仮想通貨【 Klaytn(KLAY)とは 】創設者・特徴・供給量・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Klaytn」(KLAY)について解説します。

創設者・特徴・供給量・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Klaytn(KLAY)とは

Klaytnとは、ブロックチェーン技術の価値を伝えるために高度なユーザーエクスペリエンスと開発環境を提供しているパブリックチェーンプラットフォームの仮想通貨です。

このプラットフォームは、効率的なハイブリッド設計により、パブリックブロックチェーン(分散型データ及びその管理・分散型ガバナンス)そしてプライベートブロックチェーン(低レイテンシー・高スケーラビリティ)の両方の機能を備えています。

Klaytnは2019年にローンチされました。

マイクロスタートアップからより規模の大きい法人まで、あらゆる種類のユーザーにブロックチェーン技術を提供することを目指しています。

ブロックチェーンを介した地方分権化を世界規模で利用可能にすることです。

このプロジェクトは、既に世界中の多くの評判の高いブランドから注目を集めています。


Klaytnの公式ホームページはこちらです。

Landing Page - Klaytn
Klaytn is an open-source blockchain to deliver scale and speed for all who wish to build, work, or play in the metaverse.

Klaytnの創設者

Klaytnブロックチェーンを支える会社GroundXの創設者兼最高経営責任者(CEO)はJaesun Han氏です。

Han氏は、韓国先端科学技術大学で電気工学と計算機科学の博士号を習得しています。

キャリアはKAISTのポスドク研究員としてスタートし、研究は分散型コンピューティングに関して広範囲に及びました。

起業家としての最初の跳躍は、韓国初のビッグデータ・クラウドコンピューティング技術のスタートアップであるNexRを設立した2007年でした。

2008年、Han氏はCloud Computing Researchコンソーシアムの理事長に就任しました。

2022年、Jaesun Han氏はKT Ucloudサービスを技術的にサポートする企業KT Cloudware社のCTOに就任しました。

そして彼はビジネスや起業家以外にも、KAISTで剪定された非常勤教授でもあります。

Klaytnの特徴

独自チェーンの作成可能

Klaytnでは、技術的な知識を必要とせずに独自のチェーンを容易に展開したり、他のチェーンに参加したりすることができます。

暗号化技術の専門家である必要はなく、ブロックチェーン技術についても深い知識を持っている必要はありません。

つまりLkaytnは高度なテクニカルアドバイザーに相談する必要がなく、誰でもKlaytnで独自のトークンエコノミーエコシステムを立ち上げることができるということです。

DAppsのエコシステムでアプリケーションの開発可能

幅広い分散型アプリケーション(DApps)のエコシステムとして、Klaytnはユーザーのニーズに合った適切なタイプのアプリケーションを開発する機会を提供しています。

プラットフォームの分散性により、アプリの公開は制限されていないため、事実上無制限のユースケースが存在します。

Klaytnは、デジタル資産管理・アート収集・取引・ゲーム開発・分散型取引所など様々な分野のDAppsをサポートしています。

そのため、KlaytnはHumanspace・Wemade Tree・Piction Networkなどの機関投資家の注目を集めています。

PoC

Klaytnでは、Proof of contribution(PoC)を採用しています。

Contributionは日本語で「貢献」という意味です。

PoCは、ブロックチェーンへの貢献度により報酬が受け取れるシステムです。

KlaytnがPoCを採用している理由は、PoWとPoSのコンセンサスアルゴリズムには欠点があるとしているからです。

そのため、ネットワークは必要なブロックチェーンのネットワーク特性を備えるため、実用的なビザンチン耐性を実装しているイスタンブールBFTの最適化バージョンに依存しています。

ビザンチン問題とは→【 ビザンチンフォールトトレランスとは 】ビザンチン故障についても分かりやすく解説

Klaytnでは、有意義な貢献を行うKlaytnトークンエコノミーの全ての参加者に補填できるよう、PoCを導入しています。

これらのコンセンサスメカニズムを組み合わせることにより、Klaytnは多用途で分散型の環境を実現し、ブロックのバリデータが職務を遂行した際、報酬を受け取れるようにしています。

それだけではなく、このハイブリッドコンセンサスアプローチを通じて、法人ユーザーの対応が可能で、サービス中心であるという使命を達成しています。

KLAYの供給量

最大供給量は定義されていません

新しいブロックごとに新しく発行されたKLAYと武録で使用される取引手数料の合計が集計され、次の3つの宛先口座に配分されます。

現在(2022年3月)の比率は、Klaytn Gobernance Councilは供給量の34%を受け取り、ブロックチェーンのコンセンサスが供給量の54%を取得し、残りの12%はKlaytn改善準備金(KIR)です。

投資における将来性・まとめ

Klaytnは、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの機能を備えており、ユーザーによる開発を促しているという特徴があります。


そのため今後頻繁に使用されるようになりそうですね。

しかしこのようなプラットフォームは多くあるため、競合が多いということも事実です。


Klaytnの公式ホームページのトップページを見るとVRやメタバースを推していることが分かるため、今後の時代にも沿っていますね。

時代の流れ的に期待できますが、優位性があるかどうかは実際に独自チェーンなどを開発しているユーザーしか分かりません。

容易に開発できると記載してありますが、独自チェーンやアプリケーションを開発することは実際難易度が高いです。

その分野に詳しい人であれば良さが分かるかもしれませんが、両方作成したことがない私には優位性を測ることができませんでした。

分からない方が大半だと思うため、開発できる方々は非常に有利な投資になるでしょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました