仮想通貨における【 自動マーケットメーカー(AMM)とは 】分かりやすく解説/代表例Uniswap

今回は、仮想通貨における「自動マーケットメーカー(AMM)」(Automated Market Maker)について解説します。

スポンサーリンク

自動マーケットメーカー(AMM)とは

自動マーケットメーカーとは、自動取引を通じて取引所に流動性を提供するシステムです。

英語で「Automated Market Maker 」(AMM) と言います。

AMMベースの分散型取引所では、トレーディングペアの両方の資産に対してチェーン上で事前に資金が供給される流動性プールに置き換えられます

流動性は、提供する流動性プールの割合に基づいたとり取引手数料を通じて預金で受動的な収入を得る他のユーザーに提供されます。

AMMの歴史

発明前は、市場の流動性を高めることを目的とした取引を手動で開始した人間によって注文書が作成されていました。

そしてAMMシステムは、1990年代にShearson Lehman BrothersとADTによって最初に実装されました。

このアプローチは、市場での価格のズレと待ち時間の解決のために開発されました。

マーケットメーカーも相場操縦であると非難されていました。

導入された時、AMMは人間のマーケットメーカーによって引き起こされた全ての問題を解決しました。

現在はAMMシステムはブロックチェーンベースの分散型取引所にも導入されています。

AMMを実装した分散型取引所の例

AMMを実装した分散型取引所の代表例は、Uniswap(ユニスワップ)です。

ユニスワップはイーサリアムベースの分散型取引所です。

ユーザーは流動性を供給して受動的な収入を得るか、さまざまな資産間の交換を行うことができます。


Uniswapの公式ホームページはこちらです。

Uniswap Interface
Swap or provide liquidity on the Uniswap Protocol
仮想通貨・Defi・NFT
スポンサーリンク
\Follow/
スポンサーリンク
\Follow me/
\Follow/
Miories
タイトルとURLをコピーしました