【 アクティビスト投資家とは 】アクティビストの意味から解説

今回は、「アクティビスト投資家」について、アクティビストの説明と共に解説します。

スポンサーリンク

アクティビスト投資家とは

アクティビスト投資家の前に、アクティビストについて解説します。


アクティビストとは、株式を一定程度取得した上で、その保有株式を裏付けとして、投資先企業の経営者に提言を行うことです。

この目的は、企業価値の向上です。

具体的には、経営者との企業に関する対話や交渉株主提案権の行使会社提案議案の否決に向けた委任状勧誘などです。


アクティビスト投資家とは、このアクティビストを行なっている投資家のことです。

実際のアクティビスト投資家

近年では、株式の保有割合が低かったとしても、株主総会などで積極的に提言を行う人が増加してきています。


日本では、代表的なアクティビスト投資家に村上さんがいます。

そして、その村上さんの村上ファンドとして現在も活動が行われています。


ターゲットや方法によって様々な投資が存在します。

他にも、ベンチャー投資(詳細→【 ベンチャー投資とは 】投資方法とその種類まで解説)など様々です。

そのため、自分に適した投資方法を続けることができると良いですね。

https://accounts.binance.info/ja/register?ref=TT7DEOPV



株式
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました