【 Hive(HIVE)とは 】創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性まで解説

今回は、仮想通貨「Hive(HIVE)」について解説します。

Hive(HIVE)とは・創設者・特徴・供給量・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性、の順に説明します。

スポンサーリンク

Hive(HIVE)とは

Hive(HIVE)とは、Delegated Proof of Stake(DPoS)プロトコルに基づいて構築されたブロックチェーンベースの金融台帳を伴う分散型情報共有ネットワークです。


Hiveは、様々な種類の情報共有アプリケーションをサポートしています。

無数のDApps・API・フロントエンドは、データ・トランザクション・記録への一般的・直接的なアクセスに貢献しています。

そのため、この既存の多様性・ユーティリティにより、エコシステムはコンツの作成者・消費者・投資家・ビルダーを歓迎しています。


Hiveの公式ホームページはこちらです。

Hive - The Blockchain & Cryptocurrency for Web3
Hive is a DPoS powered blockchain & cryptocurrency. Fast. Scalable. Powerful. Hive has a thriving ecosystem of dapps, communities & individuals.

創設者

30人以上の経験豊富な開発者が新しいエコシステムに貢献しています。

多くの熱心なコミュニティメンバーがHiveの様々な側面に取り組んでいます。

これらの個人は、将来、自分のアカウントを通じて参加を発表する可能性があります。


Hiveは、分散化という共通の目標を信じているコミュニティメンバー・開発者・投資家の多様なグループによって設立されました。

設定されたチームも、その背後にある会社もありません

特徴

分散型共有ネットワーク

様々な種類の情報共有アプリケーションをサポートしています。


そしてHiveは、膨大な量のコンテンツを保存します。

時間ベースの収益化に利用できるようにするために開発されました。

具体的には次の通りです。

・コンテンツプロデューサー向けの収益化された報酬を定挙するソーシャルメディア

・インタラクティブゲーム

・ID管理

・投票システム

・少額融資


ブロックチェーンのパフォーマンスは、通貨とプラットフォームの広範な採用を念頭に置き、スケーリングするように設計されています。

テクノロジーとスケーラビリティ

Hiveの高いトランザクションの量のサポートは、3秒の高速ブロック時間手数料無料のトランザクションと組み合わされています。

そしてほとんどのブロックチェーンネットワークで行き詰まる高度にインタラクティブなアプリケーションを構築するための理想的なプラットフォームになります。

また、従来のスマートコントラクトネットワークの限界を超えたスケーリングを可能にするために、アプリケーションの負荷を異なるサイドチェーンに分散するための第2層アーキテクチャにも独自の焦点を当てています。

※スマートコントラクトとは→【 スマートコントラクトとは 】Defi

スケーリングの制限を緩和するために、アプリケーションの支持者は、ネットソースを割り当てて、好みのアプリケーションに電力を供給することができます。


更に、共通の第1層のブロックチェーンバックボーンの恩恵を受けて分散を確保できます。

このスケーリング機能は、アプリケーション開発者にとって独自の競争環境も可能にします。

ガバナンス・DPoS

創設者の欄で述べたように、Hiveは、分散化という共通の目標を信じているコミュニティメンバー・開発者・投資家の多様なグループによって設立されました。

設定されたチームも、その背後にある会社もありません。

そして、Hiveは、特定の管轄区域に拠点を置いているわけではありません。

世界中の多くの国にノード・利害関係者・貢献者がいます。

Hiveは、ソフトウェア開発とプロトコルアップグレードに関する決定の両方で、DPoSコンセンサスプロトコルを採用した分散型ガバナンスに依存しています。

※DPoSとは→【 DPoSとは 】メリット・デメリット/PoSとの違いまで分かりやすく解説

ステーク加重は、全てのアプリケーションで共有される第1層プロトコルへの変更を有効にすることに同意する必要があります。

そして商人として知られるブロックプロデューサーを選出するために使用されます。

また、安定したベースレイヤーを提供する一方で、第2層アプリケーションは迅速に革新できるようにします。

全てのプロトコル変更は、提案・開発・透明で協力的なチーム作業環境を通じて準備され、実装されます。

それらは、開始から最終リリースまで完全にオープンソースです。

供給量

HIVEの最大供給量は設定されていません


2022年9月時点での循環供給量は、434,403,184です。

上場している仮想通貨取引所

HIVEは、次の仮想通貨取引所に上場しています。

・Binance

・Bithumb

・Huobi Global

・Gate.io

投資における将来性

ハイブは、分散型共有ネットワークです。

大量の情報を保存しておくことができます。


これは大量の情報を保持している企業からするとありがたいシステムかもしれません。

しかし、データ量が多くない個人の私からすると、使い道がないというか良さが理解できないため、その意味で投資しません。


インターネットの情報量が年々増加していく中で需要があるため、時代には適しています。

そのため、インターネットの情報量が増加していくごとに需要も増加していくということです。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました