【 クレジットカードは近い未来で、消失してしまう可能性あり!? 】分散型金融に組み込めなければリスクが高い

クレジットカードは、現代では誰もが数枚は所有しています。

そのクレジットカードが、近い未来では消失してしまう可能性があると懸念しています。

なぜなら、急速に分散型金融がシェアを広めているからです。

※分散型金融とは→【 DeFi(分散型金融)とは 】分かりやすく解説

スポンサーリンク

クレジットカードが消失すると懸念される理由

企業からするとクレカの手数料が莫大で痛手

その理由は、下記です。


クレジットカードは手数料負担は私たち個人はありませんが、

企業は莫大な手数料を支払っています。


Amazonなど、売上高が大きい会社になると兆単位でクレジットカードに手数料を支払っています。

本当に大きいんですよこの手数料。

企業からしたら痛いんです。

優秀な経営者さんがこのコストカットを見逃すはずがありません。


企業がクレジットカード会社に支払いしている額は、クレジットカード会社の売上高を見るとおおよそが分かります。

(クレジットカードの売上高には、個人のローンの手数料も含まれています。)


実際に、Amazonは仮想通貨に詳しい人材を募集し始めました。

そして、手数料が高いクレジットカード会社とは契約を切っています。(シンガポールがその例)


Amazonの市場シェアは世界のため力が物凄いですね。

Defiでのステーキング率が増加している


Defiのステーキング率が急増しているというデータがあり、更に長期的にみても増加し続けています。

Pay Payが支払い手数料を下げた


2021年8月、PqyPqyが支払い手数料をクレカより下の1.6%に下げました。

法定通貨の価値が下がっている


コロナ禍で、金や株式投資などは価格が急増しましたが、その分法定通貨の価値自体が下がっています。

仮想通貨の市場シェアが広がっている

ビットコインはロシアの時価総額を超えており、世界14位です。

既に法定通貨より保有されているということです。

では、決算手段は何になるのか?

仮想通貨決算手段は、「仮想通貨取引所」になると考えられます。

既に、NFTの決済は仮想通貨取引所です。


また、個々の送金も仮想通貨取引所でできます。


日本の取引所はできることが限られますが、

世界最大の仮想通貨取引所のBINANCEでは、Deフィでの運用や貸し借りまで可能です。

まとめ

これは未来の推測です。

しかし仮想通貨・Defi・NFT全て急速に業界が伸びているのは事実です。


推測でしかありませんが、未来を予測することは自分の推測力に繋がります。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました