【 BendDAO 】機能・問題発生についても解説

今回は、「BendDAO」について解説します。

2022年、仮想通貨とNFT市場の下落により、BendDAOは危機に陥っています。

その問題発生に関しては、一番下で述べています。


最初に機能などを一通り解説した後に、今回の問題発生について触れます。

スポンサーリンク
  1. BendDAO
  2. NFT流動性
    1. インスタントNFT担保ローン
    2. 担保リスト
  3. 頭金で購入
  4. NFTコミュニティ向け
    1. 48時間の生産保護
    2. 借り手と同じエアドロップ権
    3. ハッキングリスク回避
  5. セキュリティ
    1. 安全の保ち方
    2. タイムロックのユーザーの保護方法
    3. タイムロックの監視方法
    4. アップグレード可能なプロキシコントラクトを使用する理由
    5. ラグが引っ張られた時の対処法
    6. チームがレンディングプールから優良なNFTとETHを全て取り上げるリスク
    7. チームがアドレスをホワイトリストに登録して、全てのブルーチップNFTとETHをレンディングプールから引き出すリスク
    8. Bend DAOスマートコントラクトに対する保険の有無
  6. Exchange(交換)
    1. WETH・ETHの違い
    2. BendDAOでサポートされている通貨
    3. BendDAOの手数料
    4. 既存にある類似例
  7. 頭金
    1. 頭金の割合の決め方
    2. Down Payment・Buy Now・Pay Later
    3. 分割払いの詳細
    4. 頭金でサポートされているコレクション
    5. 頭金を払った後のウォレット
    6. NFTを取り戻す方法
    7. マーケットプレイスのサポート
  8. 担保リスト
    1. 担保リストの選択
    2. 担保上場後にローンの利息を支払う必要性
    3. 担保リストのキャンセルの可否
    4. 上場廃止後の再上場
    5. 担保上場後に誰もNFTを購入しなかった場合
  9. フラッシュクレーム
    1. NFTがBendに預けられている場合のエアドロップの受け取り方
    2. エアドロップの資格があるかどうかを知る方法
    3. エアドロップのサポートされる方法
    4. プロジェクトが所有者のアドレスに直接エアドロップされた場合、どのエアドロップされたトークンがどの借り手に属しているかを知る方法
    5. ランダムなエアドロップの場合のエアドロップ配布方法
    6. 請求期間を過ぎた場合
    7. プログラミングの知識がない場合のFlash Claim
    8. boundNFTとは
    9. Flash Claimのオープンソース
    10. プログラミングの経験からFlash Claimを実現
    11. BendDAOでのエアドロップサポート
  10. 精算
    1. ヘルスファクター(Health Factor)とは
    2. ヘルスファクターの低下
    3. 担保付きNFTの価値の計算
    4. NFT価格フィードのデザインをアップグレードする計画
    5. 市場生産のリスク回避
    6. 生産が発生した場合
    7. 精算のしきい値
    8. イーサリアムの価格が下落した場合のローン返済
    9. 48時間精算保護メカニズムが有効になっている期間
    10. 最低価格が下落し、オークション入札でカバーできない場合
    11. 最低価格が下落し、オークションに関与する精算人がいない場合
    12. 最低価格0になった場合
    13. オークションのロイヤリティ
    14. 最高入札者である場合にNFTを入手する方法
    15. 一括借入を使用した場合のローンの作成
    16. 入札額が最高額でない場合
  11. フェアローンチ
    1. IFO
    2. BEND IFO
    3. BENDトークンでできること
    4. IFOの参加
    5. BENDの購入数
    6. ロックアップ
    7. IFOに参加して得られること
    8. 受け取ったveBENDトークンの数
  12. トークノミクス
    1. BENDトークンの有用性
    2. veBENDとは
  13. NFT流動性
    1. 売り手の視点から
    2. 買い手の視点から
  14. 即時の貸出と返済
    1. ETHの借入・返済
    2. 担保として使用できるNFT
    3. NFT価格発見
    4. 担保比率とは
    5. 48時間清算保護
  15. 真の所有権
    1. boundNFTとは
    2. boundNFTのユーティリティ
  16. フェアローンチ
    1. ガバナンス
    2. 初期フェアローンチオファリング
    3. 調達したETHの使用用途
    4. ルール
    5. リーススケジュール
  17. ロードマップ
  18. 問題発生

BendDAO

BendDAOは、インスタントNFT担保ローン・担保リスト・NFT頭金をサポートするNFT流動性プロトコルです。

頭金・借入・上場のシームレスなエクスペリエンスは、ユーザーにとってクローズドループ、つまりワンストップのNFT流動性ソリューションを提供しています。


BendDAOの公式ホームページはこちらです。

BendDAO - Web3 Data Liquidity
BendDAO is the first decentralized peer-to-pool based NFT liquidity protocol.

NFT流動性

優良NFT保有者がBendDAOで流動性を得る方法です。

インスタントNFT担保ローン

BendDAOは、最初の分散型ピアツープールベースのNFT流動性プロトコルです。

NFT保有者は、NFTを担保として即座にレンディングプールを通じてETHを借りることができます。

貯金者は利子を得るためにETHの流動性を提供します。

レバレッジNFT取引は、即時のNFT担保ローンに基づいています。

担保リスト

NFTの所有者・売り手は、売り出す前に、リストのフロア値の最大40%を即座に取得することを選択できます。

即時の流動性は、実際には即時のNFT担保ローンによって提供されます。

買い手は、取引後に利子を含めてローンを完済します。


既存の借り手は、担保を直接BendDAOにリストできます。

利子付き債務を差し引いた残額は、取引後に借り手(売り手)に振り込まれます。

頭金で購入

購入者は、実際の価格に応じて最低60%の頭金を支払い、主要なNFTマーケットプレイスからブルーチップNFTを購入し、残りをカバーするためにAAVEからフラッシュローンを開始することができます。

フラッシュローンの借入額は、BendDAOのインスタントNFT担保ローンを通じて返済されます。


買い手は、頭金で自動的に借り手になります。

また、借り手は、抵当に入れられたNFTを売りに出すこともできます。

NFTコミュニティ向け

48時間の生産保護

市場の変動による損失を回避するために、借り手は48時間の清算保護期間を設けてローンを返済します。

借り手と同じエアドロップ権

借り手は、関連する全てのNFTホルダーエアドロップの対象となります。

BendDAOは、NFTが担保プールにあるときに、バウンドNFT保有者にエアドロップを収集して配布します。

更に、借り手は、Flashloan機能を使用してNFTを担保プールに残したままで、他のプロトコルでNFT報酬を請求できます。

ハッキングリスク回避

NFTは、インスタントNFTローンを通じてERC721バウンドNFTを表すものに変換されます。

boundNFTは、盗難のリスクを回避するために譲渡できません

一方、boundNFTには、NFTアバターをサポートするWeb2ソーシャルメディアプラットフォームで使用できる同じデジタル自己表現があります。

セキュリティ

安全の保ち方

BendDAOチームは、プロトコルが最高のセキュリティ基準に適合するように、必要な全てのリソースを費やしてきました。


・Verilogによる2回めの監査レポート

https://www.verilog.solutions/audits/BendDAO/(現在開けません)

・BendDAOメインネットの立ち上げ前に、CertikはBendDAOの監査レポートを発行

Bend DAO - CertiK Security Leaderboard
Stay up to date with the latest security insights on Bend DAO : Smart Contract Audit, Skynet Security Scores, Badges, CertiKShield and many more security-focuse...

・最大100万ドルのBendDAOバグ報奨金

BendDAO Bug Bounties | Immunefi
Find bugs and vulnerabilities on BendDAO and get paid up to ,000,000.

・7日間のタイムロックが設定された全てのBoundNFTプロトコルコントラクト

・24時間のタイムロックを使用する全てのBendDAOrエンディングプロトコルコントラクト

タイムロックのユーザーの保護方法

タイムロックは、コントラクトのアップグレードやトークンの転送などの主要な操作の遅延を追加するために使用され、ユーザーが操作を知り、プロトコル操作が実際に有効になる前にアクションを実行できるようにします。

この時間の遅延により、チームが悪意を持ったり侵害されたりした場合に、ユーザーはプロトコルを終了する機会が与えられます。

・全てのBound NFTプロトコル契約:7日間のタイムロック

・全てのBend DAOレンディングプロトコルこんとらくと:24時間のタイムロック

タイムロックの監視方法

ユーザーはEthrscanを使用してアラートを設定できます。

資金取引やProtocolのアップグレードなど、契約アドレスで契約の変更が確認されると、電子メールが送信されます。

・全てのBoundNFTプロトコル契約:7日間のタイムロック

TimelockController | Address 0x4e4C314E2391A58775be6a15d7A05419ba7D2B6e | Etherscan
The Contract Address 0x4e4C314E2391A58775be6a15d7A05419ba7D2B6e page allows users to view the source code, transactions, balances, and analytics for the contrac...

・全てのBendDAOrエンディングプロトコルこんとらくと:24時間のタイムロック

TimelockController | Address 0x652DB942BE3Ab09A8Fd6F14776a52ed2A73bF214 | Etherscan
The Contract Address 0x652DB942BE3Ab09A8Fd6F14776a52ed2A73bF214 page allows users to view the source code, transactions, balances, and analytics for the contrac...

アップグレード可能なプロキシコントラクトを使用する理由

BendDAO契約にアップグレード可能なプロキシを使用する理由は、資金が安全であることを確認するためです。

バグが見つかった場合、チームはアップグレード可能なプロキシを使用して機能を改善できます。


信頼の問題を回避するために、全てのコントラクトにはタイムロックがあります。

タイムロックは、アップグレードがすぐにではなく一定期間後にのみ実行されることを示すスマートコントラクト機能です。

アップグレードが実際に有効になる前に、全てのユーザーがアクションを実行する時間枠があります。

・全てのBoundNFTプロトコル契約:7日間のタイムロック

・全てのBendDAOrエンディングプロトコルコントラクト:24時間のタイムロック

ラグが引っ張られた時の対処法

仮想通貨のラグプルとは、チームが突然プロジェクトを放棄し、DEXから全ての流動性を売却または削除することです。

チームの代わりにDAOメンバーがUniswapで全てのBEND /ETH流動性を提供します。

最初のチームトークンのリリースは、2023年5月に行われます。

チームは現在BENDトークンを保有していません。

チームがレンディングプールから優良なNFTとETHを全て取り上げるリスク

技術的には、借り手・貸し手のアドレスのみが引き出し機能を呼び出すことができます。

チームがアドレスをホワイトリストに登録して、全てのブルーチップNFTとETHをレンディングプールから引き出すリスク

技術的には、チームはそれを行うことができません。

しかし、チームができたとしても、タイムロックのために実装に遅れが生じるでしょう。

タイムロックにより、ユーザーはProtocolのアップグレードが実際に有効になる前に、更新を確認してアクションを実行できます。

この時間の遅延により、チームが悪意を持ったり侵害されたりした場合に、ユーザーは全ての資産を撤回してプロトコルを終了する機会が与えられます。

Bend DAOスマートコントラクトに対する保険の有無

BendDAOスマートコントラクトに対する保険はありません。

保険はスケーラブルなプロトコルでは機能しないからと述べています。

また、これまでDeFiエクスプライトの損失をカバーする保険はありませんでした。

安全な運用と監査は、保険ではなく、セキュリティの脆弱性のリスクを軽減するための鍵です。

Exchange(交換)

WETH・ETHの違い

ETHとして知られるEthereumは、イーサリアムブロックチェーンのネイティブ通貨です。

ETHは、マイナーにインセンティブを与えるためのイーサリアムの取引手数料の支払いなどに使用されます。

WETHはラップされたエテールです。

詳細→【 Wrapped Bitcoinとは 】分かりやすく解説・WETHも含めてまとめ

WETHはETHのERC-20互換バージョンです。

1ETHは常に1WETHに相当します。

ETH自体は、アイテムの入札に対して事前承認することはできません。

そのため、ラップする必要があります。


ETHがWETHにラップされると、BendDAOの貸出や交換などの分散型アプリケーションでの高度なやり取りに使用できます。

BendDAOでサポートされている通貨

BendDAOはETHとWETHの両方をサポートしています。

一部の機能は非常に複雑で、WETHを使う必要があります。


固定価格でNFTを購入する場合はETHを使用できます。

しかし固定価格でNFTを購入するだけでなく、NFTでオファーを出す場合には、WETHを使います。

BendDAOの手数料

取引手数料:販売価格の2%

ロイヤリティ量:販売価格の0〜10%(コレクション作成者に支払われる)

既存にある類似例

住宅市場は、このレバレッジを利用した優良NFT取引プラットフォームの現実世界に類似しています。

頭金で家を購入し、ローンの利息を支払うことができます。

ローンが完済できなくても、家を売ることができるシステムと同様です。

頭金

頭金の割合の決め方

頭金=合計金額ー最低価格の40%・30%

コレクションLTV頭金
・BAYC
・CryptoPunks
フロア価格の40%60%以上
・MAYC
・Doodkes &Space
・CloneX
・Azuki
フロア価格の30%70%以上

NFTの合計価格が収集下限価格よりも非常に高い場合、頭金の割合が増加します。

Down Payment・Buy Now・Pay Later

BendDAOの課金付き購入はP2Pベースではないため、ユーザーはすぐに購入を実行できます。

しかも分割払いはありません。

分割払いの詳細

分割払いはありません。

ユーザーはNFTを担保としたローンを利用し、BendDAOの借り手になります。

好きなタイミングで返済できます。

借金の返済に一定の期間はありません。

ただし、精算を避けるために、ローンの健全性要因に注意する必要があります。

時間が経つにつれて、未収利息が増加して健康係数が減少し、精算される可能性が高くなります。

頭金でサポートされているコレクション

・BAYC

・CryptoPunks

・MAYC

・Doodles

・Space Doodles

・CloneX

・Azuki

頭金を払った後のウォレット

元のNFTが担保として使用されるため、BoundNFTはウォレットにあります。

NFTを取り戻す方法

ローンを完済するとNFTを受け取れます。

マーケットプレイスのサポート

より多くのNFTアグリゲーター・マーケットプレイスが登場します。

担保リスト

この機能は、売り手により良い流動性を提供するように設計されています。

売り手は、取引を待っている間に現金化できます。


即時の流動性は、将来の買い手からの前払いとみなすことができます。

担保リストの選択

出品する前に最低価格の最大40%を即座に取得できます。

その間、NFTは担保としてプールに預けられます。

前払いは、実際には即時のNFT担保ローンによって提供されます。

担保上場後にローンの利息を支払う必要性

取引が成立すると、買い手は取引後に利子を含めてローンを完済します。

売り手が受け取る金額=合計価格÷利息付きの負債

担保リストのキャンセルの可否

担保リストのキャンセルはできます。

いつでもリストから削除できます。

そして、ILLの後、BendDAOの信用者でもあります。

NFTを償還したい場合は、ローンを完済する必要があります。

上場廃止後の再上場

上場廃止後、再上場はできます。

いつでも担保をリストできます。

担保上場後に誰もNFTを購入しなかった場合

担保上場後に誰も自身のNFTを購入しなかった場合は、精算が発生する可能性があります。

出品時に実際にローンを組むからです。

ローンの健康要因に注意する必要があります。

時間が経過すると、発生した利息が増加して健康計数が減少し、48時間の精算保護が発生する可能性があります。

フラッシュクレーム

NFTがBendに預けられている場合のエアドロップの受け取り方

Flash Claim機能は、このシナリオに向けに設計されています。

ダッシュボードで「Flash Claim」を見つけると、借り手は関連するエアドロップを請求できます。

エアドロップの資格があるかどうかを知る方法

菅r年するboundNFTを保持している場合、エアドロップを受け取ることができます。

全ての借り手は、BendにNFTを正常に入金すると、bound NFTを受け取ります。

エアドロップのサポートされる方法

Flash Claimは2種類のエアドロップをサポートしています。

①プロジェクトは、契約アドレスに直接エアドロップする

②エアドロップは所有者が請求する必要がある(契約アドレスの制限はない)

プロジェクトが所有者のアドレスに直接エアドロップされた場合、どのエアドロップされたトークンがどの借り手に属しているかを知る方法

Bend DAOは、プロジェクトによって設定されたエアドロップルールに従います。

特定のエアドロップとランダムなエアドロップの両方をサポートできます。

ランダムなエアドロップの場合のエアドロップ配布方法

BendDAOでの配布方法もランダムです。

公平性・安全性のために、Bend DAOランダムアルゴリズムはChainlink VRFインフラストラクチャに基づいてトークンを配布します。

VRFサブスクリプションIDはChainlink:B1にあります。

だドロップ配布ようのコードはGithun:AirdropDistribution.soにあります。

請求期間を過ぎた場合

プロジェクトが契約アドレスを含む所有者のアドレスに直接エアドロップされる場合は、BendDAOでいつでもFlash Claimエアドロップを行うことができます。

エアドロップの有効期限はありません。


所有者がエアドロップを請求する必要がある場合(契約アドレスの制限なし)、有効期限はBendDAOではなくプロジェクトによって決定されます。

プログラミングの知識がない場合のFlash Claim

プログラミングの知識がなくてもFlash Claimできます。

プログラミング要件はありません。

最初のFlash Claimでは、Deplou Airdrop Receiver Contactをクリックする必要があります。

これは一度だけ必要です。

boundNFTとは

NFT担保ローンの場合、借り手がBendDAOにNFTを入金すると、boundNFTがDebt NFTとして作成されます。

カストディの場合、NFT担保者がBendDAOにNFTを預けると、boundNFTがレシートNFTとして作成されます。

Flash Claimのオープンソース

Flash Claimはオープンソースです。

BoundNFT Githubにアクセスしてください。

boundnft-protocol/contracts at main · BoundNFT/boundnft-protocol
Bound NFT Protocol. Contribute to BoundNFT/boundnft-protocol development by creating an account on GitHub.

プログラミングの経験からFlash Claimを実現

プログラミングの経験からFlash Claimを実現できます。

ユーザーは、Flash Claimを実装sルウためのコントラクトを作成することもできます。

これに関しては、Githubでデモを確認できます。

GitHub - BendDAO/bend-flashclaim-demo: Flash claim demo contract
Flash claim demo contract. Contribute to BendDAO/bend-flashclaim-demo development by creating an account on GitHub.

BendDAOでのエアドロップサポート

技術的には、担保に関連する全てのエアドロップをサポートできます。

BendDAOがサポートする担保は次のとおりです。

・BAYC

・CryptoPunks

・MAYC

・Azuki

・CloneX

・Doodles


他のエアドロップをサポートして欲しい場合は、Discordにて連絡できます。

精算

BendDAOで40ETHを即座に借りた場合のBAYCの最低価格が100ETHであると仮定します。

フロアの最低価格が44ETHに下がった場合、NFT担保ローンの健康係数が1を下回るため、48時間の精算保護がトリガーされる可能性があります。

Health Factor=(44×90%)/(40+interests)<1

Health Factor=(最低価格*生産のしきい値)/利息付きの負債

ヘルスファクター(Health Factor)とは

ヘルスファクターとは、借りたETHとその基礎となる価値に対するデポジットされたNFTの安全性を数値で表したものです。

値が高いほど、資金の状態が精算シナリオに対して安全であることを示しています。


ヘルスファクターが1に達すると、預金の生産がトリガーされます。

ヘルスファクターが1未満の場合、精算されることがあります。

HF=2の場合、担保価値とシャクニュ学は2分の1の50%減少する可能性があります。

ヘルスファクターは、借りた資金の価値に対する担保の精算しきい値に依存します。

全ての付帯パラメーターは、リスクパラメーターセクションにあります。

ヘルスファクターの低下

預金の値の変動に応じて、ヘルスファクターが増減します。

ヘルスファクターが増加すると、精算のしきい値に達する可能性が低くなるため、借入ポジションが改善されます。

代わりに、借りた資産に対する担保資産の価値が減少した場合、ヘルスファクターも減少し、生産のリスクが増加します。

担保付きNFTの価値の計算

NFTの下限価格は、現在、担保付きNFTの価格フィードとして使用されています。

もとの価格データは、最も有名なNFTマーケットプレイスであるOpenSeaとLooksRareから取得されます。

担保価値は、BendのUSDTではなくEther建てです。

NFT価格フィードのデザインをアップグレードする計画

現在、市場には洗練されたNFT価格フィードソリューションがないため、最低価格を使用sルウものが最も安全な選択かもしれません。

Bendは、より良い選択肢が生じた場合、新しいNFTオラクルを含めることを検討します。

市場生産のリスク回避

48時間精算保護・NFTオークションは、NFTがすぐに精算されないことを意味します。

一方、精算人の入札額はOpenSeaのフロア最低価格と同じでなければなりません。

生産が発生した場合

NFTローンのヘルスファクターが1未満の場合、入札者はNFTオークションと48時間の精算保護に関して精算をトリガーできます。


借り手(担保付きのNFTを持つユーザー)は、48時間以内にローンを返済することができます。

精算のしきい値

精算のしきい値は、担保価値に対する負債と利子を意味する最大の融資価値(LTV)です。

担保の精算しきい値が90%の場合、ローンは負債の価値が担保の価値に90%に達したときに精算されます。

精算のしきい値は担保ごとに指定され、パーセンテージポイントで表されます。

イーサリアムの価格が下落した場合のローン返済

全てのNFTは、BendではUSDTではなくETH建てです。

ETHの価格とNFTの価格は必ずしも関連しているわけではありません。

48時間精算保護メカニズムが有効になっている期間

借り手は、48時間精算保護メカニズムが有効になっている間、利息を払い続ける必要があります。

48時間の精算保護期間中、NFTに裏打ちされたローンはまだ有効だからです。

安全性と公平性のために、NFTの下限価格が通常の価格に戻った後でも、借り手は最初の入札者に最大(負債の5%、0.2ETH)のペナルティを支払う必要があります。


これは怒らないと信じています。

精算メカニズムは、NFTの割引購入・罰金の償還など、包括的なインセンティブメカニズムで設計されています。

オークションに参加する精算人は寛大な裁定取引を得ることができます。

最低価格が下落し、オークション入札でカバーできない場合

入札は次の条件を満たさなければならないため発生しません。

①最低料金の95%以上

②累積負債の合計よりも大きい

③以前の入札額に1%の負債を加えた額よりも高くなる

最低価格が下落し、オークションに関与する精算人がいない場合

短期的な変動かどうかを定義する必要があります。

NFTフロアプライスの短期的な変動は正常です。

ブルーチップNFTのコンセンサスは1日で構築されたものではありません。

そのため短期間で崩壊することはありません。


この場合、プラットフォームには一時的な変動損失のみがあります。

しかし実際の損失はありません。

借り手が将来のある時点で債務を返済するか市場価格が回復した後、一部の精算人が債務の競売に参加するようになります。


コレクションが優良なNFTとみなされなくなった場合、上場廃止が発生する可能性があります。

上場廃止の参照は下のリンクです。

NFT Delisting Reference
Summary Bluechip NFT Eligibility Requirements v2 have been decided by DAO voting. Details: Snapshot From a financial perspective, the assets of BendDAO are th...

最低価格0になった場合

Bend DAOは、市場に認められ、少なくとも複数回の浮き沈みを経験した高品質のブルーチップNFTのみをリストします。

ガバナンスを通じて決定された優良なNFTの資格要件は、ブルーチップ NFTの資格要件の項目をご覧ください。

BendAOは優良NFTの市場指標を継続的に監視し、担保比率やNFTの上限廃止などのコミュニティガバナンスを通じてリスクパラメーターwタイムリーに調整します。

コレクションが優良なNFTとみなされなくなった場合、上場廃止が発生する可能性があります。

NFT Delisting Reference
Summary Bluechip NFT Eligibility Requirements v2 have been decided by DAO voting. Details: Snapshot From a financial perspective, the assets of BendDAO are th...

オークションのロイヤリティ

BendDAOでのオークションにはロイヤリティはありません。

最高入札者である場合にNFTを入手する方法

オークション終了後、落札者のオークションページに「Liquidate」(精算)ボタンが表示されます。

ボタンをクリックすると、精算されたNFTがウォレットに転送されます。

一括借入を使用した場合のローンの作成

1つのNFTワンローンです。

各ろーんには独自のヘルスファクターがあります。

入札額が最高額でない場合

入札額が最高額でない場合、入札額を請求する必要はありません。

入札はWETHのウォレットに自動的に返金されます。

フェアローンチ

IFO

FはFair Launchです。

・VCなし

・事前販売はない

・ホワイトリストなし

・100%の収入はトークン所有者に渡される

BEND IFO

イニシャルフェアローンチオファリング(IFO)は、BENDトークンフェアローンチの一部です。

BEND IFOは、一般からETHをプールする資金調達アプローチです。


調整されたETHの66%はBend ETHrエンディングプールに使用されます。

ETHの34%はBend dev操作に使用されます。

ルールは次のとおりです。

・1,000,000,000(10%)BEND トークンが初期フェアローンチオファリングに割り当てられる

・一般に公開

・各参加者にETHの割り当て制限はない

・1ETH=333,333BEND

・IFOの後、売れ残ったBENDは全てDAO Treasuryに送られる

・各参加者は、IFO中のロックアップ期間を0週間から4年間の間で選択できる

・ロックアップの瞬間から、所有者はプロトコル収入を共有する

BENDトークンでできること

BEND保有者は、BENDをステークして、投票エクスクローBEND(veBEND)を取得できます。

IFOに参加すると、ユーザーのBENDは自動的に賭けられます。

veBENDトークンを受け取ります。

BENDを長くロックするほど、より多くのveBENDが得られます。


veBENDには、投票と獲得という2つの主な用途があります。


【投票】

veBENDの保有者は、BendプロトコルがETHのしゃくにゅうと流動性の提供をサポートできる担保としてのNFTの投票に参加できます。

サポートされているNFTの流動性が向上する限り、全てのNFT保有者に利益をもたらします。


【収益】

プロトコル収入の100%は、BENDをステークスるveBEND保有者に分配されます。

IFOの参加

ETHのメインネット上に分散型ウォレットを持っている全ての人が参加できます。

ホワイトリストもKYCもありません。

BENDの購入数

各参加者にETHの割り当て制限はありません。

比率は1ETH=333,333BENDです。

ロックアップ

ロックアップはありません。

IFOに参加して得られること

IFOに参加すると、投票エスクローBENDが得られます。

veBENDは賭けられたBENDです。

veBENDトークンアドレスをウォレットに追加すると、veBEND残高を確認できます。

veBENDは、BENDをステーキングしたときに受け取るトークンである投票エスクローBENDトークンの略です。

BENDを賭ける時間が長いほど、より多くのveBENDが得られます。

受け取ったveBENDトークンの数

受け取ったveBENDトークンの数は最大です。

ロックアップ期間は4年です。

式は下の通りです。

最大時間 = 4 * 365 * 86400 unlock_time < (block_time + MAXTIME) veBEND_amount = BEND_locked_amount / MAXTIME * (unlock_time – block_time)

トークノミクス

BENDトークンの有用性

BENDはBend DAOのガバナンストークンです。

※ガバナンストークンとは→仮想通貨における【 ガバナンストークンとは 】詳細まで分かりやすく解説


END保有者は、BENDをステークして、投票絵スクローBEND(veBEND)を取得できます。

veBENDとは

veBENDには、投票・獲得の2つの主な用途があります。


【投票】

veBENDの保有者は、BendプロトコルがETHの借入と流動性の提供をサポートできる担保としてのNFTの投票に参加できます。

サポートされているNFTの流動性が向上する限り、全てのNFT保有者に利益をもたらします。

NFT流動性

インスタントNFT担保ローンに基づいて、NFTプレイヤーは担保のリストが可能になります。

売り手の視点から

【担保リスト】

担保リストを使用すると、NFT保有者・売り手は、即時NFT担保ローンを選択して、上場時に最低価格の最大40%を即座に受け取ることができます。

既にBendDAOの借り手である場合は、いつでも担保をリストできます。


ユーザーは、担保の上場後、BendDAOで借り手・売り手になります。

買い手の視点から

【NFT頭金】

買い手は、実際の価格に応じて最低60%の頭金を支払うことができます。

残りをカバーするためにAAVEからフラッシュローンを開始しながら優良NFTを購入できます。

フラッシュローンのしゃくにゅうがくは、Bend DAOのインスタントNFT担保ローンを通じて返済されます。


買い手は、頭金で自動的に借り手になります。

また、借り手は、抵当に入れられたNFTを売りに出すこともできます。

即時の貸出と返済

ETHの借入・返済

インスタントNFT担保付きローンは、優良なNFT担保者に即時の流動性をもたらします。

NFT保有者はいつでもETHを借り手返済することができます。

一致する時間はありません。

NFT保有者むけのトラストレスな流動性ソリューションです。

Ethereumを借りるための担保としてNFTを入金します。

預け入れられたNFTはNFTプールに入れられ、BoundNFTに変換されます。

担保として使用できるNFT

Bored Ape YC・CryptoPunks・Mutant Ape YC・Azuki・CloneX・Doodlesが担保としてサポートされるようになりました。


MAYC・Azuki・CloneX・Doodlesは、BENDステーカーによって選択されます。

NFT価格発見

NFTの加減価格は、複雑なアルゴリズムを使用して計算されます。

元の価格データは、OpenSeaである有名なNFTマーケットプレイスから取得されます。

・Bendチームは現在、NFT価格オラクルを管理している

・将来的には、Bendガバナンスメカニズムがソースの選択を管理する

担保比率とは

名前シンボル担保比率精算のしきい値清算ボーナス交換期間(日)オークション期間(日)罰金の償還
CryptoPunksCryptoPunks40%90%5%221%
Bored APe YCBAYC40%90%5%221%
Others未定30%90%5%221%

48時間清算保護

48時間以内に返済すれば清算されません。

NFT保有者は、NFTの所有権を譲渡したくありません。

そのため、NFTを販売する代わりに、他の流動性ソリューションを探しています。

市場の変動による損失を回避するために、借り手は48時間の精算保護期間を設けてローンを返済します。

48時間の清算保護期間内に返済した場合、NFT担保ローンが清算されることはありません。


【借り手(担保付NFT)】

オークション中(48時間の清算保護期間)、NFT所有者の安全のために、借り手(担保付きNFTを持つユーザー)は、オークションの開始から48時間以内位にローンを返済することができます。


安全性・公平性のために、NFTの下限価格が通常の価格に戻った後でも、借り手は一部のローン債務(50%)を返済し、最大(債務の5%・0.2ETH)のペナルティを清算人に支払う必要があります。


【入札者】

ベンドオークションメカニズムでは、にゅううさつがくが最低価格よりも高い限り、入札者は誰でもNFTの所有権を取得できます。

このようにして、全てのNFTに価格発見メカニズムが与えられ、取引が透明になります。

Bendoの議定書は、システム内のローンの健全性に依存しています。

これは、負債・下限価格設定・清算のしきい値に関するヘルスファクターとしても知られています。


市場の変動による損失を避けるために、ヘルスファクターが1を下回ると、NFTオークションが開始されます。

誰でもオークションに参加できますが、NFT所有者の安全のために48時間のオークションウィンドウが設けられます。

オークションが開始されると、入札者は入札額が以前の価格よりも高い限り、入札することができます。

真の所有権

boundNFTを使用すると、エアドロップや潜在的なクレームを見逃すことはありません。

boundNFTとは

借り手がBendDAOにNFTを入金すると、boundNFTがDebt NFTとして発行されます。

boundNFTは、ボールト機能に完全なセキュリティと同じデジタル自己表現を提供するように設計されています。

boundNFTには、所有している元のNFTと同じメタデータとトークンIDがあります。

つまり、ソーシャルメディアのPFPにウォレットでboundNFTを使用できます。

譲渡も承認もできないため、誰もユーザーのbound NFTを盗むことはできません。

boundNFTのユーティリティ

・借用と返済のためにミントされ、バーンされた時の負債NFTとして

・譲渡不可・承認不可でハッキングからNFTオーナーを保護する

・Twitter BlueのPFPと同じメタデータ

・エアドロップ・クレーム・ミント可能なアセットのいずれかをそれによって取得する


また、フラッシュ請求の機能により、boundNFT所有者は、NFTが担保としてまたはカストディサービスで使用されている間に、他のプロトコルでNFT報酬を請求できます。

フェアローンチ

ガバナンス

BENDの保有者は、BendプロトコルがETHの借入・流動性の提供をサポートできる担保としてのNFTの投票に参加できます。

サポートされているNFTの流動性が向上する限り、全てのNFT保有者に利益をもたらします。

CryptoPunksとBAYCは、Bendが正式にローンチされたときに担保としてサポ0とされる、認められたブルーチップNFTです。

MAYC・Azuki・CloneX・Doodlesがコミュニティ投票による担保としてサポートされるようになりました。

BENDのフェアローンチ後、BEND保有者はBENDを入金してveBEND を入金してveBENDを取得できます。

これは投票エクスローBENDの略です。

初期フェアローンチオファリング

初期フェアローンチオファリングを通じて得られた全ての資金は、BENDチームの研究開発・市場運営・広告・その他の活動に使用されます。

調達したETHの使用用途

ETHの66%はBendプロトコレンディングプールに使用されます。

ETHの34%はBend開発オペレーションに使用されます。

ルール

・1,000,000,000(10%)BENDトークンが初期フェアローンチオファリングに割り当てられる

・一般公開

・1ETH=333,333BEND

・IFO後、売れ残りのBENDは全てDAO財務省に送られる

リーススケジュール

・エアドロップ

・IFO

・Bend DAOトレジャリー

【Bluechip NFTコミュニティ投票】

インスタントNFTに裏打ちされたローンサポートを備えたNFTプロジェクトは、プロジェクトに正の流動性サイクルを作成し、より強力な価格サポートと長期的なコミュニティ開発をもたらします。

CryptoPunksとBored Ape YCは、Bendが正式にローンチされたときに担保としてサポートされる、認められたブルーチップです。

ガバナンスを備えたNFT担保の最初のバッチとして、さらに4つのNFTが選択されます。

そのれは、Mutant Ape YC・Cool Cats・Doodles・CloneX・Azuki・World of Women・CyberKongzです。


BENDのフェアローンチ後、BEND保有者はBENDを入金してveBENDを取得できます。

これは投票エスクローBENDの略です。


【マルチシグ選挙】

マルチしぐエレクションは、トランザクションを監視し、代理で実行される冪ではないトランザクションを拒否する委員会を形成することです。

ロードマップ

BendDAOロードマップは、BendProtocolの開発とエコシステムの構築を要約したものです。

いくつかの季節に構成されています。

各シーズンは、コミュニティガバナンス全体で議論・投票・実装される一連の提案を中心にしています。


Bendのシーズンは順次配信されます。

しかし、各しーずんの作業は並行して行われます。

多くの場合、さまざまな開発ストリームで研究・プロトタイピング・開発が同時に進行します。

各シーズンの作品が集められ、努力の月を表す専用のセクションに表示されます。

ここでは、シーズンの目標の概要・コア機能の説明を確認できます。

2021年Q4・コンセプションクリエーション
・チーム構築
・製品プロトタイプ
・テストネットの起動
2022年Q1・BENDトークンエアドロップ
・フェアローンチIFO
・セキュリティ監査
・メインネットローンチ
・DAOガバナンスと投票
・その他のBluechip NFTオンライン提案
2022年Q2・DAOガバナンス改善提案
・生態系構築の提案
・頭金NFTプロポーザルを購入
・Bluechip NFTレバレッジ取引プラットフォーム
2022年Q3・P2P NFTrエンディング提案
・その他のBluechip NFTオンライン提案
2022年Q4・NFTレンタルの提案
・無許可のプール提案
・ユニバーサルWeb3データの流動性

問題発生

BendDAOでは、ユーザーは通常、NFTを担保に、そのNFTのフロア価格(マーケットプレイスでの最低購入価格)の30〜40%の額の融資を受けることができます。

しかし、2022年の仮想通貨の下落相場につられ、NFTのフロア価格も数ヶ月で急落しました。

これにより、問題が発生しました。

BendDAOで既に融資を受けている272個のBAYCのうち45個が、担保のNFTが売却される危機に陥っています。

これはつまり、530万ドル(約7億1500万円)のBAYCが清算の危機にさらされているということです。


大量の清算が発生した場合、次のリスクがあります。

・Bored Apesの連鎖的な生産により価格が下落するリスク

・人気NFTの価格下落により、他のNFT価格の下落誘因となるリスク

・BendDAOの倒産リスク

・他のNFT融資サービスにも影響を与えるリスク


これらのリスクは潜在的にありますが、上記でも述べているように、BendDAOブルーチップNFTは短期間で崩れることはないと述べているため、これがどれほど耐え続けることができるかにもかかっています。

また、NFTはETHで購入されるため、ETHの価格変動の影響も受けます。

NFTフロア価格とETHの価格の双方の影響を受けるため、それらの相場にも適応して行く必要があるのです。

現在は仮想通貨の市場全体が下落相場のため、ダブルパンチで非常に苦しい状況にあります。

更に、2021年にはNFTがアートとして盛り上がっていましたが、だんだんとNFTの持つ意味合いが変化してきています。

NFTにもユーティリティが求められるようになってきているため、アートとしてのNFTの価格維持が困難になっていくことも予測されます。

そのため、NFTの捉え方や仮想通貨の業界の変化も含めて情報収集していく必要があります。

2022年の下落相場でも、倒産していくプロジェクトが多くありましたが、BendDAOはそれを乗り切れるかは上記にかかっていると考えられます。

また、乗り切れてBendDAOも時代と共に進化できたら今回の危機はむしろ信頼に変わるようにもなります。

ただし現状は厳しいため、学びのためにも情報を今後も追っていきましょう。

仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました