仮想通貨【 Tenset(10SET)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Tenset(10SET)」について解説します。

Tensetとは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順で説明します。

スポンサーリンク

Tenset(10SET)とは

Tensetとは、仮想通貨と伝統的な株式市場の橋渡しになることを想定した進行ブロックチェーンプロジェクトです。

新s寝大のETF2.0のデフレ・トークンとインテリジェントなステーキング方法を採用しています。

目的は、金融市場における仮想通貨とブロックチェーンの採用を加速させることです。

第4次産業革命に近づく経済の現状に資本投下しています。


Tesnsetは、配当株と仮想通貨プロジェクトを組み合わせた世界初のデフレトークンになると主張しています。


Tensetは、下の3つのフェーズで構成されています。

・Tensetネットワークの立ち上げ

・Tensetの暗号資産の選定

・Tensetとマーケットのブリッジ


Tensetの公式ホームページはこちらです。

https://www.tenset.io/ja

背景

背景には、ブロックチェーン・分散型金融(DeFi)・モノのインターネット(IoT)といった革命的な技術があります。

※DeFiとは→【 DeFi(分散型金融)とは 】分かりやすく解説

※IoTとは→【 IoTエコシステムとは 】分かりやすく解説

消費者に革新的なソリューションを提供したい企業にとって、非常に魅力的な存在になってきているからです。

目的

Tesnsetは、デジタル通貨市場として大きな可能性を秘めています。

一方、安全性の根拠となる伝統的な株式も軽視すべきではないと述べています。

そのため、両方の資産クラスへの投資のメリットを提供することを目的としています。


また、優れたポテンシャルを持つ企業であっても、着実に利益を生み出す仕組みが構築できていないケースも少なくありません。

そこで、Tensetでは、自己資金を確保できる長期運用を目指しています。

創設者

Tensetの創設者は、Jonaz Miara氏です。

2014年から熱烈なブロックチェーン起業家・投資家であり、TensetのCEOdesu。

ビジネスとリーダーシップの分野で10年以上の経験を積み、BBAを取得しています。

Miara氏によると、地震の主な機能は、顧客の投資のセキュリティを保護し、Tensetgα安定した企業に発展することを保証することであると述べています。


Tensetは、融資・株価の自動払い戻し・大規模な個人投資家への提案など、内容を目処とした楽観的な計画の初期段階にあります。


このプロジェクトは、開発者・永劫スタッフ・法令遵守担当者を雇用しています。

より多くのユーザーにサービスを提供できるよう拡大しています。

特徴

インセンティブ

Tensetは、10SETをポートフォリオの一部として保有しながら、ユーザーに具体的で現実的な利益を与える唯一無二のイニシアティブです。

Tensetは、トークンを用いて、他の仮想通貨やボラティリティの低い業界の伝統的な株式に再投資することで、自らを支えることを意図しています。

問題解決的な意義と、新興の仮想通貨に広くみられる資質の両方を備えています。

チームは、このトークンをウォレットに入れておくだけで、ステークやボーナスを享受できるようにすることで、投資家により大きなインセンティブを与えるように設計しました。

バーン

Tensetネットワークのスマートコントラクトは、全ての取引に2%の手数料を貸すことです。

この手数料の1%が自動的に投資家に送金され、残りの1%はバーンされます。

10SETトークンを保有している人はこの仕組みで利益を得ることができ、ホールドに対するインセンティブになります。

ETF2.0ディストリビューター

TensetはETF2.0ディストリビューターでもあります。

これは、この事業者が投資家の現金を仮想通貨と従来の株式の組み合わせで投資することを意味しています。

仮想通貨だけと比較すると、これはプロジェクトにより多くの流動性を提供すると同時に、リスクとボラティリティを低下させます。


Tensetプロジェクトの現在のフェーズでは、金融市場や従来のファイナンスと組み込んでいく予定です。

最終的な目的は、暗号セクターと株式市場を完全に統合し、リンクさせることです。

彼らは現在、Visaのような主流の決済システムやOracleのような確立されたテクノロジー企業と協力しています。

Certik監査済み

TensetはCertikの監査を受けています。

独立監査人は、脆弱性がなく、トークン・スワップが安全に使用できることを証明しています。

全てのクライアントは、10SETトークンをどのネットワークに保存するか選択できるようになりました。

イーサリアムブロックチェーン・BSCチェーン

Tensetはイーサリアム上に構築された仮想通貨トークンです。

スマートコントラクトはイーサリアムのブロックチェーン上で動作し、プラットフォームによってサポートされているプログラムです。

スマートコントラクトは、匿名の当事者間で信頼関係・取引・契約を締結することを可能にします。


Tensetは最近クロスチェーン機能を開始し、10SETトークンはERC-20とBEP-20の両方のネットワークで利用できるようになりました

Binance スマートチェーン(BSC)は、PBFTバリデーターコンセンサスを用いて構築されています。

そのためイーサリアムと比較してブロックタイムが速く、取引手数料(ガス代)が安いのが特徴です。

10SETの供給量

10SETの最大供給量は、2億1000万10SETです。

2022年8月現在のTensetの循環サプライは、1億9000万10SET以上です。

この間にも、10SETバーンさせています。

Tensetの公募は、いくつかの段階を経て行われました。

フェーズAポーランドでのプレセール
フェーズBグローバルでのプレセール
フェーズCグローバルでの販売とIEO
最後取引所への上場

※IEOとは→仮想通貨における【 IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは 】特徴・メリット・デメリットを踏まえてわかりやすく解説


トークン配分の内訳は以下の通りです。

70%販売プール
10%チームとアドバイザー
10%会社の準備金
5%マーケティング
5%流動性準備金


Tensetはトークンをバーンさせ、計画的に価値を高めていく方針です。

これは、購入可能な10SETトークンの数が減少することを意味しています。

10SETの上場している仮想通貨取引所

10SETは、複数の仮想通貨取引所に上場しています。

フィアットで直接入手するか、仮想通貨用のフィアット通貨取引所でイーサリアムやステーブルコインを購入できます。

10SETトークンが存在する取引所に送金することで入手できます。

・Gate.io

・Uniswap(V2)

・Pancake Swap

・BingX

・BKEX

・Decoin

・Ecchange

・ZT


また、独自のAndroidアプリを用意しているため、ユーザーは10SETトークンを保管するデフォルトのウォレットとして使用することができます。

その他、ユーザーの継続的なステーキングインセンティブの表示・Uniswapを通じたトークン交換・関連会社のニュースなどの機能もあります。

投資における将来性・まとめ

仮想通貨と株式の融合というのは、他にあまり競合もいないためテンセットに優位性があります。

Tensetが仮想通貨に投資し、株式に再投資するとのことなので、

仮想通貨と株式を対象に投資している投資信託のようなポジションになります。


下のリンクのようにポートフォリオも公開されています。

https://www.tenset.io/ja/portfolio


そのため10SETで利益を出すとしたら、この10SETの運用実績と信頼性が重要だということです。

なぜなら、10SETの運営が利益を出したら利回りも増加するし、その実績を元に更に10SETに投資をする人が増加するため、10SET自体の価格も上昇するからです。


そのため、運営側の投資能力が優れている場合は価格上昇に期待ができ、

運営側の投資能力が劣っている場合は価格下落につながるということです。

全ては運営の能力次第ということですね。


私の場合は、仮想通貨であっても株式であっても、専業でやっていることもあり自分でトレードや投資をしたい派のため投資はしません。

しかし、経営や本業などであまり時間が割けない場合で、かつ10SETの運営側の運用能力が高い場合は、投資するのもアリですね。

投資に関しては、10SETと個々の能力によると考えられます。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました