仮想通貨の【 Avalanche(アバランチ)とは 】分かりやすく詳細まで解説

今回は、仮想通貨のAvakanche(アバランチ)について解説します。

スポンサーリンク

Avalancheとは

Avalancheとは、仮想通貨の1種です。

アバランチのトークンは、「AVAX」です。


Avalancheは、様々なアプリケーションを構築できるプラットフォームです。

取引完了までのスピードが速く、安全性も高いです。


続いてAvalancheの特徴です。

Avalancheの特徴

Definoプラットフォームを構築できる

Avalancheのエコシステムを用いて、様々なプロジェクトがDefiのプラットフォームを構築することができます。

Defiの詳細→【 Defi(分散型金融)とは 】分かりやすく解説


管理者がいなくても自動的に処理されるということです。

つまり、誰もがいつでもDefiで投資や取引ができるということです。

NFTを発行できる

Avalancheでは、専用ウォレットにて誰でもNFTを発行することができます。

NFTの詳細→【 NFTとは 】分かりやすく解説

AvalancheにてNFTを発行すると、それを別のウォレットに送ることができます。

そしてNFTのマーケットプレイスで売買することができます。

との時のNFT発行手数料は、トークンのAVAXで支払います。

(0.001AVAXが必要になります。2021年11月時点では約9円)

イーサリアムでの互換性

Avalancheは、イーサリアムのEVMのと互換性があります。

EVMの詳細→仮想通貨における【 EVMとは 】分かりやすく解説


つまり、イーサリアム上でのDefiなどのプロトコルが、Avalanche上でも使えるというシステムになっています。

Avalancheのブリッジ機能(ネットワークの移動)により、イーサリアムから容易にAvalancheに移動できるということです。

供給を減少させることができる

Avalancheは、バーンというシステムにより、市場での流通量を減少させることができます。

バーンとは、Avalancheが使われるほど、通貨を減少させるという意味です。

これにより、市場に出回るAVAXの供給量が減少し、価格の上昇を見込めます。

POS

Avalancheは、POSを採用しています。

POSについて→仮想通貨における【 POW・POSの違い 】どちらが良い?


そのためマイニングでなく、ネイティブトークンの割合に血合いsてブロック生成・承認の権利を得ることができます。

そして環境に良いです。

1秒における取引処理量が多い

Avalancheは、1秒における取引処理が4,500可能です。

これは非常に多い方です。

例えば、ビットコインは7取引、イーサリアムは15取引です。


これは、ビットコインなどでは全てのノードが全てのトランザクションを承認するためノード数が増加すると処理速度が下がっていました。

しかしAvalancheは、全てのノードが全ての取引を承認sルウのではなく、一部のノードだけが特定のトランザクションを承認することにより同時に複数のトランザクションを承認することができるため処理速度が速いのです。

手数料が安い

Avalancheでは、取引における手数料(ガス代)が安いです。

例えば、イーサリアムは(2.0のアップデートまでは)ガス代が非常に高いです。


しかしAvalanvheでは、1取引に100円未満の手数料で済みます。

そのため本来の仮想通貨の手数料を実現することができています。

スケーリング性能が高い

スケーリングとは、膨大な取引量の増加により手数料(ガス代)が高くなってしまったり、取引完了までの速度が遅くなってしまったりすることです。

これもビットコインやイーサリアムより性能が高いです。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました