【 奥目と出目の特徴・見分け方・違い 】実際の写真で解説

今回は、奥目と出目の特徴・違いについてまとめました。

実際の写真を用いて解説します。

スポンサーリンク

奥目と出目の特徴・メリット・デメリット

奥目と出目の特徴(基準)や、メリット・デメリットの詳細はこちらをご覧ください。→どちらが良い?【 出目・奥目 】特徴・メリット・デメリット解説


このように、真正面からの見た目・横顔からの見た目も違うし、メリット・デメリットがそれぞれあります。

どっちが可愛い、どっちが綺麗、などの論争が広がっていますが、

特徴を踏まえて、自分の好みの方に合わせてメイクしたりするのが良いと考えられます。

実際の写真

真正面から見て、奥目かどうかの見分け方

ちなみに私は「奥目」です。

医師から、骨格がはっきりしているタイプで、のっぺり顔ではないと言われています。

奥目と言われている理由は下記です。

・眉骨と頬骨の奥に目が存在する

・上からライトを照らすと、目に影が当たり、光が入らない

真正面から見て、出目かどうかの見分け方

反対に、出目かどうかの見分け方は次の通りです。

・眉骨と頬骨の前に目が存在する

・上からライトを照らすと、目が浮き出てみえ、光が入る

横から見て、奥目かどうかの見分け方

実際に私が奥目のため、この写真の通りです。

・眉骨と頬骨の奥に目がある

・上からライトを照らすと、目とアイホール全体に影が入る

・二重のラインに光が当たらない

横から見た方が顕著ですね。

横から見ると、明らかに目が奥にあるからです。

横から見て、出目かどうかの見分け方

出目の場合は、奥目の反対の項目となります。

・眉骨と頬骨の前に目がある

・上からライトを照らすと、目とアイホール全体に光が当たる

・二重のラインに光が当たり、目に光が入る

遠目から見た時の、顔の特徴

遠目から見ると、奥目と出目の顔の特徴があるのです。

奥目の顔全体の特徴

奥目と診断されている私の、遠目から見た時の特徴は次の通りです。

・奥目は西洋の外国人顔立ちに多い

・骨格がしっかりしている傾向がある

・堀が深い顔立ちに多い

出目の顔全体の特徴

出目は、奥目の反対の特徴があります。

・出目はアジア人の顔立ちに多い

・骨格が張っておらず、平面の顔に多い傾向がある

・のっぺりとした顔立ちに多い

実際の奥目の動画

実際の奥目の動画がこちらです。

上からライトを当てると、アイホール全体に影が入っていることが分かります。

豆知識・まとめ

奥目の人は、平行二重になりづらいとされていますが、

実際に奥目の西洋人は、皆平行二重です。

また、奥目の西洋人はオージーカーブが綺麗だとされています。→現在注目されている【 オージーカーブとは 】対策まで解説

これは目頭の開き具体にもよるそうですが、整形で二重にするには出目の方がしやすいとお聞きしました。

出目にする方法(詳細→【 出目にする方法・出目に見せる方法 】)、奥目にする方法(詳細→【 奥目にする方法・奥目に見せる方法 】)など

どちらになる方法もあるそうです。


ぱっと見だけでは判断できず分からないかもしれませんが、特徴に沿って確認してみると分かるようになります。


しかし個人的には、海外の顔立ちが好きなので、奥目に生まれて良かったなと思っています。

しかし出目に生まれていたら出目で良かったなと思う可能性もあるため、自分の顔を好きになれたらそれが一番良いですね。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV

美容
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました