仮想通貨における【 TGEとは 】分かりやすく解説

今回は、「TGE」について解説します。

スポンサーリンク

TGEとは

TGEは、「Token Generating Even」(トークン・ジェネレーティング・イベント)の略称です。


TGEとは、ホワイトペーパーを用いて、投資家から仮想通貨による資金調達をすることです。

資金調達方法は、お馴染みのIDO(詳細→【 IDO(イニシャル・デックス・オファリング)とは 】他のオファリング方法との違い・メリット・デメリットについても解説)やICO(詳細→仮想通貨における【 ICOとは 】歴史・機能・条件・規制・リスク/IPO・IEOとの違いまで解説)に似ています。


しかし、TGEとICOは、投資家からの「信頼性」という点で異なります。

TGEでは、調査機関が、ホワイトペーパーやロードマップ等の計画書を監査します。


これらの監査に通過すると資金調達できます。

つまり、TGEは監査に通過し、資金調達することが特徴です。

ICOは、これらの監査がありません。

そのため、TGEは、ICOより信頼性が高い資金調達方法になっています。

TGEの監査

監査内容は下記です。

・法的問題

・プロジェクト

・財務状態

・調達した資金の用途

・トークンの活用方法

・流動させる方法

などです。


つまり監査では、コンプライアンス(法令遵守)やデューデリジェンス(価値やリスクの計測)に関して調査されているということです。

TGEのメリット・デメリット

TGEにはメリットもデメリットもあります。

メリット

・TGEに通過すると、社会的信頼性が高くなる

・投資家に信頼して投資してもらえるため、資金調達しやすくなる

・TGEトークンの価格は上がりやすい(期待されやすい)

デメリット

・監査を通過させる難易度が高い

・監査を通過させることに時間がかかる(速さが重要な市場の場合不利となってしまうこともある)

・期待される分、計画から外れると失望売りに替わる可能性がある


これをまとめると、信頼性は高くなるが市場への発表は遅くなってしまうということです。




Cryptocurrency Prices, Charts And Market Capitalizations | CoinMarketCap
Top cryptocurrency prices and charts, listed by market capitalization. Free access to current and historic data for Bitcoin and thousands of altcoins.
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました