【 仮想通貨の種類 】日本に上場している主要コインを簡単に解説

仮想通貨には、1500以上の種類があります。

今回は、ビットコインをはじめとする主要な5種類の仮想通貨について説明していきます。

ビットコイン以外のコインを、総称してアルトコインといいます。

スポンサーリンク

ビットコイン(BTC)

仮想通貨の中で歴史の長い最も主要なコインです。時価総額が最も高いです。


イーサリアム(ETH)

時価総額がビットコインに次ぐ第2位となっています。

世界の財団のロスチャイルドがイーサリアムを大量保有し、サポートしています。

分散型アプリケーション・スマートコントラクトの開発が進んでおり、期待されています。


リップル(XRP)

リップルは、大手金融機関と提携しています。

日本でも、三菱UFJ銀行が銀行間決済に使われるシステムにリップルの技術を活用すると発表した際に、リップルの価格上昇がみられた。


ネム(XEM)

ネムは、発行上限数量が8,999,999,999XEMと定められており、既に全て発行済み。

2018年、国内の暗号資産交換業者からネムが流出する事件が起こりましたが、暗号資産業者のセキュリティが問題でした。ネム自体のセキュリティは暗号資産の中でも特に高いと評価されています。

モナコイン(MONA)

モナコインは、日本で初めて作られた仮想通通貨です。

世界で初めてSegwit(セグウィット)と呼ばれる技術を実装した仮想通貨です。それにより、モナコインの実用性は高まりました。

※Segwitとは…仮想通貨の取引が増えていくとひとつひとつのブロックデータが不足し、取引のスピードが遅くなってしまいますが、この問題を解消したものです。




前の記事⇒Vol3. 仮想通貨の変動要因

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV



はじめてのビットコイン [単行本] ビットコイン研究所; 佐々木健二9784906784219【中古】
タイトルとURLをコピーしました