SleepFuture【 Sleep to earnとは 】実際に稼ぐ方法・特徴についても解説

今回は、新たに開発された「Sleep to earn」について解説します。

エコシステム・実際に稼ぐ方法・特徴の順でまとめます。

2021年は、「Play to earn」(ゲームプレイして稼ぐ)が大流行し、2022年には「Move to earn」(移動して稼ぐ)が流行しています。

そしてその〇〇 to earnの波の最先端にいるのがSleep to earn(眠って稼ぐ)です。


遂に眠りながら稼げる時代がきたのか、とこのearnの進化に驚くばかりです。

スポンサーリンク

Sleep to earnとは

Sleep to earnとは、その文章の通り、「眠って稼ぐ」という意味です。

現在では様々なearn方法が流行していますが、Sleep to earnは最先端です。


今回はそのSleep to earnの詳細まで迫ります。

Sleep Future」というシンガポール拠点の企業が、世界初ブロックチェーン上に構築されたSleep to earnのメカニズムを開発していることを追う回しました。

Sleep Futureは、睡眠ウェルネスエコシステムとして、グローバルコミュニティの睡眠の質と健康を改善することを目的としています。

また、睡眠技術の研究開発を進め、Sleep Futureエコシステムで現実世界の利益を提供するということも目標にしています。

具体的には、睡眠すると「SLEEPEE」というトークンを獲得することができます。


Sleep Futureの公式ホームページはこちらです。

Home - Sleep Future
Sleep Future is the world’s first blockchain-driven sleep wellness ecosystem to improve the sleep quality and health of the global community.

Sleep Futureのエコシステム

Sleep Futureのエコシステムには下記の機能があります。

日本語で表にまとめると下記です。

Sleep Town
(エクスペリエンスセンター)
・シンガポールに3つの物理的体験センター
・マレーシアに2つの物理的体験センター
Sleepee
(監視アプリ)
・iOSおよびAndroidの睡眠追跡デバイス
・Sleep to earnのブロックチェーンテクノロジー
・報酬と獲得ブーストのためのDeFi要素
SleepDoctor
(睡眠スペシャリスト)
・社内およびパートナーの睡眠クリニック
SleepStore
(マーケットプレイス)
・睡眠関連の製品とサービス
SleepEdu
(ウェルネス教育)
・最高の睡眠と健康的なライフスタイルのためのオンライン教育
SleepCloud
(データインテリジェンス)
・コンピューティング
・ストレージ
・ネットワーキング
・セキュリティ
・ビッグデータ
・AI
・R&D目的

Sleep to earnにて実際に稼ぐ方法

Sleep to earnでは本当に眠っているだけで稼ぐことができるのでしょうか?

と思うことでしょう。

具体的なトークン獲得方法を解説します。


眠ることにより、毎日SLEEPEEトークンを獲得することができます。

実際には、睡眠の質に基づいてSLEEPEEトークンが授与されます。

その睡眠の質とは、最先端の睡眠科学と技術に裏打ちされた睡眠追跡アプリによって計られます。


睡眠の質のスコアによって、獲得できるトークンが異なります。

睡眠の質のスコア獲得できるトークン
100%10USDT相当のSLEEPEEトークン
80%8.4USDT相当のSLEEPEEトークン

SLEEPEEを稼ぐ流れ

①ユーザーはSLEEPEEトークンを購入します

②ステーキングすることことにより、眠るとSLEEPEEの収益が増えます。

(Sleepeeアプリ内に保存され、SLEEPEEの残高はウォレットの残高に反映されます。)

※ステーキング方法はこちら→SleepFuture【 SLEEPEEのステーキング方法 】画像で解説

③SLEEPEEをトレードします。

(外部ウォレットアドレスに引き出すためにはEalizedBalanceアカウントを介することになりますた、その際KYCスロットの資格を得なければなりません。そのためにSLEEPEEトークンをステーキングしておく必要があります。※全ての外部ウォレットの引き出しには2%の手数料がかかります。)

Sleep Futureの特徴

Sleep Futureのプロジェクトは、革新的なアプローチでWeb3.0を採用することを目的としています。


また、SLEEPEEトークンを使用してSleepeStoreで製品やサービスを購入することができます。

また、ユーザーはオフラインのライフスタイル体験センターやSleep Townにて睡眠関連の製品やサービスを購入することもできます。


それだけでなく、Sleep Futureは睡眠関連企業と協力し、睡眠エコシステムの全ての企業が成功するための財政支援を提供します。

これにより、Slwwp Futureには睡眠関連企業からの広告費や、SLEEPEEにて購入できる商品の販売による利益などが入りそうですね。

これまでのPlay to earnにはこのような企業からの広告費や外部企業からの商品の販売による利益などが入る仕組みはあまり見受けられませんでした。

しかしここまで考えられているのであれば、Sleep Future自体はトークンだけでなく利益が見込めそうですね。(SLEEPEEの価格上昇とは関係ないがSleep Futureの企業の利益対策はすごいなと思います。)

SLEEPEEの上場している仮想通貨取引所

SleepFutureのトークン「SLEEPEE」の上場している仮想通貨取引所は下の通りです。

・Bitforex(2022年5月5日上場)


以上です。

まだこれから上場していく段階のためチャンスです。

まとめ

企業自体が睡眠関連企業からも利益を得るシステムになっているということはユーザーからしても安心ですね。(企業自体が赤字になってしまうと倒産してしまったりしてユーザーにも損害が出るリスクがあるからです。)

NFTはないようなので、P2Eとは利益の出し方が異なるようですね。詳細→【 稼げるNFTゲーム全種類(16種類) 】それぞれの特徴・稼ぎ方・始め方


また、Move to earnのSTEPNも健康に歩いたり走ったりすることで報酬がもらえますが、近年は健康系に注目が集まっていますね。詳細→【 STEPN 原資回収から純利益までの記録 】稼げた額(毎月更新)


そして眠っている時間は、身体的がオフになっており物理的にガッツリ稼ぎに行くことができないため、眠っている間の微益ですが利益を出せたらとっても嬉しいですね。

私的には、日常生活の中で行動を変えずに時間をかけずに稼げるのであればそれは是非是非トライしたいです。

現在(2022年3月)はエアドロもやっているそうなのでできる人は無料のためやってみると良いですね。

(私の場合は楽天モバイルだからか携帯電話が登録できない😭😭このあともう一度チャレンジしてみます。)


2022年の9月にベータバージョンが開始され、12月にアプリが開始されるようなので、楽しみですね。

また情報が更新されたらこちらにて更新させていただきます。


追記

同じSleep to earnのアプリで、「DreamN」(詳細→必要知識まとめ【 DreamNとは 】Sleep to earnの詳細)があります。

他にも、やや多角化していますが「Sleep Ecosystem」(詳細→【 Sleep Ecosystemとは 】Sleep to earnから多角化(メタバースやゲーム要素含む))も眠って稼ぐ1種です。

現在(2022年5月時点)は、どれも開発段階のため、情報を随時追っていきましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました