Cardano【 ハードフォークコンビネイターとは 】Vasilについても分かりやすく解説

今回は、CARDANOの「ハードフォークコンビネイター」について解説します。

スポンサーリンク

ハードフォークコンビネイターとは

ハードフォークコンビネーターは英語で「Hard fork combinator」このように書きます。

ハードフォークコンビネーターとは、特定のプロセスや物事の組み合わせを示すためにしようされる専門用語です。

CARRDANO(カルダノ)の場合、ハードフォークコンビネーターがプロトコルを組み合わせることで、システムの中断や再起動なしでバイロンからシェリーへの移行を可能にします。

これにより、ByronとShellyの大腸が1つの大腸として表示されます。

BFTからOuroboros Praos への移行では、全てのノードを同時に更新する必要はありません。

代わりに、ノードは徐々に更新できます。

実際、Byronブロックを実行できるノードもあれば、Shellyブロックを実行できるノードもあります。


ハードフォークコンビネーターは、大幅な調整を行うことなく、複数のプロトコルの組み合わせを可能にするように設計されています。現在の軽打のチェーンは、バイロンブロックとシェリーブロックを組み合わせており、将来の移行後はゴグンブロック・ヴォルテールブロックも全て1つのプロパティとして組み合わせます。

このコンビネーターは、以前のByronからShellyへの進化を単純化することで、ShellyからGoguenへの移行を容易にします。

Vasil

カルダノのVasilについてはこちらをご覧ください。→【 Vasilとは 】分かりやすく解説


Vasilは、スマートコントラクト(詳細→【 スマートコントラクトとは 】Defi)が改善されます。

それだけでなく、アップグレードがAardanoロードマップのBashoフェーズの一部です。

スケーリングとネットワークと大腸の最適化に焦点を当てており、台帳についても複数改善されます。

Vasilはカルダノのハードフォークコンビネイター(FHC)をしようしてプロトコルレベルで展開されます。

これは、シームレスなプロトコル移行と台帳のアップグレードを実現し、エンドユーザーの混乱を最小限に抑える革新的なテクノロジーです。


2021年に亡くなったCardanoアンバサダーのヴァシル・セント・ダボフ氏日南で名付けられました。

実装機能

具体的には下記の機能を実装します。

拡散パイプライン

IOGは、ネットワークパフォーマンスを調整及び改善するために、2022年を通して、一連の着実で慎重なパラメーターの最適化(ブロックサイズやスクリプトメモリユニットの増加など)を既に適用しています。

拡散パイプラインは、ブロックの伝播時間を改善することでギアを上げ、より高いスループットを可能にします。


基本的に、ブロック生成後5秒以内にネットワーク内でブロックを共有(伝播)できるようにすることで、ネットワーク参加者間で新しく作成されたブロックに関する情報を共有srううプロセスを合理化します。

このため、拡散パイプラインは完全な検証の前にブロックを伝播するため、拡散に費やされる時間と検証に必要な時間が重複します。


パイプライン処理により、前のブロックのハッシュを参照するブロックヘッダーが正しく伝達されることも保証されます。

ブロックの本体は、次のブロックに含まれるメタデータ内に保持されます。

これは、完全なブロックの確認がなくても、DDoS攻撃(詳細→【 DDoS攻撃とは 】特徴・DoSとの違い・対策まで解説)に対する耐性に不可欠です。


最終的には、IOGが年内を通じてネットワークの最適化を継続するため、拡散パイプラインはブロックサイズのさらなる増加とPlutusスクリプトの改善を可能にすることでスケーラビリティを向上させます。

カルダノコアスマートコントラクト言語であるPlutusへのアップグレード

Vasilは、既に強力なPlutusプラットフォームを更に改善し、開発者がより高速で効率的なDAppsを作成できるようにします。

スマートコントラクトの最適化により、次のようなカルダノのEUTXOモデルをより効率的に活用できます。

リファレンスの入力(CIP-31)

このアップグレードにより、オンチェーンでのデータ共有が可能になります。

以前は、データムはトランザクション出力で運ばれていました。

彼らはブロックチェーン上の情報を保存し、アクセスを提供しました。

ただし、このデータムの情報にアクセスするには、データムが添付されている出力をしようsルウ必要がありました。

これには、使用済みの出力再作成が必要でした。

参照入力の追加により、開発者は追加の手順なしでデータムを確認できるようになりました。

これにより、UTXOを使用したり再作成したりする必要なく、ブロックチェーンに保存されている情報へのアクセスが容易になります。

これは、オラクルなどに役立ちます。

インラインデータムの追加(CIP-32)

トランザクションデータムは、以前はハッシュとして出力に添付されていました。

インラインデータム実装により、開発者はスクリプトを作成し、ハッシュを使用する代わりに直接出力にデータムを添付できるようになりました。

これにより、データムの使用方法が簡素化されます。

ユーザーは、使用されたハッシュに一致させるためにデータムを提供するのではなく、実際のデータムを見ることができます。

参照スクリプトの実装(CIP-33)

Alonzoでは、Plutusスクリプト内でロックされた出力を使用する場合、スクリプトを使用トランザクションに含める必要がありました。

これにより、スクリプトのサイズが増加し、処理に一定の遅延が発生しました。

参照スクリプトのアップグレードにより、開発者は各トランザクションに含めずにスクリプトを参照できます。

これにより、トランザクションサイズが大幅に縮小され、スループットが向上し、スクリプトの実行コストが削減されます。

なぜならスクリプトの支払いが1回だけで済むからです。


開発者とDAppsユーザーは、Plutusのこれらの改善を熱心に期待しています。

ただし、開発者がDAppsでPlutusの拡張機能を利用して展開するには時間がかかることに注意しましょう。

また、多くの開発者はコードに大幅な変更が加えられた後、新たな監査を求めます。

ブルータスV2

Vasilのアップグレードには、Cardanoクリプトプリミティブの改善(他のブロックチェーンとの相互運用性オプションの向上)や調整されたPlutusインタープリター・新しいコストモデルも含まれます。

これらは全てPlutus V2スクリプトの一部です。

Plutusエバリュエーターの速度の向上

Plutusエバリュエーたーのパフォーマンスが向上したため、Plutus V1とPlutus V2の両方のスクリプトのコストモデルパラメーターが以前よりも低くなり、スクリプトリソースの使用が20〜30%改善されました。

更新されたコストモデルパラメーター

更新されたコストモデルパラメーターは、「serialiseData」「verifyEcdsaSecp256k1Signature」「verifySchnorrSecp256k1Signature」という3つの新しい組み込み関数を追加数rことで、一連の組み込み関数を拡張します。

後者のビルトインはECDSA/SECP256K 楕円極標準をサポートしています。

カルダノ・ビットコイン・イーサリアムなどの他のブロックチェーンとの間の相互運用性を向上させます。

‘serialiseData’ ( CIP-42 )関数は、全体的なメモリとCPUのコストを削減し、より最適化され多一般的な方法でデータをシリアル化できるようにします。

データムと償還者

Vasilのアップグレードに続いて、開発者は現在実行中のスクリプトに渡されるものだけでなく、全ての入力の召喚者を確認できるようになります。


Plutus V2を有効にするには新しいコストモデルが必要であるため、Plutus V2の昨日はVasilハードフォークに続くエポックから利用可能になります。

Plutus V1は参照入力・参照スクリプト・インラインデータムを使用できないことに注意します。

その他機能強化

スクリプト担保調整(CIP-40)は、トランザクションの検証を改善する別の調整です。

以前は、担保額は取引手数料の150%に設定され、担保UTXOには変更が提供されませんでした。

これは、スクリプトがフェーズ2の検証に失敗した場合、DAppsユーザーは担保として選択されたUTXDに保存されている全ての資金を失うことを意味していました。


Vsilの後、DApps開発者はスクリプト資料の変更アドレスを指定できるようになります。

スクリプトがフェーズ2の検証に失敗した場合、担保額のみが取得され、残りの資金は変更アドレスに送信されます。


歳暮に、Vasilは、OutroborosのVerifiable Random Function(VRF)プロセスを最適化しています。

Vasilの前は、ブロック検証には、全てのネットワークホップで2つのVRF機能が必要でした。

Vasilはこれらの関数の1つを削除し、ブロックの検証とネットワーク同期の全体的な時間が短縮されました。

ユーザーは、セキュリティ設定を損なうことなく、より高いパフォーマンスを体験できます。

Vasilの準備

Vasilのアップグレードは、カルダノの機能の段階的な変化を表しています。

拡散パイプラインにより、ネットワークスループットが向上し、Plutusの新しい機能強化により、新しい開発者のユースケースが開かれ、大幅に改善されたDAppsユーザーエクスペリエンスが提供されます。


Vasilは複雑な作業プログラムです。

プロジェクトは下位互換性を確認する必要があり、SPOはスクリプトの長瀬を行う必要があります。

コミュニティには、カルダノメインネットのハードフォークの前に、SPO・開発者・取引所がテスト及びアップグレードできるように、テストネットのハードフォークに続いて4週間の期間が与えられます。


カルダノの主な関心ごとは、アップグレードプロセスが安全かつ確実に促進されるようにすることです。

開発者とSPOが快適で準備が整ったら(そして取引所の大部分がテストと更新を完了したら)、Vasilのハードフォークが発生する可能性があります。

トランザクションとDAppsにCardanoを使用しているADA保有者であれば、何もする必要はありません。

カルダノ独自のHFCテクノロジーにより、エンドユーザーのアップグレードはシームレスで手間のかからないものになります。


ただし、ネットワークのアップグレード時に、利用している仮想通貨取引所がまだシステムを更新していない場合は、サービスが中断されることがあります。

そのため、下のリンクにて、どの取引所がアップフレーどされたかを追跡することができます。

Security check
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました