仮想通貨【 Ankrとは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Ankr」について解説します。

ANkrとは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。

スポンサーリンク

Ankrとは

Ankrとは、ブロックチェーンノードのホスティングソリューションを簡単・低価格で提供するために、共有リソースを活用するソリューションです。

2017年に設立されました。

共有リソースの利用によるコンテナベースのクラウドサービスのマーケットプレイスを構築してきました。

これにより、開発者や企業ユーザーは、パブリック・クラウド・プロバイダーと比較して、非常に安い価格でブロックチェーン・ノードを容易に展開する事ができます。

そのため、Ankr上でブロックチェーンノードをホスティングすることで、集中化の問題や単一障害点を取り除く事ができます。

更に、パブリック・ブロックチェーンは、コミュニティに参加して、ネットワークに更なるサポートを提供することを目指しています。

更に、Ankr独自のクラウド基盤は、パブリク・クラウド・プロバイダーと比較した場合、独立運用されています。

安定性・耐障害性のを高めるめに、地理的に分散したデータセンターから供給されています。


Ankrの公式ホームページはこちらです。

Decentralized Infrastructure to Build and Earn in Web3
Get faster, more reliable multi-chain development tools

創設者

Ankrネットワークは、ブロックチェーン技術を活用した分散型コンピューティングプラットフォームとして、2017年にカリフォルニア州のバークレー大学で設立されました。

共同創設者のChandler song氏は、Amazon Web Servicesでエンジニアとして働いていた経験があり、現在CEOを務めています。


もう一人の共同設立者のRyan Fang氏は、モルガン・スタンレーで投資家として働いていました。


Chandler Song氏は、2014年に大学1年生の時にRyan Fang氏にビットコインとブロックチェーンを紹介し、22のビットコインを一緒に買うように説得しました。

2017年、そのビットコインがAnkrプロジェクトの資金源となりました。

両者は、クラウドコンピューティング市場が世界のイノベーションを牽引するインフラとしての可能性があることに気づきました。

そのため、より安価な分散型クラウドを構築するためにAnkrを築き上げました。


ANKRはERC-20トークンとBEP-20トークンです。

そのためイーサリアムとバイナンスのトークンになります。

Ankrの特徴

Web3エコシステムの強化

Ankrのグローバルに分散されたのーどインフラストラクチャにより、Web3・DeFi・デジタル経済の基盤レイヤーとして、可能な限り最高のマルチチェーンツールを構築できます。

※Web3とは→【 Web1.0・Web2.0・Web3.0 】それぞれの違いを分かりやすく解説

※DeFiとは→【 DeFi(分散型金融)とは 】分かりやすく解説

Ankrネットワーク

Ankrネットワークは、デバイスやデータセンター全体のアイドルコンピューティングパワーを活用した新しいブロックチェーンソリューションを提供するために作られています。


シェアリングエコノミーを実現するプラットフォームです。

あらゆるユーザーが、より手頃な価格でリソースにアクセスできます。

また、企業に対しては、活用されていない余剰のコンピューティングパワーを収益化する機能を提供します。

信頼性の高いハードウェアを初めて採用しました。

これにより高いセキュリティレベルを確保しています。


Ankrネットワークノードプロバイダーは、ネットワークに参加し、ANKRトークンの報酬と引き換えにネットワークトラフィックを提供するために、ANKRトークンの形で担保を提供する必要があります。

悪意のある(つまりブロックの高さに留まらない)場合は、担保預金の削減につながる可能性があります。


現在、ノードプロバイダーになるために必要なセルフステークデポジットは100,000ANKRです。

この数値は、Ankr DAOによって決定されます。

ANKRトークンの価値が増加するにつれて変更される可能性があります。

ステーキング

ANKRは、プロバイダー・ユーザー・ステーカーのためのNetworkの全ての操作を容易にします。

独立したノードプロバイダーは、ANKRをデポジットしてAnkrネットワークに参加し、トラフィックを提供してANKR報酬を獲得します。

ユーザーは、ANkr Network Premiumサービスの料金をANKRで支払います。

個々のトークン所有者はANKRをノードプロバイダーにステークして、報酬の一部を獲得することもできます。


ANKRトークン保有者は、ANKRをAnkr Networkのノードプロバイダーにステーキングして、ステーキング報酬を獲得できます。

トークン所有者がステーキングしたノードが悪意を持って、または最適に動作しない場合(つまりブロックの高さに留まらない場合)、ステーキングされたANKRが削減される可能性があります。


Ankr NEtworkのプレミアムサービスから発生する料金の70%はのーどプロバイダーとステーカーに再分配されます。

21%はノードプロバイダーに分配されます。

49%はステーカーに分配されます。


そしてANKRトークンを入金するトークン所有者は、現在9%のAPYを受け取り、トークンは90日間ロックされます。

セキュリティ

Ankrでは、ブロック検証の過程で検証ノードを活用しています。

そのため、ネットワーク自体の品質を維持し、悪質な行為者をシステムから排除する事ができます。


Ankrでは、システムの安全性を保ち、善良な行為者のみを選ぶために、れピュテーxyオンベースのシステムを採用しています。

これは、ノードの貢献度に基づいてアクターをフィルタリングするものです。

更に、パフォーマンステストを通じて、作業量によって異なる計算リソースを公平に分配します。

また、Ankrはメインコンポーネントにintel SGXを採用しています。

これにより、ハードウェア内部で実行を処理するため、特定のハードウェアおよびソフトウェアの攻撃に対して高い安全性を確保する事ができます。


オフチェーンのデータとその処理は、オンチェーンのスマートコントラクトとオフチェーンのデータの間を行き来するNative Oracle System(NOS)があります。

このNOSは安全のために認証を必要とします。


そしてデータソースのセキュリティは、ELD1.2、1.3、暗号化PFSによって処理されます。

ANKRの供給量

ANKRの最大供給量は10,000,000,000です。

2022年現在では、まだ循環サプライは最大供給量に達していません。


ERC-20とBEP-20トークンは、取引所での流動生と取引を提供するために使用され、ネイティブのAnkrトークンはブロックチェーン機能にアクセスするために必要です。

上場している仮想通貨取引所

ANKRは、次の仮想通貨取引所に上場しています。

・Binance

・Coinbase Exchange

・Kucoin

・Uniswap(V2)


上場が更新されることもあるため、確認しましょう。

投資における将来性・まとめ

Ankrは、ブロックチェーンノードのホスティングソリューションを簡単・低価格で提供するソリューションです。


競合はそこまで多い方ではありませんが、Web3やDeFiと大別すると競合は多く存在します。

現在は、Ankrでなければならない強固な理由が見当たりませんが、Ankrでなければならない理由があると優位性が生まれますね。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました