかし大人になってからは発揮する場面がありません。

強いていうなら、海やプールなどでガチ泳ぎできるということでしょう。


後は、海に落ちてしまった時にも泳げるということですかね。

大人になってからは正直あまり恩恵がありません。

しかし趣味としてやるのは良いのではないですかね。

将来子供に通わせたい習い事4位

今後例えば自分の子供などに通わせたい習い事は下記です。

1位 英会話

理由は上記と同様です。

英語ができるだけで、将来のビジネスや投資の幅もかなり広がります。

情報収集も世界中からできるため優位になりますし、良いことだらけです。

日本は少子高齢化で人口が減っていく一方なので、日本語を使えても狭い範囲でしか使えません。

そのため英語を話せるようにしておき、グローバルに対応できるようになっておくと安心です。

2位 プログラミング

これは習い事とするかは悩ましいですが、今後の小学生には必須科目でプログラミングを学ぶこととなります。

そこでもし習得し損ねてしまった場合、習い事で通って強化させることも良いですね。


プログラミングができるt、コードが書けたり非常にビジネスにおいて有利になります。

そして今後、もっとネットが普及していくため、プログラミングができるとできないとでは大きく仕事の幅が変わっていきます。

そのため時代的に必須で押さえておきたい内容です。

3位 ピアノ

これは女の子だったら最適ですね。

上記で述べたように、音感・所作・度胸・コツコツ練習する習慣がつきます。

音楽の美しさに気づける子にもなり得ます。


これは仕事などには直結しにくいですが、良い趣味になりますね。

4位 バイオリン

バイオリンは、子供の成長速度に合わせて買い替えないとならないため、金額的にかなりかかってしまいます。

しかし、バイオリンの音色は美しいです。

それを自分で奏でることができると、人生にとって色が出ることでしょう。

私はバイオリンを習いたいとずっと思っていましたがまだできていないため、大人になってから落ち着いたらチャレンジします。

まとめ

かなり個人的な意見になりました。

そして女の子用の習い事のようなランキングになりました。


ピアノやバイオリンができる子は所作も美くなる傾向があるからです。

私がもし女の子を産んだとしたら絶対に習わせたいです。

後は、男女関係なくプログラミングと英語は絶対条件です。

ちなみに英語を学ばせたいと思ったら、海外留学であれば絶対に話さなければならない環境でピッタリです。→【 フィリピン留学の体験談 】結論:海外留学は一生の思い出です。絶対に行きましょう。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
その他
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました