仮想通貨における【 コンセンサスアルゴリズムとは 】分かりやすく解説

今回は、仮想通貨における「コンセンサスアルゴリズム」について解説します。

スポンサーリンク

コンセンサスアルゴリズムとは

コンセンサスアルゴリズムとは、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンがブロックを追加する際のルールつまりコンセンサス(合意)形成を行うアルゴリズム(方法)のことです。

簡単にまとめると、コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンがブロックを追加するときの合意形成の方法です。


仮想通貨では、ブロックチェーン技術を活用した分散型・非中央集権型のP2Pネットワークにより取引をします。

仮想通貨は中央集権型ではないため、その取引が正しいかということを多数のネットワーク参加者(ノード)同士が検証し、合意をおこなっていくシステムになっています。

この仕組みをコンセンサスアルゴリズムと言います。


つまりブロックチェーンの分散型ネットワークでは、データの正当性を担保し不正取引がされないシステムになっており、このデータの正当性を担保しているのがコンセンサスアルゴリズムということになります。


例えば、ビットコインのコンセンサスアルゴリズムはPoW、ソラナ(【 ソラナ(Solana)とは 】イーサリアムの強い強豪)のコンセンサスアルゴリズムはPoSです。

それぞれブロックチェーンによって異なります。詳細→仮想通貨における【 PoW・PoSの違い 】どちらが良い?

まとめ

コンセンサスアルゴリズムは多義で、様々なシーンで用いられることが多いです。

仮想通貨の文献にはよくコンセンサスアルゴリズムの単語が見受けられるため、大枠でも覚えておきましょう。

今後もブロックチェーンの活躍と共に多用されていくでしょう。

仮想通貨価格、チャート、時価総額 | CoinMarketCap
時価総額別トップ仮想通貨の価格・チャートBitcoinをはじめとする、数千ものアルトコインの現在および過去のデータに無料でアクセス
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました